2011年2月23日 (水)

三沢あけみさんとビクターの人達と会議

今夜は三沢あけみさんとビクターの制作スタッフの人達と一緒に、西麻布で焼き肉を食べながら、顔合わせを兼ねて会議をやった。

         ♪   ♪   ♪

今回、悠木が作詞を担当するので、二人で出席した。

悠木もボクモ三沢さんの作品を書くのは初めてなので、彼女の「人となりも知っておいて欲しい」というレコード会社の計らいだった。

         ♪   ♪   ♪

ボクとしては初対面でこそなかったけれど、じっくり話をするのは初めてだったから作品づくりには役だったと思う。

         ♪   ♪   ♪

ところが、実を言うと、悠木と三沢さんは何年も前から知り合いなんです 。

         ♪   ♪   ♪

悠木が「藤田佳子」という名前で女優をやってた頃の後輩で、今でも悠木のことを「お姉さん」とよんでるんです。

「先生と呼ばなければいけないんですけど…」

「そんなことないわよ」なんて感じだから、今日の会食はボクとの顔合わせが主な目的だったのかもしれないね。

         ♪   ♪   ♪

そんな雰囲気の中での顔合わせも、制作の話になると、みんな熱心に語り始めて「燃えた会議」になった。

         ♪   ♪   ♪

たったひとつだけ残念だったのは、2時間前に遅い昼ご飯を食べて来た為に、目の前の料理を全部食べきれなかった事!

| | コメント (3)

2011年2月10日 (木)

ビクターレコードと打ち合せ

午後3時からビクターレコード制作部長と、事務所で仕事の打ち合せをやった。

         ♪   ♪   ♪

Sさんは早大の後輩で、ボクが会長をやってる「稲門(早大卒業者の総称)歌謡会」の仲間で、つきあいは古いんだけど、仕事は今回が初めて。

         ♪   ♪   ♪

普通、ボク達の仕事で学校別の付き合いというのは、全く関係がないのですが、それでも昨年の“香西かおり”の録音のように作詞が「いで はく」さん、エンジニアが「田村」さん、そして作曲がボク、コンビは全員「稲門会」の仲間。

これはこれで結構楽しいものです。

         ♪   ♪   ♪

今回の仕事はビクター専属の“三沢あけみ”さんの作品を悠木とのコンビで作ること…。

         ♪   ♪   ♪

それにしても、ボクにとっては三沢さんの仕事は初仕事。

生の声はどんな特徴があるのか?表情は?など一度本人に直接会ってから分析してみたいので、本人を含めて「食事会を兼ねての打ち合わせ」をやる事になった。

…でも、今日の会議は、仕事の話より、雑談の方が時間が長かったような気もするね。

| | コメント (6)