2010年6月30日 (水)

〝雨に濡れた慕情〟

今日はレコード会社のディレクターに連れられて歌手志望の女の子が事務所を訪ねて来た

                      ♪   ♪   ♪

彼女が自分で好きだという5曲を聞かせて貰った。
その中にボクの作品で、ちあきなおみが歌った「雨に濡れた慕情」があった。

                      ♪   ♪   ♪

嬉しい事に、プロ、アマチュアを問わず「この曲を歌って呉れる人」は多いんです。

                      ♪   ♪   ♪

でも、この歌に関してだけは「ちあきなおみ」より上手に歌った人は一人も居ないような気がするね

                      ♪   ♪   ♪

作品を作った時のボクの「思い入れ」が強すぎて期待をし過ぎて聴いてるのかもしれないけどね。

                      ♪   ♪   ♪

…で、そんな事もあって今日の彼女には「ある宿題」を与えて、もう一度後日に聴かせて貰うことにした。

                      ♪   ♪   ♪

「雨に濡れた慕情」を〝ちあきなおみ〟以上に〝上手に〟というか…
〝あんな風に〟歌える人が居たら即刻デビューさせるんだけどね

                      ♪   ♪   ♪

自薦、他薦を問わず、そんな人がいたら教えて下さ〜い!

| | コメント (2)

2008年9月24日 (水)

オーディション

オーディションに応募して来た人達の書類や、音の資料が溜まってしまった。

           ♪   ♪   ♪

ゴルフ・コンペや「歌の甲子園」の準備で、社員もボクも、余裕がなかった。

今日は久し振りに溜まっていた応募資料を、改めてクニイくんと二人で聴いた。

           ♪   ♪   ♪

そう簡単に合格者が出る訳はないけどね。

…でも、声の魅力的な人も居たけど「日本語の発音がまるで英語」

惜しいなぁ!

           ♪   ♪   ♪

難しいのは、歌唱力は応募資料だけで、ある程度判断出来るんだけど、
いざ面接してみると、

写真と本人の差が余りにも有り過ぎる事が多いのには参っちゃうね(笑)。

           ♪   ♪   ♪

…というわけで、全部は審査しきれなかったけど、残ってる人に期待します。

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

夜中のランニング?

今日、オーディションに応募して呉れた一人と面接した。

           ♪   ♪   ♪

今回の面接を締め切った訳ではないけど、とても気になる男の子だったので、
いろいろと聞いてみたくて事務所に来て貰った。

           ♪   ♪   ♪

女性歌手を探すつもりの募集だけど、今日の人は才能も豊かな様子なので、
何とかのばしてあげたいな。

           ♪   ♪   ♪

…などと、今日の面接を思い出しながら、遅いウォーキングをやってたら、大変!

ブログを書いてなかったのを思いついて、大慌てで帰って来たという次第です。

           ♪   ♪   ♪

今日も又、日付が変わる直前の滑り込み

慌てて帰った姿はウォーキングじゃなくてランニングだったね(笑)

| | コメント (1)

2008年8月22日 (金)

残念!

残念!「星野ジャパン」が韓国戦に敗れてしまった。

           ♪   ♪   ♪

昨日のソフトボールに続いて、決勝トーナメントを勝ち上がって呉れることを願ってたんだけど…逆転負けを喫してガックリ!

           ♪   ♪   ♪

ボクはスポーツ評論家じゃないから、「あれこれ」言わないけど…。

日本の国内でプレーしてる時のように選手の顔が活き活きしてないのが気になった。

           ♪   ♪   ♪

明日はとにかく伸び伸びと戦ってくださいね。

           ♪   ♪   ♪

応援してまーす!

           ♪   ♪   ♪

月刊オーディション9月号に"鈴木淳音楽事務所オーディション"が掲載され、お陰様で毎日応募が来るようになった。

今日は事務所で二次審査の面接も行ったし、毎日応募資料を開けるのが楽しみだね。

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

鈴木淳音楽事務所オーディション

ここの所、急にボクのブログの読者と、そして、鈴木淳音楽事務所のホームページを見た人の中から、オーディションに応募して呉れる人が急に増えました。

とても嬉しいことです。

           ♪   ♪   ♪

ボクのオーディション、そしてボク主催のカラオケ大会「歌の甲子園」からは何人もプロ歌手が誕生してるので、興味ある人は自薦、他薦を問わずいつでも問い合わせてみてね。

           ♪   ♪   ♪

「鈴木淳音楽事務所オーディションからデビューした歌手」

【第1回オーディション】

Satomi
小田聡美(O's→Luxis)

Tsumika
小田都弥可(O's)

【第2回オーディション】

Hitomi
夏瀬ひとみ(Luxis)

Ado
松下アド(Luxis)

「全国歌の甲子園からデビューした歌手」

Sachiko_shiina
椎名佐千子

Linda_a
リンダ・コラソン

Iriyama_a
入山アキ子

| | コメント (2)

2008年7月11日 (金)

月刊オーティション取材&ピアノの調律

今日は、来月8月1日発売の月刊オーティション『プロダクション・データファイル』というコーナーに、ボクの事務所がピックアップされたので担当者が取材に来たよ。

また今回の募集でいいシンガーが見つかるといいなぁ。

           ♪   ♪   ♪

それから事務所のピアノの音がずっと気になっていたので、この間、調律をお願いしたら、なんと!1年半も調律しない侭だったという事らしい。

今回ピアノを調律してから、今日始めてピアノを弾いたけど、凄く気持がよかった。

やっぱり、半年に一回くらい、調律しないと駄目だね。(苦笑)

| | コメント (2)

2007年12月19日 (水)

見つからなかった「たまご」

昨日の夜は忘年会を兼ねて、若いディレクター達と、歌の上手な子が居ないものか、六本木、麻布辺りを探訪した。

世の中には沢山、歌手志望の人がいるもんだね。
           ♪   ♪   ♪

でも、結果として、モノになりそうな人はいなかったね

           ♪   ♪   ♪

考えてみたら、そんなに簡単に「磨けば珠玉(たま)になる」逸材が見付かるなら、世の中は「歌手だらけ」だよね。

気味悪いよね(笑)

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

ゴミ出し当番

今日も相変わらず、忙しい一日だったなぁ。

午後1時にエイベックスのY部長と会食しながら打合せ。

午後3時から事務所で、唐木淳君のデュエット相手の女の子と面接。

ハスキーがかった、いい声だったので、即、採用!

早速その場で、レッスン開始。

熱を入れてレッスンしてたら、社員がドアをノックして、
「ドリーのFさんがお見えです。」

「そうだった!約束してたんだ!」

…で、慌ててレッスンを中止した。

           ♪   ♪   ♪

Fさんと、アレンジャーの選定について検討。

           ♪   ♪   ♪

5時に近くの喫茶店で、鈴木邦彦さんと、お茶しながら長時間の歓談。

邦彦さんとは久し振りだったので、楽しくて、つい長話しちゃったよ。

           ♪   ♪   ♪

明日はボクが「ゴミ出しの当番」だった。

大変だっ!早く寝なくちゃ!

| | コメント (0)

2007年10月26日 (金)

「オーディション」の結果 & 『ちあきなおみ物語29』

忙しくて、書きそびれてたけど、実は22日(月)にオーディション最終審査を、原宿にある「エイベックス・アーティスト・アカデミー」のスタジオで行った。

送られて来た何百通の書類と、それぞれの歌唱の音資料を何度も聴いて厳正に審査をした結果、最終的に3人を残し、この日の面接となった訳です。

           *   *   *

さすがに、最後まで審査に残った3人。それぞれが、いろんな個性と優れた長所があったよ。

結果、その中から2人を選んで残す事にしたんだけど、しばらくはデビューに向けて「エイベックス・アーティスト・アカデミー」でいろんな勉強をして貰い、特訓をする訳です。

           *   *   *

最終的に採用出来なかった人には心が痛んだよ。

…でも、まぁ今回の募集の条件が特殊なものだったし、今後の事もあるので、気を落さず勉強をするように伝えました。

           *   *   *

募集に関して、ご協力頂いた方々にはお礼を申し上げます。

正式に、デビューが決定した時には、このブログで知らせますからね。

______________________________________________________________________________________________________________________

Photo
『ちあきなおみ物語29』

ヒット祈願を兼ねた「山口キャンペーン」の時、当時、天満宮の「権宮司(ごんぐうじ)」※註をやっていたボクの兄が、ふと洩らした言葉を、東京に帰ってから突然思い出した。

「お前の曲は難し過ぎるから地方では売れにくいと思うよ。もっと簡単な、歌い易い曲を書いたら?」…という話だった。

           ♪   ♪   ♪

だから、「ちあきなおみ」の次の曲の構想を練ろうとすると、どうしても兄の言葉を思い出してしまうんだよね。

ちょうど、そうやって悩んでる時に、フジテレビの白鳥さんが「淳さん、こんな詞に曲を付けてみたら?」と言って「メモ」を渡して呉れた。

※註「権宮司(ごんぐうじ)」:神社の宮司の次の役職で、会社でいうと「副社長」に当たる。

〜 つづく 〜

| | コメント (0)

2007年10月 1日 (月)

「オーディション応募の仕方」&『ちあきなおみ物語12』

「オーディション応募の仕方」

事務所に出たら、オーディションの応募の封書が沢山来ていた。

同封されていたCDやMDを何人分も聞いたヨ。

Audition_suzuki

きちんと録音されたものもあるし、「え?これでも歌手志望?」という、ひどい録音状態で送って来た人もいるし、中には全く無伴奏の、いわゆる「アカペラ」で送って来る人もいる。

           *   *   *

録音状態だけで本人の「音楽性」も判断する訳だから、気を付けた方がいゝよね。

_______________________________________________________________________________________________________________________

Photo

『ちあきなおみ物語12』 ~レッスンの最終仕上げ~

詩と曲が完全に出来上がった時点で「ちあきなおみ」(この時点でも、まだ「三恵子」ちゃんだったのだけど・・・)を呼んで、ピアノで歌わせてみた。

長い間、レッスンを続けて来たボクの頭の中には、彼女の声が完全にコビり付いていた。

歌い始めた彼女の声を聴いて、ボクは思わず「うん、いゝぞ!」とつぶやいた。

「イメージ通り」だった!

           *   *   *

一年半近く続けて来た「レッスン方法」は、何時でもボクが最初に

①ワンフレーズ歌ってみせる。

②彼女がその歌い方を真似して歌う。

習字の練習をする時、先生の書いた字の上に半紙を置いて「なぞる」。あのやり方を歌でやる方法だ。

次は③ボクの「イメージに合わない歌い方」は、①、②を「何度も繰り返す」というやり方だった。

〜つづく〜

| | コメント (0)

より以前の記事一覧