« 「雪舞い岬」が1位! | トップページ | 八代亜紀と久し振り »

2017年11月10日 (金)

幸せを呉れた2人に「ありがとう」

瀬口侑希ちゃんのコンサートの翌日11月5日は、NHKの2つの番組を見て、とても嬉しかった!
            ♪   ♪   ♪
最初は12時15分からの「のど自慢」で侑希ちゃん「雪舞い岬」を堂々と歌って呉れたし、19時30分からは、NHK BSプレミアムでアコちゃん(入山アキ子)が「虹の架け橋まごころ募金コンサート」の番組の中で、有名歌手達(五木・氷川・坂本・藤などなど)に混じって、新曲「知床岬」を心をこめて歌って呉れた。
作曲家としては、幸せな時間だったよ。 
ありがとう!

|

« 「雪舞い岬」が1位! | トップページ | 八代亜紀と久し振り »

瀬口侑希」カテゴリの記事

コメント

入山アキ子さんご出演はNHKホールで生で拝見し、大変感激しました。
テレビももちろん、録画をして保存しています。
この日は昼は侑季さんの「雪舞い岬」、
夜はアキ子さんの「知床岬」をNHKで聴くことができた最高の日でした。

投稿: Nao | 2017年11月10日 (金) 23時24分

NHK「のど自慢」は、12時45分ころまで観ていたのですが、急用ができて、ゲスト歌手の歌唱を観ることができず残念に思っています。BSプレミアムでの入山アキ子さんの♪「知床岬」は聴かせていただきました。アキ子さん、かなり緊張されていたようですが、心を込めた歌唱、とっても良かったです。

11月3日にBSジャパンで放送された「日本作曲家協会音楽祭・2017」では、八代亜紀さんと田川寿美さんが、”長年歌謡界をリードし愛され続けている歌手に贈られる”と云う『特別選奨』を受けられ、スペシャルステージでは、田川寿美さんは♪「女…ひとり旅」と最新曲、八代亜紀さんは♪「なみだ恋」と最新曲を歌われました。
田川寿美さんは♪「女…ひとり旅」を歌う前のトークで、「ずっと向き合っていける、そんな大人の歌でスタートさせていただけたというのは、幸せなことだなと感じています。」、八代亜紀さんは、「八代が生まれた歌です。出世作です。」 と話されていたのが印象的でした。
田川寿美さんが八代亜紀さんと一緒に受賞され、両曲の歌唱時に『作曲:鈴木淳 作詞:悠木圭子』と出た字幕を見て、ファンとしましても、たいへん嬉しく思いました。

投稿: 阿波藍 | 2017年11月11日 (土) 12時12分

鈴木先生、お疲れさまです♪
瀬口侑希さん、入山アキ子さん、NHKで見ることできて、よかったですね♪
のど自慢に出演された、侑希さん、自分も新曲の「雪舞い岬」聴きたかったです♪
アキ子さんは、「虹の架け橋 まごころコンサート」にご出演♪
このコンサート、スター歌手が一堂に揃う豪華なコンサートですよね♪
このコンサートにアキ子さんご出演、すごいなぁとご出演が決まった時そう思いました♪
これからも、大きな舞台目指してアキ子さんには頑張っていただきたいと思います♪

投稿: 小泉 | 2017年11月13日 (月) 01時50分

瀬口侑希さん、今週(火~木曜日)、四国放送ラジオ「よっちゃんの歌謡アプローチ」に出演(録音)され、♪「雪舞い岬」、♪「霧にむせぶ夜」のことなどを話されていました。番組の終わりにファンへのメッセージとして、「雪舞い岬、素晴らしい作品に、今、命をかけて頑張っています。どうぞご声援ください。歌ってください。」 と抱負を述べられていました。
年明けには徳島にも来られるようで、生歌で、♪「雪舞い岬」、♪「霧にむせぶ夜」を聴かせていただくのを楽しみにしています。

投稿: 阿波藍 | 2017年11月16日 (木) 16時43分

鈴木先生・悠木先生 寒さが厳しくなってきましたが
暖かくしてお過ごしくださいね
まだまだ北風が吹いて寒くなるそうです

投稿: tomiko♥ | 2017年11月21日 (火) 18時59分

先日(11月21日)、瀬口侑希さんの大阪キャンペーンに行って来ました。♪「雪舞い岬」、♪「霧にむせぶ夜」などを生歌で聴きましたが、素晴らしかったです。
家に帰ってCDで聴いていますが、♪「雪舞い岬」、やはり素晴らしいです。瀬口侑希さんの歌う♪「霧にむせぶ夜」、とっても魅力的です。

先週のラジオ番組のランキングでは、♪「雪舞い岬」は、ラジオ日本「演歌ランキング」2位、四国放送「演歌deリクエスト」3位、ぎふチャン「サンデー演歌ベスト30」2位、CBC「歌謡ベストテン」2位と、たいへん好調です。

投稿: 阿波藍 | 2017年11月22日 (水) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「雪舞い岬」が1位! | トップページ | 八代亜紀と久し振り »