« 2016年5月8日 - 2016年5月14日 | トップページ | 2016年5月22日 - 2016年5月28日 »

2016年5月15日 - 2016年5月21日

2016年5月19日 (木)

黒木じゅんの新曲

黒木じゅんの新曲 テイチクレコードに移籍した黒木じゅんの新曲「いのちの花だから」が、昨日発売されました。

既に何ヶ所かのステージで歌って「大変好評でした!」という報告は、本人から聞いていたのですが…、昨日はニッポン放送のラジオと、テレビ埼玉のテレビ収録も済ませて「充実した一日でした!」という報告が本人からありました。

            ♪   ♪   ♪

今日はCDのジャケット写真と歌詞(一番だけですが…)をお見せしますね。(本物を見て貰えると嬉しいけど…笑)

            ♪   ♪   ♪


今日の「夕刊フジ」の誌上にニュースが出てるらしいですよ!(ボクはまだ見てませんけど…笑)

P2kurokiteca_13684

「いのちの花だから」黒木じゅん

思い出の時計台の下
約束のこの場所でやっとめぐり逢う
笑うえくぼは変わらない
二度とお前を 離しはしない
だからそんなに 泣かないで
ずっと今夜は おまえの側にいてあげる
(JASRAC申請済)

| | コメント (4)

2016年5月17日 (火)

スタジオ

Img_0772

今日はレコーディングでスタジオに行って来ました。


            ♪   ♪   ♪


レコード会社の編成会議が終わるまで、誰の作品なのかはお知らせする事が出来ませんが、来週にはお伝え出来ると思います。


            ♪   ♪   ♪




それから、明日は黒木じゅんの「いのちの花だから」の発売日です。

走れ歌謡曲(文化放送3:00am〜4:00am)に出演するようです。



| | コメント (3)

2016年5月16日 (月)

新曲「いのちの花だから」発売記念対談

Kuroki01

●レコード会社移籍、改名、新曲発表と新たなスタートを走り出した「黒木じゅん」さん。
今回、鈴木先生に弟子入りすることになったきっかけは?


黒木 父親(黒木憲さん)のデュエットパートナーの当時は〝ナンシー〟、現在は叶純子さん(今はお店もやられていて…)自分はお酒も好きですし、ちょくちょくそちらに顔を出していて、ずっと可愛がっていただいて、たまたま昨年の7月に、鈴木先生のお弟子さんと会員さんの集まる「七夕で会いましょう」という行事に、叶さんが参加されるので、「一緒に行かない?」と誘って頂いたんです。
そこで、久々に先生ともお会い出来て、皆さんにもとても温かく迎え入れて頂きました。



鈴木 そう…そこで僕が急に「〝霧にむせぶ夜〟歌える?。歌ってよ!」って話になって…。
そしたらもう、その歌声と感性っていうのかな、僕の心に響いちゃって涙が溢れそうなのを必死にこらえたよ(涙)。

勿論、皆からも拍手喝采。僕の近くにいたテイチクレコードの近藤ディレクター(元弟子)も同じように何かを感じたんだろうね。



黒木 はい。近藤さんにも声をかけていただいて、自分もこれは何か偶然じゃない鈴木先生のお弟子さんたち、ファミリーの絆みたいなものを深く感じて。

そして1月にお正月のご挨拶と、改めて弟子入りさせて下さいと、先生にお願いにご自宅まで行って、今に至ったわけです。


●お父さん(黒木憲さん)と息子・じゅんさんと似ているところ、大きく違うところはどういうところですか?

P3kurokiken

鈴木 さっき、叶純子の店によく行っているって話が出たけど、〝酒好き〟は似てるよね。お父さんは無類の酒好きだったからね…。
若い時は、一緒にずいぶん飲んだからなあ。
僕の仕事が終わるのを待ちぶせしてたぐらいだからね(笑)。



黒木 楽しいお酒が好きだったんでしょうけど、一人で帰宅した記憶がないんですよ。
>必ず誰かを連れて帰ってくるんで、母親は大変でした。
自分が休みが取れると、朝いきなり僕の通う小学校に電話して「今日は息子と一緒に遊ぶんで、学校は休ませます。よろしく!」みたいな(笑)。




鈴木 あと、声はそっくりだね。でもお父さんより君の方がハスキーで声に味があるよ。
根本的に違うのは、君はまじめ!お父さんはマイペースで甘えん坊で。

作家と歌手の間柄じゃなくて、僕たちは本当に仲の良い友達だったし、とにかく楽しかったよ。



黒木 まじめだった、というのは本当によく言われます。
実際、父の破天荒ぶりに母が大変そうなのを見て育ったので自分は歌手にはならない、サラリーマンになって、朝決まった時間に出かけて、決まった時間にまっすぐ家に帰ろうって思ってましたね。
…でも高校生の頃は家庭用カラオケで石原裕次郎さんの歌なんかよく歌ってたんですが、母がカラオケスナックをやってたのでお店で歌うようになって。
そしたら、人前で歌うことの心地よさを覚えたことと、お客さんから歌手になれと言われるようになって、気持ちが膨らんで今に至っています。

P6kuroki1_2

●新曲についての思い入れ、展望をお聞かせ下さい。



黒木 先日、大阪でのショーの仕事で、何曲か歌わせていただいたんですが、〝霧にむせぶ夜〟と〝いのちの花だから〟が特に盛り上がったんです!自分でも今回、先生から二曲をいただいた時に、父の(当時)レコードの「A面・霧にむせぶ夜/B面・別れても」というのと、「A面・いのちの花だから/B面・濡れて神戸」というのが、イメージというか、感覚がかぶって、リンクした感覚があって。
父を知る方には〝待ってました!〟と思ってもらえる、そして知らない方には懐かしいようで新しい演歌。
鼻歌で口ずさめる歌として伝えたい、広めたいです。

P4kirinimusebuyoru

P2kurokiteca_13684

鈴木 黒木じゅんの一番の魅力は「声」そして、「伝わる歌い方」だと思っているんで、とにかく僕の言うことを信じて歌って、伝えて欲しい。
カップリング曲もとても気に入って好きで歌ってくれているのがわかるんで、それはそのまま伝えて欲しいし…。
二曲とも作詞をした悠木も、僕も自信を持って「作り上げた宝物」をあげたと思っているからね。



黒木 はい、頑張ります。
父から繋がった大切なご縁、チャンスを絶対繋げて伝えます。
より多くの方に早く聴いていただきたいと思います。

P5kuroki_suzuki
※上の写真の黒木憲さんと偶然にも同じソファーで鈴木淳の左に座った黒木じゅん

●本日はありがとうございました。



※霧にむせぶ夜(黒木憲)のヒット話… (日刊ゲンダイ「僕の愛した歌たち」作曲家 鈴木淳)

| | コメント (4)

« 2016年5月8日 - 2016年5月14日 | トップページ | 2016年5月22日 - 2016年5月28日 »