« 予期せぬ忘年会 | トップページ | 泣ける歌として評判になった「友」の男声合唱譜が発売されました »

2012年12月12日 (水)

「アコちゃん」になった入山くん

Iriyama

ボクは自分の愛弟子や、縁のある歌手を「姓」ではなく「名」で呼んでいる。                 例えば八代亜紀は「アキちゃん」

田川寿美のことは「としみ」そして、悠木は場面によっては「トシミちゃん」。

椎名佐千子は「さっちゃん」

そして安倍里葎子は「リッちゃん」などなど…

         ♪   ♪   ♪

ところが入山アキ子だけは「入山君(クン)」

我ながら「おかしい?」と思うので考えてみたんです。

         ♪   ♪   ♪

何となく思い当たるのは…彼女が入門してきた時はまだ彼女は看護士さんだったからかもしれないということ。

しかも勤務していたのが防衛医大病院。

         ♪   ♪   ♪

最初のレッスンの時、「入山君!」…と、思わず呼んだら彼女も「ハィッ!」

それからずーっと今まで、何の不思議もなく「入山クン」だった。

         ♪   ♪   ♪

ところが今回、新曲の「雨のよりそい花」を出してから、一緒に人前に立つことが多くなって彼女だけ姓で呼んでいることに気付いたんです。

このままでは、なんだか他の歌手と差別をしているような気がして…。
         ♪   ♪   ♪

そこで、これを機会に下の名前で呼ぶことにしよう。

ところが名前で呼んでみると「アキちゃん」になって八代亜紀同じになってしまう。…では「アッコちゃん?」
これも和田アキ子が傍にいたら「先生!なによ!」…って事になりかねない。「オー怖っ!」

…で、結局、「アコちゃん」に決定したんですが…

         ♪   ♪   ♪

彼女の「名前」を呼んだつもりが、いまだに「入山クン!…じゃなかった「アー、アコちゃん」と言った感じで、なかなか様にならない(笑)

         ♪   ♪   ♪

呼ばれた本人も、落ち着かない感じ。

まあ、“雨のよりそい花”がもっと売れてきたら、きっと様になるんだろうね(笑)

……………………
写真は、明日がコンサートという日にもかかわらず、事務所でボクの肩をマッサージして呉れている「入山…じゃないアコちゃん」です。

|

« 予期せぬ忘年会 | トップページ | 泣ける歌として評判になった「友」の男声合唱譜が発売されました »

入山アキ子」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、おはようございます。
先生はいつもお弟子さんの歌手の方を姓ではなく名前で呼んでいらっしゃいますね。
入山アキ子さんだけは、入山くんと呼んでいらしたそうで、慣れてしまったのかもしれないと思います。
自分は入山アキ子さんのblogにコメント書く時は、アキ子さんと書くことが多いです。多分初めてblogにコメント書いた時がアキ子さんだったので、その呼び方で今も書くようにしています。 先生のblogにコメント書く時は、フルネームで書くことが多かったんですが、これからはアキ子さんと書いていこうかと思います。
アコちゃん。 だんだん呼んでいるうちに慣れてくるかと思います。 アキ子さんも、先生がそう呼んでくれること、喜んでいると思います。
コンサート前日に先生の肩をマッサージしてくださって優しいですね。

投稿: 小泉 | 2012年12月12日 (水) 05時40分

アコちゃん!「雨のよりそい花」いい歌ね・・・と評判いいですよ。「入山アキ子さんの歌です。よろしくね。」と大宣伝です。アッコさんと言い間違えないようにしなければいけないですね。
すぐ、慣れると思います。
先生の肩をマッサージされて、親子のようで微笑ましいです。先生の顔が放心状態でーす(^O^)。

投稿: tomiちゃん | 2012年12月12日 (水) 08時59分

先生のお弟子さんはみんなご家族のようで、とても和やかですね。レッスンには厳しくて、プライベートではやさしい先生のお人柄が伝わります。

投稿: Nao | 2012年12月12日 (水) 11時32分

「アコちゃん」いいネーミングですね。親しみをもてる名前だとおもいます。看護師さんという職業に就いておられたのは、別世界でも多くの皆さんに夢と希望をあたえることにつながっていると思います。
先生とのお写真の笑顔が最高です。失礼ながら、アコちゃん、がんばってください!
俳句の世界では名前で呼び合うのですが、それが年齢を意識しないあいさつになっていると思っています。

投稿: masaji | 2012年12月13日 (木) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予期せぬ忘年会 | トップページ | 泣ける歌として評判になった「友」の男声合唱譜が発売されました »