« 皆さん有難う! | トップページ | ご無沙汰しました。 »

2012年7月 4日 (水)

歌の甲子園、決勝大会


一昨日の歌の甲子園の結果については触れていなかったので、お知らせしますね。

全国の地区大会を勝ち抜いて来た優秀者22名の大会だけあって、皆さんとても上手で、さすがに審査も難しかったよ

         ♪   ♪   ♪

その中、優勝に輝いたのは、福原幹江さん「天国の門(キムヨンジャ)」を見事に歌い上げた広島地区の代表者

昨年に続いて広島代表の女性の優勝でした。

         ♪   ♪   ♪

大村能章賞(準優勝)は豊橋代表の田中勇紀さんという若い男性で「ただ会いたい〜母へ」を熱唱して呉れました。

         ♪   ♪   ♪

その他の受賞者や、第17回の各地区大会の詳細を歌謡アーティスト連盟のホームページに公開しましたので、是非覗いてみてください

|

« 皆さん有難う! | トップページ | ご無沙汰しました。 »

全国歌の甲子園」カテゴリの記事

コメント

本当に決勝大会らしく、素晴らしい歌唱の方々ばかりでした。先生方の講評も大変勉強になりました。
優勝された方、又、入賞されなかった方、それぞれ違った魅力でした。唄うという事で自分への挑戦を重ねることは、これからの人生を歩む上でも、いろんな意味でプラス、プラスですね。

投稿: tomiちゃん | 2012年7月 4日 (水) 09時33分

鈴木先生、こんにちは。
歌の甲子園・決勝大会、各地区の予選を勝ち抜いてきた方々が集まるということで、皆さんとても上手でしたね。
審査員の皆さんも審査が難しかったかと思います。
今回、入賞できなかった皆さんも次回大会に向けて頑張っていただきたいと思います。
歌謡アーティスト連盟のホームページ、見てみます。
優勝された福原さん、大村能章賞を受賞された田中さん、おめでとうございます。

投稿: 小泉 | 2012年7月 4日 (水) 17時13分

すばらしい大会 ありがとうございました
賞には入らなかったのですが
「ずっとあなたが好きでした」を歌われた方の歌が一番印象に残りました
来年もいけたらいいなと思います
黒澤ゆりかさんの「涙のエイプリールフール」は 
詩も曲も とても いい歌だと思いました

投稿: こぎつね | 2012年7月13日 (金) 00時34分

久々のコメントで失礼致します。
大村能章 作曲「同期の桜」・・・初めて知りました。
昭和38年、北九州市芦屋基地の飛行場を長半靴で同期の桜達と
駆け足しながら大声で唄い続けたのを思い出します。
仲間について行けず挫折したあの時のトラウマが今だに大舞台での
歌謡コンテスト出場を潜在意識が拒絶しているように感じます。
今日は猛烈に暑かったので外には極力出ないようにして、
部屋のエアコンはドライモードで、
壁掛け扇風機と併用して節電しています。
リズム扇は風が強くなったり弱くなったりするので、
浜辺の松林の木陰で感じる海風のように心地いいですよ。

投稿: ムク | 2012年7月17日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皆さん有難う! | トップページ | ご無沙汰しました。 »