« 歌の甲子園・埼玉大会 | トップページ | ブラジルから旧友の電話 »

2012年6月13日 (水)

むかしの話

今日は約3時間かかって、「日刊ゲンダイ」のインタビューがあった。

7月に入ってから「作曲家鈴木淳」の話が連載されるらしい。

         ♪   ♪   ♪

なにしろボクの「少年時代」から質問が始まったので、日が暮れても作曲家としての話は半分程度しか終わらず、残りの話は7月に入ってから時間を取り直して続けて貰う事になった。

         ♪   ♪   ♪

あまり人には話した事のない内容だったので、自分でも懐かしい事をいろいろ思い出させて貰ったよ。

         ♪   ♪   ♪

「その頃(今日の話に出てきた時代の…)写真があれば貸して欲しい」ということなので、昔のアルバムを捜しながら、同時に自分でも懐かしむだろうから、またまた「かなりの時間」がかかるだろうな。

|

« 歌の甲子園・埼玉大会 | トップページ | ブラジルから旧友の電話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、おはようございます。
日刊ゲンダイのインタビュー、お疲れ様でした。7月になって先生のお話が連載されるそうで、読んでみたいと思います。
昔のお話から作曲家として今までにされてきたことが連載されると思うので、読むことができる日を楽しみにしています。
次回のインタビューも頑張ってくださいね。

投稿: 小泉 | 2012年6月13日 (水) 04時23分

鈴木先生、インタビューお疲れ様でした。幼少の頃のお話お聞きしたいですね、7月の連載楽しみです。
「友」の学生時代の写真を拝見しましても、とても、おとなしく、はにかみ屋さんだったような。でも、大事に大事に育てられて我慢強さがない事も?ごめんなさい・・・

投稿: tomiちゃん | 2012年6月13日 (水) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌の甲子園・埼玉大会 | トップページ | ブラジルから旧友の電話 »