« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月21日 - 2011年8月27日

2011年8月25日 (木)

静かにして上げて!

昨夜、「週刊新潮」の記者さんから「ちあき なおみ さんの事で取材させて欲しい」という電話があった。

ボクのブログて書いた記事は、既に目を通した上での電話だったらしい。

                     ♪   ♪   ♪

「あそこに書いた以上の事は何にも知らないので、お役に立てませんよ」…と言うと、それでも構わないから話を聞かせて欲しいという事だった。

                     ♪   ♪   ♪

レッスンした頃の話をしてるうちに、ボクが彼女から離れた後の「知らない話」について質問された。

ボクは正直に「全くわからない」と、答えたんだけど…。

                     ♪   ♪   ♪

どんな記事を書きたかったんだろうか?

                     ♪   ♪   ♪

世間は、いまだに彼女のCMは売れ続けているので、余計に神秘的に見えるのだろうが?

                     ♪   ♪   ♪

電話で話した印象ではとても丁寧で、誠実そうな方だったので、「変な記事」ではないと信じたいのですが…。

                     ♪   ♪   ♪

「そっと静かにして上げて欲しい!」

…これが、昔、一緒に素敵な仕事をした「ボクの願い」です。

| | コメント (3)

ブログの大ミス!

昨日の深夜(正確には日付が今日に変わってたけど…)半分寝呆けてブログを書いたんだろうか?

「忘れないで」の出だしの歌詞を大間違いしてました。
(悠木にバレたら叱られるだろうな(怖っ!)

                 ♪   ♪   ♪

正確には→

「あなたを乗せた 最終便が 霧の彼方(かなた)に 消えてゆく」…でした。

今朝、起きてから、多少は〈まともになった〉頭で読み直してみたら…なんと!   ドキッ!

                 ♪   ♪   ♪

先ずは取り敢えず、このページで訂正しておきます。

失礼しました。

| | コメント (4)

永年の友人みたいに

永年の友人みたいに

昨日、テイチクから9月発売のデュエット曲「いつものお店で…」のジャケット写真が届いた。

             ♪   ♪   ♪

A面の曲「いつものお店で…」の内容は、この前紹介したばかりなので、今日はカブリング曲の「忘れないで」について少しだけ話すね。

             ♪   ♪   ♪

「二人で決めた  最終便が   涙の向こうに           消えてゆく」…で始まるこの歌は、陽気で楽しいA面の曲とはガラリと違って、「哀しくて 切ない」曲なんです。   

             ♪   ♪   ♪

こちらの曲も今、毎日 コーヒーを飲みながら何度も繰り返して聴いてます。

自分で手がけた曲の中で「特に気に入った作品」は、毎日何度も繰り返して聴いてしまうものなんです。

             ♪   ♪   ♪

こうして、自分でも繰り返して聴きたくなる作品は、CDを買って頂いた人達にも きっと愛して貰えるんではないかと思います。

今から思い出すと、昨年の「北の港駅」も、今年の「冬の日本海」も、テスト盤が届いてから何度も繰り返して聴いたもんです。

…だから、いつもいつもそう思いながら作品に取り掛かるんだけど、なかなか、そうはいかないものなんですよね。

             ♪   ♪   ♪

この「忘れないで」の曲を聴く時、必ず悠木が言う言葉があるんです。

「この人たち 可哀想!   何とかもう一度 逢わせて上げたい!」
…と、言いながら聴き入ってるんですよ。

面白いよね。自分の作った“ストーリー”なのにね(笑)

             ♪   ♪   ♪

そして、その後は
「この歌は きっと あの人が気に入って歌って呉れるんじゃないかしらね!」
…と、このブログにコメントを寄せて戴いてる人の名前を口にするんですよ(笑)

             ♪   ♪   ♪

「そうです!あなたの事ですよ(笑)」

             ♪   ♪   ♪

皆さん方はブログを通じて「ボクの性格が判る」ように、コメントを呉れる皆さん達の「人となり」が判るような気がするんですよ。

まるで、永年の友人みたいにね(笑)

| | コメント (6)

2011年8月23日 (火)

「退屈しのぎ」なんて…とんでもない

軽井沢は19日からずっと雨続き。

この町で天気が悪いと、本当に退屈してしまう。

いささかウンザリして、雨続きの3日目、日曜日には静岡県からやって来た二人の孫たちを連れて(連れられて?)、佐久市にある「子ども未来館」に車で出掛けて来た。

         ♪   ♪   ♪

入り口を入ると、巨大な恐竜が目に入った。
吹き抜けのビル3階辺りまである巨大な恐竜は、まるで獲物を捜すかのように頭を動かしているんです。

なるほどこれは子供が喜ぶ筈だ。

         ♪   ♪   ♪

さらに道順に従って進んで行くと、やがて、「ブラックホールチューブ」という幼児の背丈よりやや小さな丸い穴が開いてる入り口が有って、「ここから先は一方通行で、戻れません」と表示してあるんです。

孫たちは喜んで穴の中に入って行き…もちろん孫達の両親(つまり娘夫婦ですが…)も幼い子供たちに続きました。

         ♪   ♪   ♪

ボクと悠木は一瞬 躊躇しました。

何故かというと、穴は大人が入るには かなり小さくて、しかも「途中からは引き返せません。」という注意書きが気になったもんで…。

         ♪   ♪   ♪

…ですが…、喜び勇んで穴の中に入って行った孫たちの期待に背(そむ)くのは可哀想なので、ボク達も覚悟を決めて穴の中に入る事にしたんです。
         ♪   ♪   ♪

しかし、「丸い穴」と言っても小学校1年生の女の子と、3才9ヶ月の男の子でも少し背をかがめて入るくらいの直径しかありません。

若い両親はまだ身体が柔らかいのでしょう、長身のくせに、ふたりとも実に身軽に背を縮めて、さっさと穴の中に入って行くじゃありませんか。

我々二人は思わず「どうしよう?」と顔を見合わせたものの、意を決したように悠木が先に身体を丸めて穴の中に入って行ったんです。

         ♪   ♪   ♪

こうなれば身体が固くなったボクと言えども、後に続かなければ男が立ちません。

         ♪   ♪   ♪

足と腰の痛いのを我慢して背を縮め、「エイヤッ!」と穴の中に潜り込んだんです。

入ってすぐの場所は頭を縮めて中腰になっていれば 何とか立って居られるものの、その先は 背を縮めたうえに膝を曲げて歩かなけれは゛先に行けないんです。

しかも、その先は緩い坂道になってるんです。

「しまった。入るんじゃなかった!」…と思って後ろを振り返った時には、もう遅い! 引き返す訳にはいかなかったのですよ。

先に入った悠木は?と見ると…

坂道を四つん這いになって先に進んでるじゃありませんか!

「どうぞ知ってる人に会いませんように!」と祈りながら、ボクも同じように“這い這い”をして先に進み…、うす暗い所は壁を伝いながら、ようやく出口まで辿り着いたんです。

外に出た時はホッとしたね(笑)

         ♪   ♪   ♪

やっぱり、この時の「這い這い」の姿は、人に見せられる格好じゃなかったね(笑)

         ♪   ♪   ♪

こうして全コースの十分の一辺りに来た所でボク達は既に「ゲンナリ!」
         ♪   ♪   ♪

何とか腰掛ける場所は無いものかと周りを見回すと、「キュービック・パズルをやる子供の為の椅子とテーブル」が有ったので、「我々もパズルをやりましょう」とかなんとか言いながらそこに座って一息ついたんです。
         ♪   ♪   ♪

こうして、ようやく座る場所を見つけた二人はグッタリして…、「ロック・クライミング」の壁に挑戦する子ども達の姿をただ眺めているばかり。
         ♪   ♪   ♪

こうして、この日は「雨の日の退屈しのぎ」をやって来たのです。

         ♪   ♪   ♪

いやー、たしかに退屈じゃなかったね(笑)

         ♪   ♪   ♪

そしてこの日は、我が身体の衰えを痛感させられた1日でもありました。

| | コメント (6)

2011年8月22日 (月)

歌の甲子園東京大会に挑戦してみませんか?

歌の甲子園東京大会の予選テープ審査の締め切りが今週の金曜日8/26なので事務所には、エントリーの問い合わせや審査音源が少しづつ来ているようです。

         ♪   ♪   ♪

歌の甲子園は、この前アド街ック天国に出ていたリンダコラソンや、さっちゃん(椎名佐千子)がデビューするきっかけになった大会です。

是非、若い人にも挑戦して貰いたいな

勿論、年齢は関係ありませんよ

         ♪   ♪   ♪

予選テープ審査を通過した人は10/2に、代々木上原のけやきホールで行う本大会に出場出来ます。

本大会では、ボクと悠木、それからレコード会社のディレクター2名が出場者一人一人へワンポイントアドバイスするので、歌が上手くなりたいという方は、良い勉強が出来ますよ。

         ♪   ♪   ♪

ゲストには、リンダコラソンが出演するよ。

観覧は無料だから、時間のある人は是非遊びに来てね。

         ♪   ♪   ♪

※今日このブログを見て、「出場したいな!けど締め切りが近い…」と思った方、まだ少し余裕があるそうなので、歌謡アーティスト連盟まで問い合わせてみてね。

03-3587-4784

| | コメント (2)

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »