« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

2011年5月8日 - 2011年5月14日

2011年5月13日 (金)

第16回 歌の甲子園・決勝大会 ゲストからのコメント

先日、6月25日の歌の甲子園・決勝大会にゲスト出演する歌手達が、歌謡アーティスト連盟の会員だけに配られる季刊誌ミュージックジャーナルの読者の為にコメントを呉れたんだけど

それぞれ今回の大震災のことでとても頑張っているので、是非、皆さんにも読んで貰いたいと思いました。

         ♪   ♪   ♪

このブログの読者さんに、特別に公開しますね。


八代亜紀

~精一杯の思いとメッセージを歌に込めてお届けしたいと思います。~

八代亜紀

この度は東日本大震災において被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

未曾有の甚大な被害を目の当たりにし、胸の締め付けられる思いで日々過ごしております。

しかしながら、被災された方々の前向きで実直な姿にこちらが励まされ、勇気を頂いている毎日です。

まずは私なりに出来る事といえば、歌と絵を通じて癒しをお届けする事だと思い、義援金箱を持って全国のコンサートにお伺いしております。

そして今回の「全国歌の甲子園」決勝大会も全額寄付義援金としてチャリティーに役立てて頂けるということで、精一杯の思いとメッセージを歌に込めてお届けしたいと思います。



椎名佐千子

~私の故郷は変わり果てていました。~

1

この度の東北地方太平洋沖地震によって、被害を受けた地域の皆様、被災者の皆様には心からお見舞い、そして、沢山の尊い命が失われました。
心からお悔やみ申し上げます。

私の故郷、千葉県旭も被害を受け、被災地へ行った時に、いつも見慣れた景色が、あまりにも変わり果てていて 言葉が出ませんでした。

避難所にもおじゃましてきました。
この状況の中、歌を唄うのはどうなんだろう?って戸惑っていると、「唄って~!」と言われました。
私は、アカペラで唄いました。

ほんの少しでも 皆さんの笑顔が見たくて、元気になって頂きたくて…私には唄う事しか出来なくて微力かもしれないですが、お1人でも 励ます事が出来るのなら、心を込めて唄いたいと思います!

1日でも早い、平和な日本の未来を信じて!心を寄せ合って一緒に頑張りましょうね。

歌の甲子園は私のデビューのきっかけでもあります。
今回の歌の甲子園・決勝大会を通して、被災地へ協力したいと思います。

当日、皆さんとお会い出来る事を楽しみにしています。

【椎名撮影】
Photo

2



岡田二郎

~全額寄付と聞き、直ぐに参加を申し出ました。~

Photo_2

この度、「全国歌の甲子園」決勝大会を東日本大震災の義援金チャリティーイベントにして開催する事を知り、鈴木先生、悠木先生、八代先輩の被災地への想いに少しでも役に立つことが出来ればと思い、鈴木淳門下生として参加させて頂くことになりました。

被災した方々が一日も早く元の生活に戻れます様、心からお見舞い申し上げます。

-Profile-
鈴木淳音楽学院出身
1975年
「雨やどり」で東芝EMIからデビュー(作曲:鈴木淳 作詞:悠木圭子)

現在ソロ活動の他、石岡ひろし、ゆきのじょうの歌手仲間3人でJ3を結成してステージ中心に活動しています。


入山アキ子

~小さくても自分の出来る事を…~

1_2

被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
被災された皆様のつらさ、悲しみ、苦しみ、避難所生活の不自由さを考えると心がしめつけられるようです。

支援されている方々も疲労がたまり大変おつらい状況にあると思われます。
遠くにいる私にもできることを…歌手である私だからできることを冷静に考え実践していきたいと思います。
東関東大震災以降、小さくても自分の出来る事をと、CD・オリジナルグッズ売り上げの一部をチャリティー金として募金させていただいています。

6月25日には鈴木淳先生をはじめ門下生大先輩の八代亜紀さんらと共に歌の甲子園に参加させていただきます。
是非多くの皆様にご来場頂き笑顔と元気と勇気を一緒に東北の皆様にお贈りできたら…と思います。
当日会場でお会いできますことを楽しみにしています。

2_2

3


大木敦史

~親戚、友人のいる被災地へ駆けつけました。~

Oki_a

震災時は島根県でキャンペーン後、埼玉の事務所に連絡をしていた時でした。 突然連絡が途絶え、しばらくしてやっと連絡がとれ、状況を聞いた所「天井が少し落ちた位ですんだ」と聞き事務所の方は少し安心しました。

3日後に宮城県大崎市の趣味仲間となんとか連絡がとれ、様子を伺うと、家は残っているが中はぐちゃぐちゃで、電気、ガスは遮断、水道水は茶色く濁ってるとの事でした。次の日の夕方から水、カップラーメン、缶詰め等を車いっぱいに買い込んで宮城県へ向かいました。通常は5時間で行ける所が 時間掛かり朝方、友達の所に着きました。

農家ですのでお米はありましたが炊く事が出来ないとのことです。
また、親戚中の方々が来ていて川の字になって寝ているのを見てびっくりし、この現実に言葉が出ませんでした。

また、その日の内に親戚のいる多賀城市に行きました。
親戚の家の前の道路を境になんとか助かったという感じで道路の反対側は家も全滅でした。 車は木に引っ掛かりおもちゃのようで、また言葉を失いました。
その後何日かお手伝いをして帰って来ました。

地震の影響で延期になった歌の甲子園・決勝大会の日は、自分の3周年記念イベントと重なっていましたが、東北大震災の全額チャリティーで行うと聞き、何とか自分も参加したいと自分の3周年を変更し、急遽、僕も参加させて頂く事にしました。

当日、皆さんとお会い出来る事を楽しみにしております。

【大木撮影】
01

02


| | コメント (5)

2011年5月12日 (木)

久し振りに六本木

連休ボケからようやく復帰したボクは、久し振りに六本木の事務所に出社した。

         ♪   ♪   ♪

社員の皆は既に月曜日から完全に戦闘モード。

6月の「義援金チャリティー/全国歌の甲子園・決勝大会」の準備で、八代亜紀のスタッフと会議をしたり、会場近辺の商店を廻ってポスターの貼り付け協力をお願いしたりで、活動を始めて呉れていた。

         ♪   ♪   ♪

今日は彼等から具体的に報告を聞いたり、今後の動きについての、簡単な内部ミーティングをやった。

         ♪   ♪   ♪

事務所には入場券の問い合わせ電話が増え始めたようだ。

皆さんからの電話も待ってますよ。
気楽に電話して下さいね!

| | コメント (2)

2011年5月11日 (水)

連休ボケから復活

こんにちは! 暫くです。随分永い「ブログのお休み」を頂きました。

         ♪   ♪   ♪

連休の間、何をしていたか…と言いますと、「毎日、朝寝坊」をして、ゴルフにも行かず、何もせず、運動代わりの散歩だけして殆ど誰にも会わず…。

ひたすら連休前の「年齢に相応(ふさわし)くない多忙な日々」の“元を取る”ような、気ままで怠惰な時間を過ごしていたのです。

         ♪   ♪   ♪

それでも時々思い出したようにピアノの前に坐って、“宿題”やってるような感じでメロディーを考える。

…そんな毎日だったんです。

         ♪   ♪   ♪

「そろそろ、こんな感じで、自分の好きなメロディー作りをやってもいいよね!」…と、自分に言い聞かせながら。

         ♪   ♪   ♪

そんな意味でも、今回の“友”をyoutubeの投稿動画で発表した事は、ボクの新しい意思表示だったのかもしれない。

         ♪   ♪   ♪

「友」…と言えば、アクセス数が1500回を超えました。 こんなに簡単で、こんなに短くて、地味な曲。 その上、アマチュアが歌ってる歌声を、「果たして人に聴いて貰えるものかどうか?」 半信半疑だったのですが…。 毎日、着実に聴いて呉れる人が増えてるんです。

         ♪   ♪   ♪

決して「多い」数ではないけれど、「毎日聴いて貰える」事が嬉しいのです。

         ♪   ♪   ♪

例えレコード会社がCD発売して呉れなくても…いや、だからこそこうして「毎日この曲を聴いてくれる人がいるという事実が、ボクにとっては“たまらなく嬉しい”のです。

         ♪   ♪   ♪

あれっ? いつの間にか、又ボクは熱くなって来たね!

これで どうやら、完全に「連休ボケ」から復活出来たみたいだね(笑)

| | コメント (7)

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »