« 雨が激しくて…良かった? | トップページ | 「女心」をじっくりと »

2011年9月 7日 (水)

駅前でばったり

9月5日に、ようやく軽井沢を引き揚げて東京に帰って来たよ。

毎日、ブログを書こうと思っているのに、気が付いたらいつも深夜になってるもんで…。

                 ♪   ♪   ♪

よく考えたら「なでしこジャパン」の試合をテレビの前で夢中になっていた。
「今日こそは」と思っていたら、今度は男子の「ブラジル・ワールドカップの予選」

男・女どちらも「ハラハラドキドキ」苦戦続き。

                 ♪   ♪   ♪

「勝ち点」は上げるものゝ、楽には勝たせて貰えない。

                 ♪   ♪   ♪

気が付けば、ボールが行った方に「自分の体を右にやったり、左に傾けたり」…。

テレビ中継が終わった時は、まるで自分が試合をやった後のようにクタクタ!

                 ♪   ♪   ♪

ブログを書く元気が失せて「今日のブログはお休み…」となったのであります(笑)

                 ♪   ♪   ♪

ところで、昨日、久しぶりに成城駅前のスーパーに「買物のお供」で行って来た。

                 ♪   ♪   ♪

悠木がレジで支払いを済ませる間、外の椅子に坐って休んでいたら、ボクの前に一人の女性がやって来た。

彼女はボクの顔を確かめるように覗き込んで、「えーと、えーと誰だっけ?」と思いながら彼女の顔を見つめたんですが…。

何となく憶えのある顔なんだけど…。

ボクがじーっと顔を見つめていつのを見て、彼女の方は困惑している様子。

                 ♪   ♪   ♪

もう一度「ご無沙汰してます!」という声で

「え?なーんだ。ゆかりちゃん?」

「伊東ゆかり」さんだったんです。

                 ♪   ♪   ♪

きっと彼女は、一瞬けげんそうなボクの顔を見て「こりゃ駄目だ、淳先生は呆(ボ)けちゃったんだ!」…と思っただろうね。

                 ♪   ♪   ♪

ボクにしてみれば、「小指の想い出」を録音した頃の19才の彼女のイメージと、ステージの活き活きした印象が強烈に残っているだけに、普段着の主婦の姿で一瞬、ボンヤリしちゃった訳で…。

その後、「この間、テレビ見たよ!」と誤魔かすのに懸命。

                 ♪   ♪   ♪

別れ際に彼女は「スッピンで来ちゃったんで」と笑いながら帰って行きました。

やっぱりボクが「呆けた」と思ったんだね(笑)

|

« 雨が激しくて…良かった? | トップページ | 「女心」をじっくりと »

伊東ゆかり」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生・悠木先生
 お帰りなさい!お元気でよかったです。
 ゴルフがキャンセルになり、どっと疲れがでられたのか と心配しましたが、よかったです。
 また、ブログ楽しみにしております。
 精密採点ゲームで「友」が99点でしたー。

投稿: tomiちゃん | 2011年9月 7日 (水) 20時44分

鈴木先生、こんばんは。

5日に軽井沢から東京に帰ってこられたんですね。

伊東ゆかりさんとスーパーで、お会いになったそうで、よかったですね。

偶然、知人に会った時に、誰だったかなぁと一瞬忘れてしまう時は、自分もたまにあります。

ステージの時の伊東ゆかりさんと少し違って見えたのかもしれないですね。

小指の想い出。この曲は、伊東さんが歌っていた頃は、存じてなかったですが、O'sのカバーアルバムで、よく聴いてました(今もよく聴かせてもらってます)

偶然、伊東ゆかりさんとお会いできて、よかったですね。

投稿: 小泉 | 2011年9月 7日 (水) 23時28分

鈴木先生

伊東ゆかりさん、今でもご活躍されていらっしゃいます。
「三人組」で同じステージに出演されたり、また、
一人娘の宙美(そらみ)さんとの共演も。
1947年生まれですので、まさしく「団塊の世代
のアイドル」だったことでしょうね。
♪ ♪ ♪
それにしても、お美しい方ですね。
「清楚な美しさ」の代名詞です。
伊東さん、然り。八代亜紀さん、然り。
皆さん、年齢を感じさせない清楚な艶っぽさ。
うぅ~ん、男性なら、誰もがあこがれます。
♪ ♪ ♪
「小指の思い出」(67年2月)
「あの人の足音」(67年9月)
「朝の口づけ」(68年10月)
「恋のしずく」(68年6月)
「星を見ないで」(68年6月)
「知らなかったの」(69年2月)

この頃の伊東さんの曲は、「失恋の歌」はほとんどなく、
「恋愛真っ最中」を謳歌して曲がほとんどです。
♪ ♪ ♪
日本語の美しさ・繊細さ・語彙力の豊富さ。
一度耳にしたら、絶対に忘れない、耳に優しいメロディ・ライン。
歌詞が持っている「綺麗さ・繊細さ」を壊さないように優しく丁寧に包み込む楽器の音色。

最近は、「こんな曲が少ないなぁ」と思うのは、
私だけでしょうか・・・・・。


投稿: 月影 | 2011年9月 9日 (金) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨が激しくて…良かった? | トップページ | 「女心」をじっくりと »