« 「退屈しのぎ」なんて…とんでもない | トップページ | ブログの大ミス! »

2011年8月25日 (木)

永年の友人みたいに

永年の友人みたいに

昨日、テイチクから9月発売のデュエット曲「いつものお店で…」のジャケット写真が届いた。

             ♪   ♪   ♪

A面の曲「いつものお店で…」の内容は、この前紹介したばかりなので、今日はカブリング曲の「忘れないで」について少しだけ話すね。

             ♪   ♪   ♪

「二人で決めた  最終便が   涙の向こうに           消えてゆく」…で始まるこの歌は、陽気で楽しいA面の曲とはガラリと違って、「哀しくて 切ない」曲なんです。   

             ♪   ♪   ♪

こちらの曲も今、毎日 コーヒーを飲みながら何度も繰り返して聴いてます。

自分で手がけた曲の中で「特に気に入った作品」は、毎日何度も繰り返して聴いてしまうものなんです。

             ♪   ♪   ♪

こうして、自分でも繰り返して聴きたくなる作品は、CDを買って頂いた人達にも きっと愛して貰えるんではないかと思います。

今から思い出すと、昨年の「北の港駅」も、今年の「冬の日本海」も、テスト盤が届いてから何度も繰り返して聴いたもんです。

…だから、いつもいつもそう思いながら作品に取り掛かるんだけど、なかなか、そうはいかないものなんですよね。

             ♪   ♪   ♪

この「忘れないで」の曲を聴く時、必ず悠木が言う言葉があるんです。

「この人たち 可哀想!   何とかもう一度 逢わせて上げたい!」
…と、言いながら聴き入ってるんですよ。

面白いよね。自分の作った“ストーリー”なのにね(笑)

             ♪   ♪   ♪

そして、その後は
「この歌は きっと あの人が気に入って歌って呉れるんじゃないかしらね!」
…と、このブログにコメントを寄せて戴いてる人の名前を口にするんですよ(笑)

             ♪   ♪   ♪

「そうです!あなたの事ですよ(笑)」

             ♪   ♪   ♪

皆さん方はブログを通じて「ボクの性格が判る」ように、コメントを呉れる皆さん達の「人となり」が判るような気がするんですよ。

まるで、永年の友人みたいにね(笑)

|

« 「退屈しのぎ」なんて…とんでもない | トップページ | ブログの大ミス! »

おおい大輔」カテゴリの記事

みずき舞」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、おはようございます。

みずき舞さんとおおい大輔さんのデュエット曲のジャケット写真、とても素敵な写真ですね。

悠木先生が書かれた詞ということで、とても楽しみにしていますが、先生が書かれた詞を見ただけでも、切ない曲になっているんだなぁと伝わってきます。

もう一度逢わせてあげたいという悠木先生の言葉に、悠木先生の優しいお人柄が出ていますね。

悠木先生がおっしゃっている、あの方もきっとこの歌を気に入って歌ってくれるはずとのお言葉、あのお方、鈴木先生がおっしゃっている、あなたのことです、何となく想像つきます。

自分のことだったら、とても嬉しいですね。

コメントを読んでいただけるだけでも嬉しいですが、先生と悠木先生との話しの中で、コメント書いてる方のお話が出るということは、とても嬉しく思います。

デュエット曲の発売、楽しみにしていますね。

投稿: 小泉 | 2011年8月25日 (木) 05時38分

鈴木先生
 ジャケット写真、素晴らしいですね。
 全く想像に絶する写真でした。
 もう、期待大の新曲ばかりで大変大変・・・
 「友」もエッ誰の唄?初めて聴いたわ、いい唄ねえと
 言われました。これからも唄い続けます。
 いつも、厳しい指導をしてくれる主人も、私が1日おきにボックスで披露するものですから、まもなく唄えるようになるでしょうね。

投稿: tomiちゃん | 2011年8月25日 (木) 08時26分

鈴木先生へ

<皆さん方はブログを通じて「ボクの性格が判る」ように、コメントを呉れる皆さん達の「人となり」が判るような気がするんですよ。
まるで、永年の友人みたいにね(笑)>

前略、さすがの「眼力」、恐れ入ります。
さすがは、元・国語の先生ですね。
また、悠木先生も、文章をお書きになっているだけに、
鋭いですね。
♪ ♪ ♪
お昼時に、某女性週刊誌に連載中の、作家・瀬戸内寂聴さんの「一般読者への説法(身の上相談・人生相談)」の記事を読みながら、昼食を取るのが楽しみですが、「作家って、人間をよく観察しているよなアぁ」といつも感心しております。
♪ ♪ ♪
つまり、「良い文章を書ける方は、良く人間を観察している」という事でしょうね。
ということは、鈴木先生・悠木先生も人間を良く観察していらっしゃる、ということでしょうね。
♪ ♪ ♪
歌い手さんとの直接の面識はなくとも、
その方の写真、話す時の声、歌声、などから、その方の
「人となり」が大体、想像できる。
そして、そのイメージを膨らませて、詞を書き、メロディーを付ける。
♪ ♪ ♪
何気ない事から、その人の人間性が判る。
これは、ある意味では、ちょっと怖いですね。

※この書き込みを、自室で、短パンとランニング・シャツの姿で書いていることが、バレテいるようで、怖いです(笑)。

投稿: 月影 | 2011年8月25日 (木) 10時12分

鈴木先生
 ジャケット写真を見せて頂き、ありがとうございます。先生のブログを拝読しまして、何か懐かしいものを感じます。少し若返って聴くことができるようにも思います。
 先日のブログでも、サンプル盤CDを聴かれた先生が、「大満足!」され、また、両先生が、歌ったり!踊ったり・・とのことで早く聴かせて頂きたいと思っています。発売をワクワクしながら、楽しみに待っています。

♪『ねんねんふるさと』 が、リクエストなどで各地のラジオでよくかかっています。パーソナリティの皆様からも「良い歌ですね」とのコメントも頂いています。♪『冬の日本海』の応援と共に、この歌も大切にしていきます。これからもよろしくお願いします。

投稿: 寿美の会:阿波藍(あわあい) | 2011年8月25日 (木) 10時56分

お元気で何よりです。
ブログは毎回欠かさず楽しく拝読させていただいております。
おおい大輔さんと、みずき舞さんのデュエット曲の
ツーショット写真はステキですね...(美女と野獣?)
さっそく!CDジャケット写真をプリントアウトして、
近くのレコードショップで予約したいと思います(楽しみです)。
大会場のステージで唄うのは苦手ですが、内のカミサンと一緒に
デュエットなら、しっかりと楽しく唄えるかもしれません(^○^)。

私事“浪人の傘張り”みたいな内職と道楽半分の仕事が
クチコミで広がり、お陰様で貧乏暇なしの毎日ですが、
心のユトリ無くなって、唄う機会も少なくなって、
運動不足が気になりはじめました。
これからは紅葉の季節、カメラ担いで花の公園巡りと
山野のトレッキング、日帰り温泉に立ち寄って、
カラオケ・マイカーで、二人で唄いながらのドライブを
再開するのが楽しみです。

投稿: ムク ( mukkun55xjp ) | 2011年8月25日 (木) 11時14分

鈴木先生
 コーヒーを飲みながら、両先生から「あの人」と名前を話題にされた人、幸せな人だな、と思います。
 歌好きであることも、性格や人となりまで、先生方に知って頂いている人、ましてこのブログに先生がそのことをお書きになって頂ける、果報な人だと思います。
 でも先生、その方ご本人は、いくらあり難いと思っても、「あれって私のことですよね。先生有難うございます」とは書けないですものね。
 という訳で、その人に代わって私が書いて差し上げました。その人の書き込みのいつものクロージングの言葉も一緒に、
 「先生方、これからも田川寿美さんをどうぞ宜しくお願い申上げます」と。

投稿: われは海の子  | 2011年8月29日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「退屈しのぎ」なんて…とんでもない | トップページ | ブログの大ミス! »