« 作曲家のやる事は多い | トップページ | おおい大輔君のレッスン »

2011年7月 8日 (金)

アレンジの打合せ

午後3時半、キングレコードのKディレクター、アレンジャーの伊戸のりおさん、椎名佐千子の3人に集まって貰って新曲録音の為の打合せをやった。

         ♪   ♪   ♪

まず最初にボクのピアノ伴奏に合わせて“さっちゃん”が昨日教えたばかりの新曲を歌う。

最初に彼女の歌の“Key”(何調=音の高さで歌うか?)を決める。

要するにどれくらいの高さで歌えば一番味が出せるかをテストして決定するんです。

…で、1曲目はCマイナー。(これがA面候補曲)
2曲目は(カプリング候補曲)Fメジャーに決定。

最初から歌い手の声を想定してボクが作曲したとおりに決定。

         ♪   ♪   ♪

これが、自分で育てた歌手でなければ、結構何度も試してみて、一番響きのいい高さを探さなければならないんです。

         ♪   ♪   ♪

次が曲のテンポ(速さを)決める作業。

これはどれくらいの速さで歌わせると、聴く人の心に沁みるかを考える作業です。

勿論、殆どの場合は作曲家の考えどおりになるんですが…。

         ♪   ♪   ♪

次にイントロ(introductionの略で=前奏)に使う楽器は何がいいだろう…などのアイディアを出し合うのです。

今日の場合はアレンジャーの伊戸さんが彼女のデビュー曲“御意見無用の人生だ”や、“海の男に惚れちゃった”などを編曲して歌い手の事をよく判ってるので、早い時間で打合せは終了した。

         ♪   ♪   ♪

今日のこの作業で、さっちゃんの作品は、スタジオでの録音を待つばかりになったわけです。

         ♪   ♪   ♪

今日のこの仕事も、昨日の「ブログで愚痴をこぼした」作曲家だけがやらなければならない仕事のひとつなんです。

         ♪   ♪   ♪

しかし、言い方を換えると、「作曲家だけがワクワクする仕事」…とも言えるのでしょうね(笑)

|

« 作曲家のやる事は多い | トップページ | おおい大輔君のレッスン »

椎名佐千子」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生
 本当にお疲れ様です。大変でしょうが作曲家冥利に尽きるといいますか、素晴らしい才能に憧れます。
ますます、曲に期待感いっぱいです。発売が待ち遠しい・・・何月発売でしょうね。ゆっくりゆっくりお仕事をと言っておりました私が、早く発売をとお願いをしている。本当に矛盾しています。

投稿: tomiちゃん | 2011年7月 9日 (土) 09時05分

鈴木先生、おはようございます。

椎名佐千子さんの新曲のアレンジの打ち合わせ、お疲れ様でした。

Keyを決めたり、歌うテンポを決めたり、イントロの楽器には何を使うかなど、アレンジを決めるまでにすることがありますね。

打ち合わせも無事に終了して、スタジオでの録音がいよいよ始まりますね。

先生のやらなければならないお仕事、まだまだたくさんあると思いますが、椎名さんの新曲、とても楽しみにしているので、頑張ってくださいね。

毎日、暑いが続いてますので、体調にお気をつけてほしいと思います。

投稿: 小泉 | 2011年7月 9日 (土) 10時30分

鈴木先生
Keyとテンポも、実際に歌い手さんに歌ってもらって決めるんですか~。知りませんでした。そういえば私も、学生時代に楽器をやっていましたが、やたら「♯」「♭」が沢山ついてて、もう半音下げれば(上げれば)、楽譜も見やすくなるのにな~、なんて思っていましたが、これは作曲家が「このKeyが一番楽器の響き方がいい」という確信を持って決めていたのでしょうね。

投稿: lucky8 | 2011年7月 9日 (土) 13時51分

鈴木先生
 楽曲の創作の過程の理解がまた少し深まりました。以前から何となく想像していたのですが、同じ歌い手さんでも、表声から裏声にひっくり返すような『こぶし』を使うような場合には、『こぶし』を綺麗に出すためには、ち密な計算でキーを決めているのだろうと思っていました。どの高さのキーでも綺麗に『こぶし』を出すことは、体の構造上無理だと思ったからです。
 それでも、テンポまで個々に設定しておられるとは予想しませんでした。カラオケ屋さんでは原曲キーは表示されますが、原曲テンポは出てきません。リモコンには、ピッチと同様、テンポを調節するボタンもあるのですが、これまで意識したことはありませんでした。今度行った時、テンポも試しに調整してみようと思います。ひょっとして、その曲にしっくりしたテンポがあって、採点得点が上がったりしないかと、さもしい期待を抱きながら...。

投稿: 寿美の会 岡山#992 | 2011年7月 9日 (土) 15時12分

鈴木先生へ。
前略、関東地方も、梅雨が明けましたね。
これから、夏本番です。どうか、ご自愛下さいませ。

 ♪ ♪ ♪

私には、「コーヒーの違い」は全く判りません。(笑)
ましてや、「音の高さ」は、本当に判りません。
「Cマイナー」、「Fメジャー」・・??・・・
そう、私には「絶対音感」がありません。
でも、「絶対鈍感」なら誰にも負けません。(笑)

 ♪ ♪ ♪

ただ、一つだけ、鈍い私にも判ることがございます。
それは、鈴木先生・悠木先生ご夫婦の、
「愛弟子に対する深い愛情」です。
昨日・土曜日、このブログの、2年ほど前までの記事を、走り読み致しましたが、本当に、そのことを痛感致しました。
「どの弟子も、大成して欲しい。大きな華を咲かせて欲しい」。
ブログの記事には、その願いが強く滲み出ております。
そこには、鈴木先生ご夫妻の、暖かいお人柄が窺えます。
この「強い思い」があるからこそ、
「こんな仕事、やってられるかっ」
と思う出来事に、自暴自棄なるのをじっと我慢して、
今日まで、頑張ってこられてきたのでしょうね。

どうぞ、奥様ともども、お体にお気をつけ、
愛弟子が咲かすであろう「大輪の花」を見届けて下さい。

YouーTubeに、1973年12月31日・第24回紅白歌合戦に初出場し、「なみだ恋」を歌う八代亜紀さんの動画がUpされております。
(赤組の司会者は、水前寺清子さんです)
この曲で、八代さんが、ブレイクしたように、
お弟子さん達が、ブレイクしますように・・・・。


ーーー追伸ーーー
八代亜紀さんは本当に「ロング・ドレス」がお似合いです。きっと、椎名さんも似合うと思います。何時の日か、「白いロング・ドレス」の衣装で歌う椎名さんを見たいものですね。

投稿: 月影 | 2011年7月10日 (日) 23時11分

鈴木先生
 前回までのブログで作曲家先生の仕事の多さと心遣いに感銘を受けましたが、まだまだお仕事は続くのですね。本当に、先生やスタッフの皆様の気の遠くなるようなご努力で一つの曲が生まれることを今まで知りませんでした。先生のブログでお知らせ頂いたことをかみしめながら、新しい曲を聴かせて頂けることを楽しみにしています。

 先日(9日)、兵庫県尼崎市で行なわれた、最終の田川寿美さんの20周年フレンドライブに参加させて頂きました。午前、午後の部共に沢山の方が寿美さんの心に伝わってくる素晴らしい歌を聴き、盛り沢山のファンサービスを堪能され、温かい声援を送っていました。司会をしてくださったラジオ大阪のアナウンサーから、「フレンドライブということですが、今日来られている方は、フレンドというより、親戚です。」との話もあり、大いに盛り上がりました。

 山口キャンペーンも近づいてきましたが、私は、山口市と防府市でのキャンペーンに参加させて頂きます。鈴木先生、悠木先生にお会いし、寿美さんの素晴らしい歌を聴かせて頂くことを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

投稿: 寿美の会:阿波藍(あわあい) | 2011年7月11日 (月) 08時56分

火曜日のミュージック・パーソナリティは
小金沢昇司と椎名佐千子さんです。
入間市FMラジオ放送局「FMチャッピー(77.7MHz)」
AM5時~「元気はつらつ歌謡曲」は毎日タイマーで
自動録音して聞いてます(起床がAM9時頃なので(;一_一))

新曲のCDを買うほうが早いか、オンエアーされほうが
早いか?・・・どちらにしても聞けるのが待ちどうしいです。
余談ですが...
YouTubeへ数百件のオリジナル歌曲を無断でアップロード
していたサイトが著作権侵害or人権侵害の申し立てにより、
アカウントが強制削除されたのを最近見ました。
(色々と勉強になります)。

投稿: ムク ( mukkun55xjp ) | 2011年7月11日 (月) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作曲家のやる事は多い | トップページ | おおい大輔君のレッスン »