« 久し振りにリンダが来た | トップページ | 苦しいけどやり甲斐 »

2011年3月 4日 (金)

男声合唱の魅力

今朝、グリークラブの同期・T君から郵便物が届いた。

開封してみると、手紙と一緒に数枚の楽譜が同封されていた。

         ♪   ♪   ♪

中身は「四つのお願い」や「小指の想い出」「女…ひとり旅」など、ボクの作品からポップス歌謡風のものばかり5曲選んで、彼が自分で男声4部合唱用に編曲して呉れたものだった。

         ♪   ♪   ♪

T君は、昨年までの18年間、“ローガン DX”(全員が早大グリーのOB)という男声合唱団を編成していて、毎年定期演奏会を開催していたんだけど、どういう心境なのか去年の演奏会を、ファンに惜しまれながら「サヨナラ演奏会」にしてしまったんです。

         ♪   ♪   ♪

彼にしてみれば、「これが最後ですよ」…と言ったものの、“男声コーラス”の魅力を忘れ難くて我ら同期の仲間とローガンDXのメンバーをミックスして再び「何かをやりたい!」と血が騒ぎ出してるに違いないんでしよう(笑)

         ♪   ♪   ♪

この5曲の他にボクのアレンジした何曲をかを含めて《作曲家・鈴木淳友情の世界》と銘打った演奏会をやりたい…と、最近言い出して、同期のみんなを口説いている最中なんです。

         ♪   ♪   ♪

彼のアレンジは男声合唱の醍醐味を存分に引き出す素晴らしいものなので、早く実際の歌声で聴いてみたいし、コンサートも実現したいと思うのですが、「鈴木淳と友情の世界」のネーミングが面映ゆいだけでなく、同じ仲間だったみんなにも申し訳なくて、いささか「背をかがめた」感じで、小さくなっているところです。

|

« 久し振りにリンダが来た | トップページ | 苦しいけどやり甲斐 »

合唱」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生
 「女・・・ひとり旅」を男声4部合唱の醍醐味で、それに「鈴木淳と友情の世界」、これだけお聞きしても何だか胸がワクワクして来そうです。先生、どうぞあっさりと"説得"されてしまって、演奏会を実現させて下さい。
 以前にミッチ・ミラー合唱団のことに触れましたが、多分あんな感じの、魅惑のハーモニーなんでしょうと勝手に想像してしまいます。私共でも鑑賞できますように、是非大きなホールでコンサートを開催して頂きたいと思います。また、CDへの録音とか、本格的になさったら如何でしょうか、などとこれは少し先走り過ぎでしょうか。

投稿: 寿美の会 岡山#992 | 2011年3月 5日 (土) 00時11分

鈴木先生、おはようございます。

定期演奏会、また復活するといいですね。

四つのお願いや小指の想い出、女・・・ひとり旅など、男性合唱で聴くとまた違った雰囲気になると思うので、ぜひ演奏会を実現してほしいと思います。

「鈴木淳と友情の世界」というネーミングは、とても素敵だと思いますよ。

演奏会、実現するといいですね。

投稿: Luxisのファン | 2011年3月 5日 (土) 10時13分

鈴木先生
 松江の島根県民会館でのチャリティコンサートのご報告を申し上げます。
 岡山から特急「やくも」で2時間半、途中中国山脈最高部のトンネルを通過する前後30分位は雪景色でしたが、松江には積雪はありませんでした。会場は宍道湖の畔から徒歩10分程度の所。山川豊さんとのジョイントで、他に歌い手さんが3人出演されました。
 「北の港駅」他5曲を2コーラスづつ、最後は「冬の日本海」をフルコーラス歌唱されました。「冬の日本海」を日本海側の都市で初めて歌われた、記念すべきステージと云えるかと思います。
 「港演歌」への回帰、20周年の決意、色々な方との出会いに支えられてここまでやってこられたこと、等など、メッセージを力強く発信されました。山川さんが「20周年を迎えた寿美ちゃんを宜しく」と再々盛り立てて頂いていたのが大変印象的でした。
 先生、引き続き田川さんを宜しくお願い申し上げます。

投稿: 寿美の会 岡山#992 | 2011年3月 6日 (日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久し振りにリンダが来た | トップページ | 苦しいけどやり甲斐 »