« 鬼は外!福は内! | トップページ | やりたい事は沢山あるのに »

2011年2月 5日 (土)

ワセダ・カラーの1日

昨日は夜までブログを書き込む時間が無くて、サボってしまった。

         ♪   ♪   ♪

去年の何月だったか忘れたけど、早稲田の学生が5〜6人で訪ねて来たことがあった。

「歌謡曲・演歌の研究をしているので、いろんな話を聞きだい」という事だった。

忙しい時期だったので面倒だったけど、大学の後輩でもあり、ホームページを見て「先輩だったので…」と言われりゃ、こちらも「断れないな」ということでもあったんですが…。

この日の事は写真も一緒に、ブログで紹介したよね。

         ♪   ♪   ♪

ところが昨日、彼らの内の一人「N君」から「先日お話を伺った事などを含めて、自分が調査した事を“卒論”(卒業論文)にしたので、間違いや問題点が無いか、見て頂けませんか?」という電話があった。

         ♪   ♪   ♪

前回会った時、「真面目な子たちだな…」と思ったので、夕方5時に事務所で会った。

彼が書いた卒論の原稿をざっと読んだ後でボクの意見を言わせて貰った。
         ♪   ♪   ♪

夜は六本木ヒルズでグリークラブ同期のA君、そしてT君と3人で食事。

食事と酒の“つまみ”は何時ものようにコーラスの話。

         ♪   ♪   ♪

年末にやった“ミニコンサート”を、今度は「30人ぐらいで、何処かのホールを借りて、本格的にやろうよ!」という話になって、大いに盛り上がった。

         ♪   ♪   ♪

期せずして「ワセダ色」の1日になったのであります。

|

« 鬼は外!福は内! | トップページ | やりたい事は沢山あるのに »

サウンド友」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生
 ミニコンサートと仰らずに、本格的なコンサートを、大きなホールで、私共にも開放して頂いてなさって頂ければ大変嬉しいです。勝手に期待させて頂いております。
 先日テレビで、英語の名言に関する番組を何気なく観ておりましたら、こんな素敵な言葉を採りあげていました。

     It takes 20 years to make an overnight success.

 米国の俳優で、コメディアンで、ダンサーで、歌手で、作詞作曲家でもあるという、多彩な才能を発揮した Eddie Cantor (エディ・キャンター 1892-1964)という人の言葉です。
“一夜にして成功するには20年の歳月を要する”という和訳だったと思いますが、私は敢えて田川さん向けに、こういう風に『意訳』してみたいと思います。
“たった一夜の成功を成し遂げるのだって、20年に及ぶ努力が必要です(一芸に秀でるためには、実に長い期間の地道な精進が必要です)”
 田川さんも20年に及ぶ、大変な勉励を続けて来られました。今年こそ、待ちに待った、大輪の、それはそれは美しい華を咲かされるのに相応しい年だと思います。
 そんな大事な時期におられる田川さんを、先生、どうぞ宜しくお願い申し上げます。私共もしっかり応援させて頂きます。

投稿: 寿美の会 岡山#992 | 2011年2月 5日 (土) 21時11分

鈴木先生、おはようございます。

むち打ち症の具合と腫れのほうはいかがですか?早くよくなられることを願っています。

早稲田の後輩の皆さんが、歌謡曲のことを先生に聞きに来た時の話しは、blogで書いていただきましたよね。覚えています。

その時の方が卒論に書いていたんですね。あの時長い時間先生と話されたことが、卒論のテーマになってよかったと思います。

夜はグリークラブの方と食事に行かれたそうですが、ぜひ本格的にやってほしいと思います。

前回より大きい会場で、歌うことができるといいですね。

後輩の方、グリークラブの方、ワセダカラーの一日になりましたね。

投稿: Luxisのファン | 2011年2月 6日 (日) 10時31分

鈴木先生 こんにちは
 歌謡曲・演歌の研究をされている学生さんの話題は、先日のブログでご紹介いただいた内容を拝見させていただいた際、失礼かと思いながらも「非常に興味のある研究会であり、許される範囲で研究成果のさわりでもどこかでご紹介戴ければうれしいです。」という主旨のことを書かせていただいたと記憶しております。
 その研究を卒論にまとめておられるのですね。真面目で研究熱心な学生さん達ということで素晴らしい論文となることを祈念しております。

投稿: 寿美の会 京都の夏 | 2011年2月 6日 (日) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼は外!福は内! | トップページ | やりたい事は沢山あるのに »