« 可憐な紅梅の花 | トップページ | 不思議な縁 »

2011年2月28日 (月)

ドレスもイケた!

田川寿美が昨日、横浜アリーナで行われた「長良演歌祭」に出演したので,悠木と二人で行ってきた。

         ♪   ♪   ♪

山川 豊、氷川きよし、水森かおり 他のみんなと一緒に活き活きとステージを楽しんでいる様子だった。

         ♪   ♪   ♪

いつも、ショーの時は開演前には楽屋に行って声を掛けるんだけど、今回はギリギリの時間だったので、そのまま客席に行った。

         ♪   ♪   ♪

終演後も「きっとゴタゴタしてて、本人も落ち着かないだろう」と想像して、メールだけ入れて寄らない事にした。

         ♪   ♪   ♪

帰りの車に寿美から電話がかかって来たので、

「ドレスもよく似合ってたよ!セクシーだったしね…」と言うと…、
「アハハハ!」だって…
         ♪   ♪   ♪

いやー、やっぱり大人になったんだね。

|

« 可憐な紅梅の花 | トップページ | 不思議な縁 »

田川寿美」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生
 名古屋と大阪で応援致しましたが、ドレスのお姿は息を呑むほど素敵でした。応援、お疲れ様でした。
 毎週水曜日にファンの応援掲示板に、「冬の日本海」の各種のランキングを掲載させて頂いており、今週分の原稿を準備しているところです。今週は準備していて気がつくことが3点あります。
 第一は、販売部門で順位の挽回があったということ。(星光堂さん、楽園堂さん)
 第二は、いよいよカラオケ部門で初登場したこと。(stardigioカラオケDAMさんで36位)
 第三は、日本有線大賞系列の、有線放送CANSYSTEMさんで、4週連続で第2位の位置をキープしていること。勿論第1位を取って欲しいですが、これだけ新曲が陸続と発表される中で、ずっと第2位という高位置をキープしているということは、相当確実にポイントを稼いでいることになると思います(一方のUSEN音楽放送さんは早々と第1位をつけた後、現在は第13位と既に“安定域”に入っているかのように見えます。この辺りで安定的に推移してくれると思いますので、こちらも相当な好成績だといえます)。個人的には有線放送CANSYSTEMさんは、今年新たに注力させて頂いている応援分野ですので、現状の推移を大変喜ばしく思っています。
 先生、どうぞ田川さんと私共ファンの動きを、見守っていて下さいますようお願いします。

投稿: 寿美の会 岡山#992 | 2011年3月 1日 (火) 09時32分

鈴木先生、こんばんは。

悠木先生と長良演歌祭に行ってこられたんですね。
このコンサートはいつも行こうと思っているのですが、なかなか行くことができず、また来年に持ち越しです。

田川寿美さん、他の出演者の皆さんと活き活きと楽しんでいられたみたいでよかったと思います。

ドレス姿、見てみたかったですね。

投稿: Luxisのファン | 2011年3月 1日 (火) 21時58分

 私は、大阪城ホールで観覧しました。寿美さんのドレス姿、ドキッとするほど素敵でした。また、一緒に出演されていた方々とのステージは和気あいあいで、観ているファンも変な垣根を作らず、みんなで楽しんだステージでした。
 徳島もまた寒くなっていますが、先週末は、暖かく、過ごしやすかったです。近くの公園で蜂須賀桜(はちすかざくら:江戸時代まで徳島城御殿にあった桜を母木とし、現在では市内の沢山の場所に植えられています。)が咲き始めていました。
 ラジオ局などへの『冬の日本海』のリクエスト、多くの方に聴いて頂けるよう頑張っています。これからもよろしくお願いします。
 

投稿: 寿美の会:阿波藍(あわあい) | 2011年3月 2日 (水) 10時37分

鈴木先生
2月27日の横浜アリーナでの長良プロ新春演歌まつりに悠木先生と共に行かれたそうで寿美ちゃんもさぞ喜ばれた事でしょう。恩師のお二方がお見えになればそれはもう最高の日になったと思われた事と思います。私も2月12日の大阪城ホールでの新春演歌まつりに参加しましたが、先生が仰るようにドレスが良く似合いますね。何時も和服姿でその素晴らしさを感じて居りましたがどうしてどうしてドレスを着てそれも薄手の生地で肩を出して色気満点で、はっとしました。
歌唱力は勿論最高ですが先生の作曲、悠木先生の作詞は見事で彼女は恵まれているな!と思っています。
今後とも寿美ちゃんを宜しくお願い致します。
尚、私事ですがBS放送の関係でネットも合わせてeo光に変更しましてメールアドレスが変わりましたのでご報告致します。

投稿: (寿美の会)神戸mm | 2011年3月 3日 (木) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 可憐な紅梅の花 | トップページ | 不思議な縁 »