« 気温の差19度 | トップページ | サンプルCD »

2011年1月12日 (水)

育っていたアロエの花

F1000002

家に帰って玄関前のアロエの花を見たら、寒さ除けのビニール袋の中でオレンジ色の花が、かなり大きく育っていたよ。

 
         ♪   ♪   ♪
 
花を覆っていた「寒さ除けのビニール袋」を、そっと外してみた。
 
         ♪   ♪   ♪
 
「ハワイのテレビで見た天気予報」では、東京の気温は相当に低い予想だったので、てっきり枯れているだろうと思いこんでいたけど、「大きく育っている」ではないですか。
 
         ♪   ♪   ♪
 
特に、この2〜3日の気温は特に寒かったらしいので、なんだか健気(けなげ)な感じで、愛(いと)おしくなって皆さんにも見て欲しくなっちゃった。
 
         ♪   ♪   ♪
 
花の先まで膨らんで大きくなった様子を見て下さいね。

         ♪   ♪   ♪

それから今日は、六本木の事務所で初ミーティングをしました。

|

« 気温の差19度 | トップページ | サンプルCD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生
 お留守の間にすっかり立派な花になっていて驚きました。
 調べてみましたら、一般に花が咲かないと思われている理由は、花の時期が12月から2月初旬の一番寒い時期のため、日本では暖地でしか開花しなくて、花を見る機会が少ないからだそうです。そうしてみますと、先生のお宅のお庭は暖かいのかもしれません。
 その説明の通りで、伊豆の下田では、1月の16日まで「アロエの花まつり」というのが催されているそうです。
 薬効成分ですが、キダチアロエのうち、ケープアロエという種類以外のアロエには薬効となる成分は少ないという説もあります。その薬効も結構複雑らしくて、素人は、誤った使用法をしないように十分に注意しないといけないとも書かれていました。

投稿: 寿美の会 岡山#992 | 2011年1月12日 (水) 21時00分

鈴木先生、おはようございます。
アロエの花、大きく育っていますね。
ここ最近の寒さでも大きく育っているアロエの花、とても綺麗に見事に咲いていると思います。
今日は初ミーティングだったんですね。
初ミーティング、お疲れ様でした。

投稿: Luxisのファン | 2011年1月13日 (木) 05時33分

鈴木先生
 アロエの花の写真、有り難うございます。大きく育っている花を見て嬉しく思います。私も散歩の途中にご近所でアロエの花を見る度に、先生のお宅のアロエの花はどこまで生長しているのかと思いを巡らせていました。
 何時も三日坊主で終わっていた散歩ですが、昨年、寿美さんのスペシャルコンサートやバースディイベントで上京した時、地下鉄の階段などで足腰の弱りを痛感し、リハビリのつもりで再開しています。アロエの花の生長を見る楽しみや新曲『冬の日本海』の応援に走り回りたいという希望に後押しをされて、無理のない範囲で少しずつ歩いています。
 これからも、心の癒される「歌のメルヘン」を楽しみにしています。よろしくお願いします。

投稿: 寿美の会:阿波藍(あわあい) | 2011年1月13日 (木) 10時34分

鈴木先生
お帰りなさい。
すごいですね!アロエの花、私、どう頑張っても、花は咲きません。でも、今年に入ってから、先端が、オレンジ色に変わってきました。霜がかからないように、場所を移動したからかも分かりません。
ハワイの桜の花ですが、ワイメアの桜祭りが2月に毎年開かれるそうです。1953年、日系人が植えたのがキッカケ、だそうです。ハワイの涼しい場所、所どころで、花が咲くそうです。
一度もハワイ旅行、経験ない私も、ビックリしました。
1月23日、歌い始めの会で、リンダコラソン、宜しくお願い致します。
            リンダファンクラブ名古屋会員
                    井戸あいこ

投稿: 井戸あいこ | 2011年1月13日 (木) 12時39分

 鈴木先生、悠木先生お帰りなさいませ。ホットする間もなく、早速にお庭の‘アロエの花’に目を向けられる、変らぬご夫妻の優しさ、温かさに接し、本年も心癒される当『歌のメルヘン』拝見させて頂きたくよろしくお願い申し上げます。
 年賀状の中に今年も現役時代の先輩氏から有りました、当時の私の愛唱歌 ♪霧にむせぶ夜 を送別会で見事熱唱、名曲と共に、同氏の面影が、1枚の賀状から浮き上がるように何時までも心に残ります。
 昨年3月、『走れ!歌謡曲』(文化放送)、黒木憲ジュニアさんの奥様・美穂さんの番組パーソナリテイーとして最後の担当日、美穂さんの心の底から振り絞られたような『おと~うさ~ん…』の故黒木憲さんへの追悼のお言葉と最後、重ねるように、余韻を残し流れたリクエスト曲、感動の ♪霧にむせぶ夜。
 一昨年4月、黒憲ジュニアさんと田川寿美さんは、伊豆・戸田(へだ)港で共演されています。富士が駿河湾に浮かび、満開の桜の下、♪霧にむせぶ夜 ♪哀愁港 は観覧者全員の合唱となりました。恥ずかしながら涙でした。以来、私にとっての‘哀愁港’は戸田港なのです。
 『どうしょうもなく下手くそ』とよく酷評される私のカラオケ、それにメゲズ、今年も田川寿美さんの曲は無論のこと、♪小指の想い出 くらいまでは(笑)マスターすべく精進の所存です。

 

投稿: 山口 仁司郎(柏市・寿美の会会員) | 2011年1月14日 (金) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気温の差19度 | トップページ | サンプルCD »