« 入賞するとは夢にも思わなかった。 | トップページ | 3泊4日の山口 »

2010年11月29日 (月)

ふたりだけの乾杯

昨日は山口県防府市で「能章まつり(歌の甲子園・山口地区予選)」の審査をやった。

         ♪   ♪   ♪

会が終わった後の打ち上げを早めに切り上げて、宿泊先の湯田温泉「ホテル松政」に帰ったら、悠木が「作詞大賞の優秀作品賞を取った」という思いがけない朗報がボクの携帯に入って来た。

         ♪   ♪   ♪

二次会で乾杯したビールの酔いが覚めない内に昨日のブログでその報告を書いたら、沢山の方からお祝いのコメントが入って来た。

         ♪   ♪   ♪

いつもコメントを頂いてる方、寿美の会のメンバーの方々…そして初めてお便りを頂いた方。

それから携帯に直接メールを呉れた友人たち。

それから田川寿美本人からもメールが携帯に…

         ♪   ♪   ♪

本当に有難う!

         ♪   ♪   ♪

頂いたコメントを確かに悠木本人に伝えましたよ。

ボクからも御礼を申し上げます。

         ♪   ♪   ♪

…という事で、山口の報告などは後日改めて書きますね。

         ♪   ♪   ♪

ようやく今夜、東京に帰り着いたので「二人で乾杯」しました。

|

« 入賞するとは夢にも思わなかった。 | トップページ | 3泊4日の山口 »

田川寿美」カテゴリの記事

コメント

悠木先生、鈴木先生
 本日、杉並公会堂での新星堂さん主催の「歌謡カーニバルコンサート」の応援に上京し、ただ今帰って参りました。
 ステージでの歌唱の合間にプレゼントを渡してよろしいと事前に確認が取れていましたので、2曲目と3曲目の間に、先頭を切って舞台下からプレゼントを田川さんにお渡しできました。 握手をして頂きながら、「おめでとう、本当に良かったですね、嬉しいです。ますます頑張ろうね。」と申上げたら、ご本人は感極まった、本当に嬉しそうな顔で「有難うございます」と仰っていました。続いて数人からプレゼントを受け取られた後、舞台中央に戻られご自身のお口から、日本作詞家大賞、優秀作品賞の受賞についてご報告と、悠木先生、鈴木先生への感謝のお気持ちを、半泣きになられて、嬉しそうに、恥ずかしそうに表明なさいました。感動しました。
 ファンの一人として、今回の受賞は本当に幸せな、嬉しい受賞でした。これを梃子に、もっともっと頑張って田川さんを応援します。
 両先生、田川寿美さんを今後ともよろしくお願い申上げます。

投稿: 寿美の会岡山#992 | 2010年11月29日 (月) 23時11分

鈴木先生

 おめでとうございます。

 幸せのしるし、

 それは、「思いやり」と「感謝」だと、

 私は思います。

 

投稿: lucky8 | 2010年11月29日 (月) 23時14分

鈴木先生、こんばんは。

日本作詞大賞、優秀作品賞受賞、おめでとうございます。

北の港駅は、田川寿美さんが、しばらくぶりに、悠木先生、鈴木先生が作られるということで、自分も早く聞いてみたいなぁと思っていた作品でした。

発売され、聞いてみると、本当に素晴らしい作品でしたね。

田川さんが生で歌う時を、いつか聞いてみたいと思ってましたが、今年の歌の甲子園の全国大会のゲストに来られていて、生で聞くことができました。

作詞大賞は、いつも録画しておくんですが、今回に限って忘れてしまって、見ることできなかったのが、残念に思っています。

鈴木先生の素敵な曲が、悠木先生の素晴らしい歌詞と共に、北の港駅を優秀作品賞受賞に導いたと思います。

本当におめでとうございます。

鈴木先生、悠木先生、お二人で乾杯。最高な時間が過ごせますね。

投稿: Luxisのファン | 2010年11月30日 (火) 03時46分

*鈴木先生、少し前にこの原稿を書いておりましたら消えてしまいました。もし誤ってすでに送られていましたら、これをボツにしてくださいませ。宜しくお願い致します。


悠木先生、鈴木先生、寿美さん、関係者の皆様、「北のみなと駅」の「2010年の日本作詞大賞、優秀作品賞」おめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。
原点に戻って、育ての親でいらっしゃいます鈴木先生、悠木先生から生まれた「北のみなと駅」。悠木先生に見出され、深い愛情を持って鈴木先生と共にお育てになられた寿美さんが、この1年間日本全国北から南までキャンペーンに駆け巡られ、人々の前で心をこめて歌い続けられ、ファンの皆様とも温かい触れ合いを持ってこられたこの曲。フアンの皆様の心からの応援にも胸が熱くなりました。寿美さんもどんなにか励まされ支えられたことでしょう。それに関係の皆様の力強いご支援。どなたかが前にお書きになっておられましたが、まさに三位一体、いえ五位一体でのご受賞ですね。
来年の20周年に向けて何と幸先の良い「賞」でしょう。大きな祝福ですね。悠木先生、ありがとうございました。
以前(2008年)、寿美さんがインタビューに答えて語られた言葉がとても印象的でしたので保存しておきました。ここに一部ご紹介致します。
「たくさんのチャンスをいただいている中で、歌手として何を残せるか。今はそのことを考えています。」「真っ直ぐに生きている人は素敵ですよね。何事にも惑わされない職人のような、歌手になりたい。」
きっと私たちはそんな寿美さんが、そしてその寿美さんが歌われる歌が好きなんですよね。
鈴木先生、悠木先生が手がけて下さった新曲「冬の日本海」からスタートする来年がとても楽しみです。
鈴木先生、悠木先生、そして寿美さん、本当におめでとうございました。

投稿: カサブランカ | 2010年11月30日 (火) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入賞するとは夢にも思わなかった。 | トップページ | 3泊4日の山口 »