« ゆとりのある1日 | トップページ | 早大生からの取材 »

2010年11月 5日 (金)

腹が立つのは年のせい

ここのところ特に強く感じるのだけど、人々のマナーが悪くなったような気がする。

         ♪   ♪   ♪

今日は、金曜日の夜で町が混雑していて、人も車の列も一杯!

特に交差点の雑踏は凄かったね。

         ♪   ♪   ♪

その交差点にボクが近付いた時、後ろの方から消防車がサイレンを鳴らして来た。

当然、周りの車は緊急車輌に道を譲って左端に寄り、消防車を先に通す…

…と思ったら、殆どの車が平然と走り抜けて行くんだよね。

         ♪   ♪   ♪

それはがりか、歩道を横断してる人達も、左折しようとする消防車の前を平然として歩いて通ってるじゃない!

         ♪   ♪   ♪

「 緊急車両です。道を譲って下さい」と、マイクで放送しながら徐行する消防車を見ながらボクは唖然としましたね。

         ♪   ♪   ♪

ボク達が子供の頃は「消防車がサイレンを鳴らしながら走ってる時は、ひかれたって文句が言えないのよ」…と、母親から言われてたものです。

         ♪   ♪   ♪

最近、緊急車のサイレンを無視する車が増えているのが目に付いて、気になっていたけど、今日は本当に驚いた。

         ♪   ♪   ♪

ボクの住んでる成城の町でも、信号の無い道を横断している人の前を平気で横切る車の多いのに驚きます。

         ♪   ♪   ♪

今夜も「尖閣諸島のニュース」を見ながら、「冗談じゃない!」…と怒ってました。

         ♪   ♪   ♪

最近どうも腹の立つ事が多いんだよね。

年のせいかな(笑)

|

« ゆとりのある1日 | トップページ | 早大生からの取材 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、おはようございます。
先生のおっしゃるとおり、人々のマナー悪くなった気がします。緊急車両が通る時は、左端によけて車両が通れるようにしてあげてほしいですね。

投稿: Luxisのファン | 2010年11月 6日 (土) 06時23分

年のせいでは無いっすよ!
「尖閣諸島の事件」は「冗談じゃない!」ですね。
「ロシアの大統領が北方領土を訪れた」のも「冗談じゃない!」ですね。

昔々、徳川家康が釣鐘に刻まれた「国家安康」に言いがかりを付けて
豊臣氏を怒らせてから逆にボコボコに叩いて滅亡させた戦略みたいです。

怒り心頭に達したように見せかけて、内心は冷静に智恵を働かせ、
陽動作戦で相手を撃退する真田幸村のような軍士は、
今の ☆ 平和慣れ ☆ した日本にはいないっすよ。

機械を扱う工場の量産現場では業務時間を割いてまで定期的に
危険予知訓練・指差し呼称や危機管理研修が行われていますが、
救急車が近づいても道をあけようとしないホワイトカラー達には
危険予知や危機意識や危機管理能力が無いのです。

「・・・かもしれない」意識を滲みつかせるのは容易では無いいっすよ!

投稿: ムク | 2010年11月 6日 (土) 12時27分

鈴木先生
 まさに私も同感です。年のせいだけではないと思います。特に、近頃腹の立つことがおおいですよね。
ところで、先日、寿美さんがレギュラー出演されているあるラジオ番組にお便りをし、「いつも笑顔で明るい寿美さんでも腹が立ったり怒ったりされることはありますか?」って質問したら、「私、腹を立てないようにしています。エネルギーを消耗するし疲れるじゃないですか?いい意味でいろんこと許せるようになりました。」というような趣旨のことをおっしゃっていました。「お若いのに人間ができているなあ・・」って感心させられたと同時に、少しは見習わなければと思った次第です。

 「腹が立つ」という話題で、寿美さんのことを思い出しましたのでお便りさせていただきました。 

投稿: 寿美の会 京都の夏 | 2010年11月 6日 (土) 13時13分

鈴木先生
 徳島県鳴門市での「BS日本のうた」収録にご出演の田川さんを応援に行って参りました。「哀愁出船」と「むすめ巡礼」の2曲を元気よく、素敵に歌って、四国八十八カ所の一番札所のある、徳島県のファンの皆さんを魅了しておられましたのでご安心下さい。
 田川さんは9月の岡山、10月の鹿児島、それに今回の徳島と3ヶ月連続の「BS日本のうた」ご出演という素晴らしい実績をお作りになっています。田川さんは私共ファンの『誇り』です。
 6日、7日は北海道に行っておられます。小生は応援に行けませんが、体調を崩されないように祈っています。
 引き続き、田川さんと新曲をよろしくお願い申上げます。

投稿: 寿美の会岡山#992 | 2010年11月 6日 (土) 19時05分

鈴木先生
 決してお歳の所為ではなく、人は誠実に、礼を重んじ、他人に迷惑をかけないように心がけ、人と人との温かい交流を積み重ねれば重ねるほど、『理不尽さ』や『無礼』に、義憤を感じることが多くなるのは自然なことだと思います。それに日本人のマナーは目に見えて悪くなって来ていると思います。
 勿論『以って他山の石』としてまずわが身を律することはいつも忘れないように心がけることが誰しも必要だと思いますが...。
 ゴルフ場などでも、マナー違反を親切心でご注意申上げた場合、大体注意した方がその日の『良いペースをフイにしてしまう』のが常です。こうした経験をすればするほど、段々に注意しようという気も失せて、よく言えば人間の角が取れて、丸くなって、世の中のマナー悪化に拍車をかける、という図式です。
 この循環が大変まずいことだとは分っているのですが断ち切れません。

投稿: 寿美の会岡山#992 | 2010年11月 6日 (土) 20時56分

鈴木先生
マナーについては、私も同感です。しかしマナーを取り戻すには、随分と時間がかかるような気がします。一生懸命積み上げても、無くなるのはあっという間。おそらく、私を含む30~50歳台の責任ですかね。その子等も含めて・・・。ふ~。

投稿: lucky8 | 2010年11月 7日 (日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆとりのある1日 | トップページ | 早大生からの取材 »