« ふたりだけの乾杯 | トップページ | 経つ時は早い »

2010年11月30日 (火)

3泊4日の山口

26日の昼間は宇部市のホテルで、『鈴木淳作品集アルバム 発売祝賀会』…をやって貰った。

Dscf0476

そこでは、出席者の中から希望者を6人選んで
『ワンポイント・レッスン』(即席の歌い方指導)をやったんです。

指導曲は『逢えて横浜』 と『北の港駅』の2曲。
会場の皆さんにも歌って貰って結構盛り上がったよ。

         ♪   ♪   ♪

夜は場所を山口市のホテルに移して同じ趣向のパーティー。

両会場とも現地で活躍してる歌手「原たかし」さんと、東京から同行したリンダ・コラソンの歌のステージで盛り上げて貰った。

         ♪   ♪   ♪

2日目はボクの育った町防府市にクニイ君を連れて行き、天満宮の「はだか坊祭」を見せた。

東京っ子のクニイ君は祭の迫力に驚いて「興奮しました!」と言ってたよ。

         ♪   ♪   ♪

3日目は例年通りの…
「歌の甲子園」の山口代表を選ぶ『能章まつり』で審査委員長を務めるという日々でありました。

         ♪   ♪   ♪

東京に帰って来たら、悠木の「作詞賞」の件でメールや電話などで大変な騒ぎでした。

         ♪   ♪   ♪

悠木にとっては何度目かの「優秀作品賞」だったんですが、何故だか今回は特に反響が凄かったですね。

         ♪   ♪   ♪

特に沢山の寿美ファンからブログのコメントを戴いて悠木も喜んでましたよ。

         ♪   ♪   ♪

遠くアメリカから戴いた「カサブランカ」さん
のコメントも彼女には読んで聞かせましたよ。

「消えてしまった…」という文面は改めて書き直して貰ってよかった。

最初の文章は入力されてなかったので…

         ♪   ♪   ♪

お祝いの言葉を戴いた全ての皆さん!
有難うございました!

|

« ふたりだけの乾杯 | トップページ | 経つ時は早い »

全国歌の甲子園」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生 
 宇部市と山口市でのイベントの大変な盛り上がりの様子が私共にまで伝わって、元気を頂けるようで嬉しく思います。先生の直接のワンポイントレッスンで「北の港駅」の歌唱指導を受けられた方は本当に幸せな方々だと思います。
 防府天満宮さんの御神幸祭は、裸坊祭のネーミングが大変可愛らしいのに、お写真で拝見しますと随分勇壮な感じがします。私が高校、大学時代を過ごしました愛知県稲沢市にも尾張大国霊神社(国府宮・こうのみや)のはだか祭りがあり、現在住まいしております岡山県には西大寺の会陽(えよう)という裸祭りがございます。「はだか祭り」と聞いただけで、身震いするような感じと共に懐かしい思い出が甦って参ります。鈴木先生ご実家の、防府天満宮さんの裸坊祭、是非拝見して、クニイ様のように興奮してみたいものだと思います。「祭り」というのは国や地域を超えて、人間を奮い立たせるような、勇み立たせるような何かがあるような気がします。

投稿: 寿美の会岡山#992 | 2010年12月 1日 (水) 14時10分

鈴木先生
 毎週水曜日に、ファンクラブの掲示板に「各種ランキング」としてまとめて掲載させて頂いております。
 一昨日の、日本作詞大賞、優秀作品賞のご受賞がこれからランキングにどう響いてくるか、必ずや強い上向きのベクトルが働くものと期待しておりましたところ、早速力強い動意が確認できましたので、喜び勇んでご報告申上げます。
 まず、ORICONベスト200で、先週の番外から中位の136位に大幅復活を成し遂げています。(12/1現在)
 stardigioでそろって上昇です。stardigio歌謡曲演歌カラオケベスト100で46位から44位に、特にstardigio歌謡曲演歌のSingle Chartベスト100では、番外から33位へ復活の快挙を果たしています。(12/5現在)
 USEN(ユーセン)音楽放送(公式)も、先週12位、今週も12位で、ここ何週間もの間、10位台の前半で、大変力強く踏ん張ってくれています。(12/3現在)
 新曲「冬の日本海」のリリースまでもう少しです。頑張ります。
 先生、引き続き田川さんと新曲をどうか宜しくお願い申上げます。

投稿: 寿美の会岡山#992 | 2010年12月 1日 (水) 16時08分

鈴木先生、わざわざ私目のことに触れていただきまして有難うございます。恐縮に存じます。お祝いのコメント無事に届きまして安心致しました。
新曲の「冬の日本海」、昔、暮れも押し迫ったころに能登を旅した時のことを懐かしく思い出しつつ、どんな曲だろうと思いをめぐらしております。私が初めて見た冬の日本海は、どんよりとしていて(曇天で早朝だったので当然でしょうか。)寒く寂しく荒れ気味で、南国育ちの私には、「冬の日本海」とはこんなに厳しいものなのかと胸をつかれる思いがしたのを覚えております。でも宿の食卓に並んだ新鮮で豊かな海の幸を前にした時には、「凄い!」と幸せな気持ちに、、。何と美味であったことか、、。
先日、八代亜紀さんがチータこと水前寺清子さんの司会なさるNHK「渋谷ライブステージ」に御出演のとき(日本と放映時が一緒かどうか不明ですが)、大ヒットの「なみだ恋」が紹介され、恩師であり(八代さんは先生ご夫妻を「お父さん・お母さん」と呼んでおられました)、曲の生みの親である鈴木先生・悠木先生ご夫妻のその当時の大きなお写真が横に置かれました。「なんという美男美女!」と、うっとり!そして仲睦まじく美しく年を重ねておられるなあと思わせられました。
「なみだ恋」、当時まだそれほど歌謡曲に興味を持っておりませんでしたが、それでも街でテレビで、よく流れていたなあと懐かしく味わわせていただきました。そして先生ご夫妻の作品だったとはと感慨深く、、。ヒット曲はその時代を彩り、さまざまな思いを共有させてくれるものですね。あの時代への郷愁を感じさせられました。
八代亜紀さんも、とても味わいのある歌い方をなさり、お人柄もとてもいい方のようですね。
先生ご夫妻がいろいろな方をお育てになってこられたんだなあと改めて思わせられました。
先生ご夫妻になる寿美さんの新曲を心より楽しみにしております。

投稿: カサブランカ | 2010年12月 1日 (水) 18時09分

鈴木先生、おはようございます。
3泊4日の山口県でのお仕事、お疲れ様でした。
逢えて・・・横浜と北の港駅の歌唱指導、見てみたかったですね。天満宮のお祭りも迫力のあるお祭りみたいですね。
悠木先生の作詞大賞での優秀作品賞受賞は、自分も知った時は本当に嬉しかったです。本当によかったですね。

投稿: Luxisのファン | 2010年12月 2日 (木) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふたりだけの乾杯 | トップページ | 経つ時は早い »