« 新曲の組合せ決定 | トップページ | ゆとりのある1日 »

2010年11月 2日 (火)

ちあきなおみの芸名

朝日新聞の北海道支社から植村さんという記者の方が取材に来られた。

         ♪   ♪   ♪

取材の内容は「“ちあき なおみ”の芸名“なおみ”は、ちあきのプロダクションの社長が、坂本龍馬の血筋を引いた方から名前を貰ったという話は本当でしょうか?
何か知ってませんか?」
…というのがインタビューの一番の目的で、それに関連して「ちあきなおみ」の事などの質問に答えた。

         ♪   ♪   ♪

植村記者は朝日新聞の北海道版で、「北の龍馬たち・坂本家の人びと」という連載記事を担当していて、その為の取材だった。

         ♪   ♪   ♪

ちょうど「ちあき」がデビューする時の話なのでボクも知ってる範囲で話をさせて貰った。

         ♪   ♪   ♪

「なおみ」の名前は、坂本家の血筋を引いた方の所に彼女を連れて行って「命名して貰いました」…という話を吉田社長から聞いていたので、そのあたりの話をした。

         ♪   ♪   ♪

「本当に、そうなのかな?」…名前を決めた当時は半信半疑だったその話が「真実だった!」という事が、植村さんの調査で逆に解明して、ボクは「良かった!」と納得した。

何故なら、吉田社長は猛烈な「坂本龍馬ファン」 で、自分のお子さんの名前にも「龍の字」をつけてるほどだからね。

         ♪   ♪   ♪

植村さんは、たまたま早大の後輩らしく、しかもボクの作った「初恋のひと」が大好きだと言って貰った。

         ♪   ♪   ♪

ちあきデビューの頃の話は「3年くらい前のボクのブログに出てますよ」と言ったら、「絶対見ます」…と、言って帰られたけど、今日の話がどんな記事になるのか楽しみたね。

|

« 新曲の組合せ決定 | トップページ | ゆとりのある1日 »

ちあきなおみ」カテゴリの記事

コメント

3年くらい前のブログ拝見しました。
卵の“ちあきなおみ”をヒヨコから育てた淳先生の手元から広い世間の大空へ
雄々しく羽ば立たせる為の会社が仕掛けた企業戦略だったのかもしれませんね。
ドル箱スターの獲得戦争!歌謡界も巨大な産業ですから・・・たぶん?そうですよ。
私は“大空の荒鷲”になるのが夢だったけど卵のまんま腐ってしまった(;一_一)。

投稿: ムク | 2010年11月 3日 (水) 01時48分

鈴木先生、おはようございます。
ちあきなおみさんの芸名の由来は坂本龍馬さんの血筋に関係があったんですね。
今回、名前の由来を知ることできてよかったです。
先生がちあきなおみさんについて書かれていたblog、その頃から読んでましたので、また読んでみようと思います。

投稿: Luxisのファン | 2010年11月 3日 (水) 10時17分

鈴木先生
わたしも竜馬ブームがくる何十年も前に「竜馬がゆく」を読んで、いっぺんにファンになりました。それにしてもこの人気ぶりは、ちょっと興ざめさえして・・・。ちなみに、20~40歳台の女性の名前が「あゆみ」さんとか「さおり」さんの場合、親御さんは、あきらかに「XXファン」だったのでしょうね。

投稿: lucky8 | 2010年11月 3日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新曲の組合せ決定 | トップページ | ゆとりのある1日 »