« テレビを見過ぎない! | トップページ | 久しぶりのブログ »

2010年10月 1日 (金)

苦しみのド真ん中

新しい「地デジ対応のテレビ」が届いた。

         ♪   ♪   ♪

画面下に出る煩わしい文字が消えたので、すっきりして観ることが出来る。

…と、一瞬喜んでみたものの、考えてみると当たり前の話だよね。

         ♪   ♪   ♪

普通に余計な文字が消えただけで喜んだオメデタイ自分がバカみたい。

         ♪   ♪   ♪

そう思ったら、テレビを見るのがバカらしくなって仕事部屋に入った。

         ♪   ♪   ♪

しかし、今回の仕事は本当に「苦しい!」

何日もピアノに向かってるけど、納得出来ずに苦しんでます。

         ♪   ♪   ♪

苦し〜い!

おっと!弱音を吐くのは早いね(笑)

苦しんだ後の喜びを期待しましょう。

|

« テレビを見過ぎない! | トップページ | 久しぶりのブログ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今までに無い初物を創り出すときの苦しみ。
アイデアが閃いた時の快感!わかります。
お風呂の時、トイレの時、歩いている時、四六時中考えながら、頭の中で歯車やリンクが立体的にカチャコンカチャコン動き始めたらシメタもんです、後は一気に図面に写し込むだけ。出来あがった機械も順調に動きます。作曲も同じですね。

投稿: ムク | 2010年10月 2日 (土) 02時15分

鈴木先生、こんばんは。
テレビ届いたそうですね。画面下の文字がなくなってスッキリしたと思います。作品作り、納得できず苦労されているみたいですが頑張ってくださいね。

投稿: Luxisのファン | 2010年10月 2日 (土) 03時40分

鈴木先生、まさに「生みの苦しみ」ですね。そのような中から人々を癒し慰め励まし、愛や希望・喜び・感動、そして楽しみを与えてくれる作品が生まれ、世に送り出されて私どもの所に届くのですね。もうしばらくの陣痛(笑)、頑張ってください。お祈りし心より楽しみに致しております。
遅くなりましたが先日(9/29)の「合宿旅行」の記事、本当に素敵でした。普通、名所見物、温泉・風呂、飲む・食べる・語らうの後はもう「寝る」しかない感じですが、その後の皆さんの時間の過ごされ方が、まさに「颯爽とした青年」のものでした。何という“Positive Thinking”、そして「若々しい情熱」をお持ちのお仲間でしょう。
また早稲田のグリークラブで「乾杯」の時に必ず歌われるという「クラブ・ソング」。まるで映画の1シーンみたいとうっとり、その情景を想像致しました。
また先生の作曲された新曲を熱心に、そんなにも燃えて練習なさる素晴らしいお仲間を持たれて本当にお幸せですね。それは先生のお人柄にも由来するものと存じますが。

投稿: カサブランカ | 2010年10月 2日 (土) 14時35分

鈴木先生
まさに「産みの苦しみ」、私共素人が、先生の創作活動に口を差し挟む余地は全くございません。
きっと素晴らしい楽曲が、また一つ世に出ることと、心静かにお待ち申上げております。

投稿: 寿美の会岡山#992 | 2010年10月 3日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビを見過ぎない! | トップページ | 久しぶりのブログ »