« 使っていなかったカテゴリー機能を試してみたよ。 | トップページ | コーラスアレンジの微調整 »

2010年8月 4日 (水)

我が社のコーラス隊

今日は、前に作っていた男性コーラスのアレンジを、サンプラーを使ってシミュレーションしてみた。

         ♪   ♪   ♪

"サンプラー"は、例えばド・レ・ミ…と音階別に録音した男性コーラスの声をキーボードとシンクロ出来るという優れ物。

キーボードのドを押すと、男性コーラスが「ア〜♪」とドの音で歌ってくれるんです。

         ♪   ♪   ♪

このサンプラーにボクの作ったハーモニーを歌わせてみて、「ここをこうしたら、もっと面白くなるかな…」と実験したり微調整等、スタジオに入る前に出来るので、面白くてつい時間を忘れてしまうね。

こんな作業してたら、だんだん本物のコーラスに歌って貰うのが楽しみになってきたよ。

|

« 使っていなかったカテゴリー機能を試してみたよ。 | トップページ | コーラスアレンジの微調整 »

コーラス」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生
へ~、便利で楽しい機械ができたものですね。一度、お目にかかってみたいです。ハーモニーって、単に「ド・ミ・ソ」をハモるだけでも簡単ではないですよね。私も管楽器をやっていた端くれですのでよく分かります(偉そうに・・・)。重なるところと離れるところがバランスよく組み立てられて・・・、これは音楽家さんの腕の見せ所。さらに楽しいのは複数の人が「息とバランス」を合わせてピタ~っとなった時ではないでしょうか(偉そうに・・・)。そういえば、大昔のこと、ミュージシャンの山下達郎さんが、1人で自分の声だけで、重ねに重ねてきれいなハーモニーや伴奏を作り上げていましたね。これはこれで、とても気持ちがよかったです。

投稿: lucky8 | 2010年8月 4日 (水) 23時52分

コーラスは全員が70%±5%の出力で声を合せるハーモニー。ビブラートはダメ!、こぶしもダメ!、って厳しく教えられましたけど、演歌は“こぶし”と“ビブラート”が命ですね。
「最初は語る様に、そして、押して引いて押して引いて、最後は大きく唄いこんで余韻を残すように唄うんだよ」って東京で10数年間“流し”をしていたという、同い年のオッサンから、教えてもらったことがあります。発音だけでも歌の雰囲気が違ってしまう。歌って、ほんとうに微妙で難しいですね。

投稿: ムク | 2010年8月 5日 (木) 00時33分

鈴木先生、おはようございます。
サンプラーって初めて聞きましたが、とても便利なんですね。本物のコーラス歌う時が楽しみになってくると思います。

投稿: Luxisのファン | 2010年8月 5日 (木) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 使っていなかったカテゴリー機能を試してみたよ。 | トップページ | コーラスアレンジの微調整 »