« ブログ再開 | トップページ | 「北の港駅」が「夏の演歌」おすすめ商品ナンバーワン! »

2010年8月18日 (水)

碓氷峠鉄道文化村〜SLに乗ったつもりが〜

お盆休みは、久し振りに仕事のことを忘れて、軽井沢でゆっくりと過ごして居た。

         ♪   ♪   ♪

そんな或る日、嫁いだ二人の娘達が、それぞれの家族を連れて軽井沢にやって来たので、悠木と2人っきりの避暑地の生活は、急に10人の団体生活に変わってしまった。

         ♪   ♪   ♪

それはそれで楽しく、変化があって賑やかで楽しく、こんな「非日常的な日」はとても幸せだったよ。

         ♪   ♪   ♪

お盆休みも終わりに近付いた或る日、「10人グループで出掛けるのも大変だろう」という事で、2グループに分かれてそれぞれ自由に出掛ける事になった。

         ♪   ♪   ♪

そして、姉の家族は「旧軽(きゅうかる=軽井沢町で古くから避暑地として発展した地域)の商店街に遊びに行きたい」…と言い、妹の家族は男の子が居るので、群馬県の《碓氷峠鉄道文化むら》に行って来たい…という事になった。

         ♪   ♪   ♪

…で、我々夫婦は「SLも見たいし、いろんな形式の機関車も見てみたいな」ということで「鉄道むら」について行った。

…なんて言ってるけど、実は「それを見て喜んでる孫たちの姿」を見たかったんだけどね(笑)

         ♪   ♪   ♪

鉄道村に行って驚いたのは、たくさんの「電気機関車や客車が今にも動き出しそう」な感じで展示(もちろん本物)してあったこと。

資料館なども充実していたよ。

         ♪   ♪   ♪

高原から下って群馬県にあるので、流れ出る汗を拭いては見学したよ。

         ♪   ♪   ♪

売店で売ってた「ソフトクリームとかき氷」にはみんな大喜び。

元気が出たので、「園内一周のSLに乗ろうよ」…という事になって切符を買って発車時間を待ってたんです。

         ♪   ♪   ♪

勿論ボク達が乗ろうとしてるのは本物のSLじゃなくて、ディズニーランドなんかを走ってる少し小型で、機関車の色は緑色、煙突は赤。

実際に園内を走ってる時の汽笛の音や「シュッシュッポッポ!」の蒸気の音は迫真的なものだったから、子供だけじゃなく我々4人の大人も胸を躍らせていたのに違いないのです。

         ♪   ♪   ♪

暫くしてベルが鳴ると…「長らくお待たせしました。お子さんを先に乗せて、その後ろに大人の方がお乗りください!」

「…ン?」と、思う間もなく「両足は前の板の上に乗せて、足をつかないで下さい!」

「えーっ!?」

         ♪   ♪   ♪

気がつけば、プラットフォーム(そんなに大きくはないけど)の左には綺麗に色付けされた、ディズニーランドのと同じ大きな客車が付いた列車。

そして、ホームの右側には小さなレールが敷いてあるじゃないの…

         ♪   ♪   ♪

そのレールの上には「ちっちゃなSLと、ちっちゃな客車」というか、小さい車輪の付いた椅子が幾つも繋(つな)がってる列車の小さなのが停車してたんです。

         ♪   ♪   ♪

遊園地に行くと、お猿さんか゛運転してるのが有るよね(笑)

         ♪   ♪   ♪

2人の孫達のママ(つまりボクの娘)が買った乗車券は、こちらの「幼児が喜んで乗るミニSLのものだったんです。

         ♪   ♪   ♪

今更、「これじゃ乗れません!」と言う訳にもいかず、パパ、ママ、じいじ、バアバの4人は窮屈そうに、照れくさそうに園内を廻ったのであります。

         ♪   ♪   ♪

どうぞ業界の人が見ておりませんように(笑)

|

« ブログ再開 | トップページ | 「北の港駅」が「夏の演歌」おすすめ商品ナンバーワン! »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、おはようございます。
10人も集まると賑やかですね。大人4人で窮屈そうですが、楽しそうです。
業界の人も見てるかもしれませんが、なかなか経験できることもできなかったと思うのでよかったと思います。

投稿: Luxisのファン | 2010年8月19日 (木) 09時34分

鈴木先生!
家族大勢で、緑の中で、とても楽しそうです。めずらしく長文ですが、1つ1つの言葉にそれが表れているようです。ゆっくりゆっくりシュッポッポーで、暑い思いをなさったことでしょう。今日、夜のニュースで、「虫の声」を聞きました。もう少しで秋ですね。秋の清清しさの待ち遠しさと、カンカン照りの夏の名残りと、同時に感じられます。しみじみ・・・。

投稿: lucky8 | 2010年8月19日 (木) 23時28分

軽井沢ではお世話になりました♪
10人での生活は、正に‘共同生活’という感じでしたね(*^-^)
鉄道文化村にも一緒に行けて良かったです!
私やばあば、はるかちゃんと比べて、じいじ、パパ、さとちんの「男性チーム」の方が楽しそうだったのは、やはり鉄道が‘男のロマン’だからでしょうか?!
おかげさまで、楽しい夏休みの思い出が出来ました(o^-^o)

投稿: さとちんママ | 2010年8月22日 (日) 00時29分

「碓氷峠鉄道文化むら」近くの日帰り温泉「峠の湯」へは、カミさんと二人で何度か行きましたが、鉄道文化むらにも今度こそは、立ち寄ってみたいと思います。

じゅん先生のスナップ゚写真を拝見しまして…小学生低学年の頃、友と二人連れで隣り町(わが故郷・静岡県磐田市見附→袋井市)まで1時間ほど歩いて、模型店のショーウインドー内に展示してあった精密な真鍮製Oゲージの電気機関車【EF532】を見に行って感激したことを思い出しました。
なんとか自分で手作りできないものかと試行錯誤して勉強してみましたが…全く不可能でした。飯能市の我家から車で20分、東京都「青梅鉄道公園」にも何度か行きましたが“SL機関車だらけ”で楽しめます。
先週は、奥多摩渓谷沿いにドライブして「檜原都民の森」を散策。「数馬の湯」に立ち寄って、秋川渓谷沿いに帰りましたが標高1000mチョット、天然クーラーが良く効いていて、
気軽に行ける「東京の軽井沢」!…お勧めです。

投稿: ムク | 2010年8月23日 (月) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ再開 | トップページ | 「北の港駅」が「夏の演歌」おすすめ商品ナンバーワン! »