« アレンジ打合せ | トップページ | 一昨日のブログ »

2010年7月26日 (月)

電車の席

暑い、暑い毎日…。
そんな中、グリークラブ仲間の4人と銀座で食事をした

             ♪   ♪   ♪

銀座に行く途中、表参道で銀座線の地下鉄に乗り換えたんです。
暑さで疲れてたので、次の駅で目の前の座席が空いた時は正直言ってホッとしましたよ。

             ♪   ♪   ♪

「やれやれ、座れるぞ。ドッコイショ!」…、ゆっくり腰を下ろそうとした瞬間、横から凄い勢いで一人の女性がやって来て、ボクが座ろうとした席に座ったんです。

             ♪   ♪   ♪

ボクはただ、あっけに取られてその女性の顔をマジマジと見るばかり!

             ♪   ♪   ♪

年齢は40歳前後でしょうか? 化粧は「どちらかというと濃いめ」
ドレスは上下とも赤。

             ♪   ♪   ♪

顔は? …そんなに美人でもないし、だからといって…「その反対でもない」(笑)
ただ、表情は何となく怒った顔をしてましたね。
ボクがそんな思いで観察してたのが判ったのかしらね(笑)

             ♪   ♪   ♪

ところが次の次の駅、つまり「青山一丁目」で
「その2つ隣の席」が空いたんですよ

ボクは「どうしようかな? また誰かに座られたら、ボクがノロマだと嘲笑われるかな?」と思った瞬間…その隣に座っていた中年の「ご婦人」が「ニコッと笑って」もう一つ隣の席に移って呉れたんですよ。

             ♪   ♪   ♪

このご婦人は、「さっきからの状況」を観察していて、ボクに席を譲るために「ワザワザ席をずらして」空けて呉れたんだな?と思いましたね。

             ♪   ♪   ♪

いやー、その婦人が「何と素敵に見えた」ことか(笑)

             ♪   ♪   ♪

それにしても、後から思ったんだけど、あの時、突進して席に座った女性を遮ってボクが強引に座っていたら、タイミングとしては彼女の膝の上に座ってしまっただろうな…。

             ♪   ♪   ♪

あんな感じだったら、きっと「キャーッ!痴漢!」なんて騒がれたりしてね(笑)

「おーっ怖っ!」

|

« アレンジ打合せ | トップページ | 一昨日のブログ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生
電車内での一こま、数分間の出来事がユーモラスに描写されていて、楽しませていただきました。当事者の先生は大変だったでしょうけど、、。
でも席をずらしてくださった女性のさりげない思いやり、素敵ですね。そういうとっさの時に、その方のすべてが出るような感じがしますね。
蒸し暑さに輪をかけるような出来事も、その女性の存在で、素敵な思い出になりそうですね。まさに一服の清涼剤。
それから、痴漢の事。夫も日本に帰ったときは電車内では誤解されないように両手を挙げて吊り革につかまっているそうです。涙ぐましい努力!男性も大変ですね。

投稿: カサブランカ | 2010年7月27日 (火) 04時42分

鈴木先生、おはようございます。
先生がblogに書いてくれたような光景、たまに自分も見ることあります。
席をずらしてくれた女性、優しい心遣いの方ですね。

投稿: Luxisのファン | 2010年7月27日 (火) 10時28分

鈴木先生
実にあつ○○しい女性と実に素敵な女性に、一度に遭遇されたわけですね。後者の女性は素敵だ。その場の沈黙の中の空気を読んだ心配り、大好きですね。若い男女でも、たまに見かけますよ。何故か、席を譲る人はちょっとテレ屋さんで、その場を立ち去りますね。堂々としててもいいのに・・・。ところで、その女性は先生のことを「四つのお願いの大先生」と、気付いたのでしょうか。そうそう、電車やホールなどの閉じられた公共の空間は、さしずめ、マナーとモラルの「人生劇場」。なんて。

投稿: lucky8 | 2010年7月27日 (火) 21時12分

怖いですね・恐いですね。
東京は「心種」のルツボですね。
菩薩以上から畜生以下まで種々雑多な「心種」が共存してますけど、外見からはまったく見分けがつかないのが厄介なところですね。
だけど、歌声を聞けば何となく「心種」がわかると思います。
「歌心」には現れますね。もう10年近くも東京へは行ってないのでよくわかりませんが、私は今の「緑と清流の町」が好きです。

投稿: ムクでーす | 2010年7月28日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アレンジ打合せ | トップページ | 一昨日のブログ »