« 試行錯誤も助走です | トップページ | 男声コーラス »

2010年7月 2日 (金)

新曲完成♪

昨日、いろいろ試行錯誤した甲斐が有ったのか?今朝ピアノの前に坐ったら椎名佐千子のメロディーがスムーズに出てきたよ

                      ♪   ♪   ♪

早速、ディレクターと事務所で打ち合わせを済ませた。

昨日の助走が良かったのかな?
思ったより早く完成したので、アレンジャーの決定も済ませて、レコーディングの日にちも決まった

                      ♪   ♪   ♪

本人の「さっちゃん」はキャンペーンで地方に行ってたので、聞かせられなかった。

                      ♪   ♪   ♪

後は本人がどのように歌いこなすかですね。

|

« 試行錯誤も助走です | トップページ | 男声コーラス »

椎名佐千子」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、こんばんは。
椎名佐千子さんの新曲、完成したんですね。
作曲、お疲れ様でした。レコーディングの日にちも、決まっているそうで、椎名さんも楽しみにしていることと思います。
新曲のリリース、楽しみにしていますね。

投稿: Luxisのファン | 2010年7月 3日 (土) 02時03分

「坂本冬美」さんがデビュー曲「あばれ太鼓」の曲を与えられた時、師匠の「猪俣公章」先生に「この曲は私に合わない」と言ってえらく怒られたんで、しかたなく唄ったら大ヒットしたと言うことをテレビの対談で御本人が話しているのを聞いたことが有ります。
「美川憲一」さんが「柳ヶ瀬ブルース」の曲を与えられた時、
本人はその曲が気に入らなくて、力が抜けたまま唄ったら、
それが逆効果で大ヒットしたと言うことをテレビの対談で御本人が話しているのを聞いたことが有ります。
録音して自分の唄声を聞くと、まるで別人が唄っているように聞こえます。自分の声は「体を伝搬して耳に入る経路」と「空気を伝搬して耳に入る経路」の2系統がミックスされて聞こえますが、聴衆が聴くのは空気を伝搬してくる音声だけ。
「主観」と「客観」の違いですね。
聴衆が楽曲と歌声をどう受け止めるか「客観的に計算すること」で歌の魅力が増幅するんですね。

投稿: ムクでーす | 2010年7月 3日 (土) 10時50分

楽しみにしてます

投稿: 近藤 | 2010年7月 3日 (土) 15時36分

鈴木先生
曲を作るとき、歌い手さんをイメージして(合わせて)作られるのでしょうか。それとも、曲は曲で作って、イメージを歌い手さんにどう表現してもらうか、に重点を置かれるのでしょうか。両方ですか?。別の歌い手さんがカバーして、実はそちらの方がイメージに合っているということもあるのでしょうか・・・。

投稿: lucky8 | 2010年7月 5日 (月) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 試行錯誤も助走です | トップページ | 男声コーラス »