« 第16回全国歌の甲子園・東京大会の募集を始めたよ | トップページ | 八代亜紀のアルバム曲アレンジの打合せ。 »

2010年6月10日 (木)

吉田正先生13回忌

午後6時から帝国ホテルで、吉田正先生の13回忌の会が催された。

         ♪   ♪   ♪

僕が日本作曲家協会の理事だった頃、先生には何かと目をかけて頂いて、銀座のクラブなどにもよく連れて行って貰った。

         ♪   ♪   ♪

先生の作品には「都会的な匂い」が溢れていて、どの作品も新鮮で大好きだったから知らず知らずのうちにボクの体の中に染み付いて行ったのかもしれない。

         ♪   ♪   ♪

今日の会では先生の愛弟子、橋幸夫、三田明、吉永小百合などの皆さんによる吉田メロディーの歌唱。
そして、吉田正記念オーケストラ(大沢可直指揮)による演奏もあって、生前の先生を思い出し感慨深い一夜だった

|

« 第16回全国歌の甲子園・東京大会の募集を始めたよ | トップページ | 八代亜紀のアルバム曲アレンジの打合せ。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生おはようございます。吉田正先生、13回忌になるんですね。吉田正先生というと、やはり浮かんでくるのは、橋幸夫さんです。何年たっても、偉大な作曲家の先生として、記憶に残っていく先生だと思います。

投稿: Luxisのファン | 2010年6月11日 (金) 09時47分

吉田正さんの曲はフランク永井さんの歌で花開いたような気もします。最近はよく色んな歌手の方がカバーしていらっしゃいますが、特に三田明さんが吉田メドレーを歌って先生の功績を観客に伝えていらっしゃいますね。
このように先生を心から尊敬して陰日向なく先生の功績を伝えようとするお弟子さんを育てあげた先生のお人柄も偉大なものと偲ばれます。

投稿: マユミ | 2010年6月11日 (金) 13時57分

鈴木先生
 私が物心もつかないうち、歌として記憶に刻まれたのが、「いつでも夢を」であり「寒い朝」だったかもしれません。親戚の家で、レコードの匂いと共に、何度聞いたことか。シンプルで優しくて・・・。吉永小百合さんには、いつまでも美しく元気でいて欲しい、なんて思ってしまいます。もちろん、鈴木先生も、です。

投稿: lucky8 | 2010年6月11日 (金) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第16回全国歌の甲子園・東京大会の募集を始めたよ | トップページ | 八代亜紀のアルバム曲アレンジの打合せ。 »