« 三木たかしメロディー | トップページ | 明日のNHK »

2010年4月22日 (木)

2日続きの「偲ぶ会」

今夜は早稲田の同級生20数名が西荻窪のレストランに集まって、文芸評論家「寺田博」氏の偲ぶ会をやった

                 ♪   ♪   ♪

彼は大学を卒業後、河出書房新社に入社して「文芸」という雑誌の編集をやり、後に幾つかの出版社で文芸雑誌「作品」や「海燕」の編集長をやった人で、多くの新人作家を発掘した人なんです。

                 ♪   ♪   ♪

ボクが昔、やってた音楽雑誌の編集長とは「格」が違うんです。

                 ♪   ♪   ♪

今夜は彼の夫人にも出席して貰って、みんなが思い出話を沢山する事で「供養」しようと、 長い時間を過ごした。

                 ♪   ♪   ♪

奥さんからは「鈴木さんが音楽の友社に居られた頃、新宿で会った事もよく覚えてます」と言われ、その後ボクが作曲家になったことを「主人は、とても喜んで、あなたの作品を歌ってましたよ」と聞かされた。

                 ♪   ♪   ♪

卒業後に、何人かで集まって酒盛りをする仲間だったので思い出も沢山あるんです。

                 ♪   ♪   ♪

「偲ぶ会」終了後も喫茶室に移動して、そこから先は「楽しかった学生時代の話」に花が咲いた。

                 ♪   ♪   ♪

いつの間にか年齢を忘れて…昔の「男子学生」と 「女子学生」の会話になった一刻(ひととき)でしたよ(笑)

                 ♪   ♪   ♪

帰宅して鍵を見た時は「浦島太郎が玉手箱を開けたら急に“お爺さん”になってしまった」時の心境が判ったような気がしましたね(笑)

|

« 三木たかしメロディー | トップページ | 明日のNHK »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、こんばんは。
二日連続で、偲ぶ会に出席されていたんですね。
たくさんの作家の方を発掘された方だったんですね。
先生方が、思い出話されていたことを、喜んでくれていると思います。
学生時代の思い出話、たくさんあったと思うので、学生の頃に、戻った感じではなかったのではないでしょうか。

投稿: Luxisのファン | 2010年4月23日 (金) 01時18分

前のコメントよみました?
そんなわけで、やっとCDがきました。
最初の、”女・ひとり旅”は、千羽さんの新年パーティーで、鈴木さんのピアノを囲んで、みんなで練習したのを思い出します。 山縣さんもいて、みんな元気で屈託がなかったな、としんみりしました。
ではお元気で!

投稿: 奥名房子 | 2010年5月11日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三木たかしメロディー | トップページ | 明日のNHK »