« 何十年もの後輩 | トップページ | ボクもサイン会? »

2010年3月 5日 (金)

後付けの詞

成城の街に新しく出来たお店で軽食とお茶をしてたら、携帯のバイブレーションがブルブル鳴ってるので、出てみたら作詞家の「いで はく」さんだった。

                     ♪   ♪   ♪

「お待たせしたけど、アトヅケ(後付け)の詞が出来ましたのでFAXさせて貰います」という知らせ。

                     ♪   ♪   ♪

ボクが先に書いたメロディーに、後から「詞をハメ込む仕事が完成した」という内容の電話だった。

                     ♪   ♪   ♪

食事が終って家に帰り、FAX受信機の所に直行!
ピアノの譜面台に届いた原稿を乗せて、ゆっくり黙読してみた。

「いで」さんの大ヒット作品「北国の春」とは一味もふた味も違う詞で、今度の作品は横書きで書いてあるんです。

                     ♪   ♪   ♪

お洒落な感じで、とても素敵な出来上がり。

これでメロディーにしっかり乗ってさえいれば、「言うことなし」

…と思ってピアノを弾きながら歌ってみたら「ばっちり」だったよ!

                     ♪   ♪   ♪

何度も弾きながら歌っているうちに前奏のメロディーが浮かんできた。

                     ♪   ♪   ♪

これで、この後はアレンジの打合せをやって、オケ録(ど)り。
つまり伴奏用オーケストラの録音です。

                     ♪   ♪   ♪

あっ!いけない!肝心の作詞家先生に「バッチリでしたよ。有難う!」…の電話をしてなかった!

|

« 何十年もの後輩 | トップページ | ボクもサイン会? »

香西かおり」カテゴリの記事

コメント

鈴木先生、こんばんは。

いではく先生との作品、歌詞ができあがったようですね。

どんな感じの歌詞になっているのか、楽しみですね。

アレンジとこの作品を歌う歌手が、どなたになるのか、気になるところです。

また、この作品のことを書いてくださるのを楽しみにしています。

投稿: Luxisのファン | 2010年3月 6日 (土) 02時39分

鈴木先生
 オケ録りの「スコア」を書くって、どんな感じなのでしょう。1つ1つ、すべての楽器を弾きながらなんて無理でしょうから、イメージなんですよね。作曲家の先生は、アレンジに注文をつけたりされるのでしょうか。いずれにしろ、楽曲の完成の瞬間は興味深々。
 

投稿: lucky8 | 2010年3月 6日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何十年もの後輩 | トップページ | ボクもサイン会? »