« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

2009年6月7日 - 2009年6月13日

2009年6月12日 (金)

「還らざる日々」先行発売の乾盃

6月4日のブログで少し触れましたが、早稲田大学グリークラブOBが歌う「還らざる日々」(ビクターエンタテインメント)の先行発売が、高田馬場ムトウ楽器と、イトウミュージックシティ船橋東武店の2箇所で始まりました。

         ♪   ♪   ♪

さらに、正式リリース日は8月26日に決定しました。

         ♪   ♪   ♪

・・・という事で、この歌を録音したメンバー全員とボク、そして作詞家の友利歩未さん、作曲家の杉村俊博さん、プロデューサーの境さん、他スタッフの皆さんで、祝いの食事会(というより飲み会)を六本木の中華料理店でやりました。

         ♪   ♪   ♪

まずは「乾盃しよう!」という事になったんですが、メンバーから

早稲田グリー式の乾盃にしようよ!

という事になって・・・、全員ワイングラスを持った侭、ハモり始めました。

         ♪   ♪   ♪

「♪輝く太陽」

「輝く太陽  風薫る空  若き命の歓びを

いざや歌わん  高らかに

乾盃!Oh、上げよ盃(さかずき)を

Lalalala~カンパイ!

この曲は、ボクの在学中に出来たクラブソングで、今の現役メンバーも、演奏会になると、必ず冒頭で歌っているという「伝統ある曲」なんです。

・・・という訳で、制作スタッフの皆さんには盃を持った侭、歌が終わる迄、しばし待って貰って、一同で大声の乾盃をやったんです。

         ♪   ♪   ♪

「やぁ、凄い!『還らざる日々』の発売祝いにふさわしい乾盃だ!

と境さんも大喜び!

         ♪   ♪   ♪

実に盛り上がった祝賀会でした。

20090611203527

作詞家、作曲家、制作スタッフ、メンバーで記念撮影。

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

2つめのハプニング

6月9日に行われた吉田正 生誕88周年オーケストラの演奏会。

一部では肩の凝らないお馴染みのクラシックやラテン系のダンスミュージック、そして日本のメロディー等を楽しく聴かせてもらった。

         ♪   ♪   ♪

二部は、吉田先生のヒットメロディーを主題にした
「吉田正 交響組曲「東京シンフォニー」第四番。

随所に出てくる聞き覚えのあるメロディーが、大沢さんの編曲で立派なシンフォニーになっていて感動的だった。

         ♪   ♪   ♪

全ての曲目が終って、指揮者が舞台裏に引っ込んだと思ったら、オーケストラの全員が、名曲「いつでも夢を」を指揮者不在のまま演奏し始めた。

         ♪   ♪   ♪

オーケストラの奏でる「いつでも夢を」は、「美しいメロディーだなー」と思っているうちに、いつの間にか「Happy Birthday to You」に変わった。

すると、一人の女性団員が大きな花を持ってきた。
そして、大沢さんを手招きして、舞台の中央まで呼び戻したんです。

         ♪   ♪   ♪

オーケストラ全員から「実は今日が誕生日だった」という指揮者・大沢可直さんへの、
粋で素敵なプレゼントだったという訳です。

         ♪   ♪   ♪

もちろん、会場の聴衆の皆さんも、万来の拍手でお祝いをしました。

これは、大沢さんにとって思いがけないハプニングだったようです。

熱演の後の大沢さんの汗は、実は思いがけぬプレゼントへの感動の涙だったんでしょうか・・・。

| | コメント (1)

2009年6月10日 (水)

吉田正先生の「生誕88周年記念オーケストラ」でハプニング

吉田正先生の「生誕88周年記念オーケストラ」の演奏会に行って来た。

    ♪     ♪     ♪

指揮者は、このブログにも何度か登場して貰った「大沢可直(よしなお)」さん

    ♪     ♪     ♪

実は演奏の始まる前にボクにとっては大変なハプニングがあったんです。

    ♪     ♪     ♪

…というのは指揮者の大沢さんは、いつも演奏を始める前に挨拶をされるんですが、その中でいきなり…
「今日は作曲家の鈴木淳さんが来ておられる筈ですが、何処に居られますか?」
…と、会場に向かって呼び掛けて来たんです。

    ♪     ♪     ♪

二階のバルコニー席に座ってたボクは、不意を付かれて思わず右手を上げてしまったんです。

    ♪     ♪     ♪

すると満員(1200人だったそうです)のお客さんが、こちらを見上げながら余りに盛大な拍手をされるので、ボクは仕方なく立ち上がって深々と不器用にお辞儀をしましたよ。

    ♪     ♪     ♪

続けて『吉田先生は"ボクの後を継いで都会的な歌謡曲を残して呉れるのは鈴木淳だろうな"と言われたそうです。』…というような話を彼がするもんだから、客席はまた大きな拍手。

    ♪     ♪     ♪

肝心な演奏が始まる前にこんな事になって、ボクはたヾ体中に汗を流して小さくなってましたよ。

本当はボクの席が何処なのか彼は知ってた筈なんですよ。

いやー!ボクにとっては大変なハプニングでした。

    ♪     ♪     ♪

この後、素晴らしい演奏が盛り上がったのですが、実はボクには関係ないけれど、今度は指揮者の大沢さんに素敵なハプニングがあったんですが…。

話が長くなるので「続く」にしとくね。

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

田川寿美の曲を作曲中♪

今日は1日中、家で作曲していたよ。

         ♪   ♪   ♪

いつものように作品を書く人の写真ををピアノの前に立ててイメージを湧き出させるんです。

         ♪   ♪   ♪

…で、ピアノの前の今日の写真は田川寿美です。

         ♪   ♪   ♪

という訳で、今日のブログはこれでオシマイにするね(笑)

         ♪   ♪   ♪

なにせ、彼女の曲を書くのは数年ぶりだから。

| | コメント (2)

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »