« 吉田正先生の「生誕88周年記念オーケストラ」でハプニング | トップページ | 「還らざる日々」先行発売の乾盃 »

2009年6月11日 (木)

2つめのハプニング

6月9日に行われた吉田正 生誕88周年オーケストラの演奏会。

一部では肩の凝らないお馴染みのクラシックやラテン系のダンスミュージック、そして日本のメロディー等を楽しく聴かせてもらった。

         ♪   ♪   ♪

二部は、吉田先生のヒットメロディーを主題にした
「吉田正 交響組曲「東京シンフォニー」第四番。

随所に出てくる聞き覚えのあるメロディーが、大沢さんの編曲で立派なシンフォニーになっていて感動的だった。

         ♪   ♪   ♪

全ての曲目が終って、指揮者が舞台裏に引っ込んだと思ったら、オーケストラの全員が、名曲「いつでも夢を」を指揮者不在のまま演奏し始めた。

         ♪   ♪   ♪

オーケストラの奏でる「いつでも夢を」は、「美しいメロディーだなー」と思っているうちに、いつの間にか「Happy Birthday to You」に変わった。

すると、一人の女性団員が大きな花を持ってきた。
そして、大沢さんを手招きして、舞台の中央まで呼び戻したんです。

         ♪   ♪   ♪

オーケストラ全員から「実は今日が誕生日だった」という指揮者・大沢可直さんへの、
粋で素敵なプレゼントだったという訳です。

         ♪   ♪   ♪

もちろん、会場の聴衆の皆さんも、万来の拍手でお祝いをしました。

これは、大沢さんにとって思いがけないハプニングだったようです。

熱演の後の大沢さんの汗は、実は思いがけぬプレゼントへの感動の涙だったんでしょうか・・・。

|

« 吉田正先生の「生誕88周年記念オーケストラ」でハプニング | トップページ | 「還らざる日々」先行発売の乾盃 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

音楽って素敵ですね。
それも誕生日の「いつでも夢を」
おもわず口ずさみたくなります・・・。
ブログから会場の喜びも伝わってきます。

ひとのこころをやさしくつつむ楽曲。
美しいメロディーを奏でるオーケストラを聴いてみたくなりました。


投稿: masaji | 2009年6月11日 (木) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉田正先生の「生誕88周年記念オーケストラ」でハプニング | トップページ | 「還らざる日々」先行発売の乾盃 »