« リンダ・コラソンの音楽配信 | トップページ | リンダの路上ライブ »

2008年10月16日 (木)

喜多條忠さんの著書

梓みちよが歌った「メランコリー」、キャンディーズの「暑中御見舞い申し上げます」、それに“かぐや姫”のあの「神田川」など、数々のヒット作を作詞した「喜多條忠」氏から自作著書が贈られて来た。

           ♪   ♪   ♪

作詞の数は、数えきれない程あるけど、小説の発表は初めてじゃないかと思うんだけど…。

先月、業界のゴルフコンペで一緒になった時、出来上がったばかりの表紙の見本を、ボクに見せながら「来月、発刊するんです」と、嬉しそうに見せて呉れた「あの本」だった。

           ♪   ♪   ♪

折角だから、読み終わってから読後感と一緒に礼状を出そうと思ってる内に、届いてから何日も経ってしまった。

昨日、ほんの少し時間が出来たので、ちょっとだけのつもりでページを捲(めく)ってみたら、面白くて途中で止められなくなってしまったね(笑)

           ♪   ♪   ♪

私小説なので主人公は当然「俺」、即ち「喜多條忠」君だから、
彼の人となりを知ってるボクとしてはとりわけ面白いわけだ。

彼の才人ぶりは知ってる筈のボクだけど、彼の隠された繊細さや、研ぎ澄まされた観察力など改めて知る事が出来て嬉しかった。

           ♪   ♪   ♪

とにかく面白くて、可笑(おか)しくて、そして時にホロリとさせられたり…。
「そうか!あの作詞は、そんな事があって生まれたのか
なんて妙に感心したりしてね…。

オススメですよ。

           ♪   ♪   ♪

おっと…本の名前書くの忘れてた。

「女房逃ゲレバ猫マデモ」=幻戯書房=(喜多條忠著)でした。

…………………………
ところで、先週金曜日の「ブログ300回」にコメントを戴いたmasajiさん、高山さん。勇気づけられました。
ありがとう。

全てのお便りに返事を書けないかもしれませんが、勘弁してくださいね。

今までコメントやメールでお頼りを戴いてる沢山の皆さんにも、勇気づけられてブログを続けられてる御礼を、ちょっと遅れましたが言わせて下さいね。 ありがとう!

|

« リンダ・コラソンの音楽配信 | トップページ | リンダの路上ライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

先生に、お礼言って頂いたら、恥ずかしく成ります。
符とした事から、リンダさんにライブ用の作詞をする機会を頂き、2曲書かせていただき、ブログを見て居たら鈴木先生の教え子さんと言うことから、先生のブログに、お邪魔するようになり、違う所では、唐木淳さん入山あき子さんのブログも縁有って覗いていましたら、先生の教え子さんと(*_*)
本当に嬉しかったです!これからも、楽しみに、お邪魔させて頂きます。

投稿: 高山美千代 | 2008年10月18日 (土) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リンダ・コラソンの音楽配信 | トップページ | リンダの路上ライブ »