« オーディション | トップページ | 合唱コンサート »

2008年9月25日 (木)

一年ぶりの検診

今朝は早起き(ボクにしては…)して、朝食を抜いたまま、満員電車に揺られて「検診」に行って来た。

           ♪   ♪   ♪

血液を抜かれたり、バリューム飲んで胃の検査、レントゲン撮影、心電図などなど、…。

体重だけは、去年より約1kg 増えてたね。

別に緊張してなかった筈なのに、終わった時はやっぱりホッとしたね。

           ♪   ♪   ♪

「健保指定病院」の中からボクが選んだ病院は、待合室が、まるで一流のホテル並み。

診療室やいろんな検査室も凄く綺麗で清潔!

看護師さんも若くて、にこやかな対応で安心して検査して貰えた。

           ♪   ♪   ♪

待合室で順番を待つ間に、美しい天井のランプや、ピカピカの床に敷かれた絨毯を見てるうちに、突然、この間テレビで見たアフリカの「荒れ果てた病院」の惨状の事を思い出して居た。

           ♪   ♪   ♪

決して日本の全ての病院が、こんなに美しくて清潔な訳ではないかもしれないけど、ボクがテレビで見た「あのアフリカの患者さん達」からみたら、この病院は「天国」に見えるのだろうな…。

           ♪   ♪   ♪

…などなど、複雑な気持ちで終った「検診」でありました。

|

« オーディション | トップページ | 合唱コンサート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

医療施設の充実が全世界に拡がればと思います。私の郷里は離島。無医村にならないように懸命の努力で医師を探し、今の有名な先生がこられました。みなさんもご存じの「Dr・トコー診療所」のモデルになりました。
島にはかつて村民がお世話になった医師が作られた俳句が句碑となっています。
往診の道すがら見ししんきろう 平田清
1時間半以上もかけて、徒歩での医療活動が昭和の30年代までありました。蜃気楼はまさに、いのちの俳句です。

投稿: masaji | 2008年9月25日 (木) 18時29分

私は音楽家を目指してまして鈴木先生のブログを知り、今日初めてこのブログを見た瞬間にテレビから「小指の思い出」が流れてきたからビックリしました

それではお体に気をつけて下さい

投稿: 阿キュラ | 2008年9月26日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーディション | トップページ | 合唱コンサート »