« 歌の録音 | トップページ | ココセレブの編集部さんありがとう&箱根旅行 »

2008年6月 5日 (木)

電車の優先席

少し前のブログで、「座席を譲って貰った話」を書いたけど、先日……

           ♪   ♪   ♪

ボクが電車に乗った場所が、たまたま優先席のすぐ近くだったんです。

           ♪   ♪   ♪

すると、今まで優先席に座っていた一人の青年が、別にボクの方を見るでもなく、黙って席を立った。

その立ち上がり方が、実にさりげなかったので、「どうしようかな?」と一瞬迷ったけれど、ボクは小声で「ありがとう」…と言って座らせて貰った。

           ♪   ♪   ♪

席に座ってから気がついたら、優先席に座ってるボク以外の乗客は

* 目をつむった儘の若い女性

* 読書している学生

* 眠りこけて首が殆ど斜めになってる女性

           ♪   ♪   ♪

「なんだ、若者ばかりじゃない!」…と、思ってるうちに、次の駅で叉どっと乗客が乗ってきた。

           ♪   ♪   ♪

その中から一人のおばぁちゃんが物凄い形相(ぎょうそう)で、こちらに近付いて来た。

…かと思うと、「どきなさい!」と言って、ボクの隣の学生の手を引っ張って席を立たせた。

それから、その儘こんどは、もう一つ隣の席の目をつむっている女性に向かって「あんたもよ!」と言いながら凄い勢いで手を引っ張って立ち上がらせたんです。

           ♪   ♪   ♪

あまりの剣幕に二人の男女はなにも言えず、おとなしく立った儘。

           ♪   ♪   ♪

そして今度は、さっきボクに席を譲った若者に向かって「邪魔なんだよ。通れないだろう!」と、思い切り横に払った。

青年は、さすがにムッとしたらしく、それでも穏やかに「そんな言い方は無いでしょう?」と、抗議した。

           ♪   ♪   ♪

おばあちゃんは構わず,彼に向かって「あんたは、ここに書いてある字が読めないのか!」と言いながら、もう一度彼の手を思い切り叩いた。

           ♪   ♪   ♪

態度はともかく、おばぁちゃんの言い分は、共感出来る部分もあったので黙って成り行きを見ていたけれど、「席を譲って呉れた彼」が非難の対象になってしまったのにたまらなくなって、

「あのね、この人は席を譲って呉れた優しい青年なんですよ」…と、たしなめたんですが、興奮したおばぁちゃんは、なかなか治まらず「私らは苦労して戦争を生き抜いて、年をとって来たんだ!」と大声で怒鳴り続けている。

           ♪   ♪   ♪

仕方なくボクは青年に向かって、

「ゴメンね。あなたは優しい人なのに。若い人達が平気で優先席に座ってるからね」と話しかけると、彼は

「こんなの悲しいですね。若い人も気付いて呉れないし…」と言って、次の駅で降りて行った。

           ♪   ♪   ♪

おばぁちゃんは、おばぁちゃんで、日頃から「平気で優先席に座ってる若者」を腹立たしく思っていて爆発したのだろうと思うし、あの青年もきっと恥ずかしい事だと気付いていたのだろうね。

           ♪   ♪   ♪

それにしても、まっしぐらに優先席に向かって行き、座ったと思うと、携帯電話を取り出す若者の姿が余りにも目に付き過ぎるこの頃ですね。

|

« 歌の録音 | トップページ | ココセレブの編集部さんありがとう&箱根旅行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。優先座席で無くても、我が物顔で化粧をしたり、物を食べたり、ハタマタ2~5才位な子供をを履かせたまま座らせ座席に立っても叱らず! 注意をする勇気の無い人達が、目を反らしながら小声で話す!そういう私も近い所があった気がします。反省です!

投稿: 高山美千代 | 2008年6月 6日 (金) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌の録音 | トップページ | ココセレブの編集部さんありがとう&箱根旅行 »