« Luxisの着うた | トップページ | ゴルフ大会 »

2008年5月15日 (木)

作詞家と作曲家

昨日、次のようなコメントをもらいました。

"録音の時は作詞家の方は参加しないものなのですか?"

皆さんも興味があるかもしれませんので、このブログでお答えしましょう。

                        ♪   ♪   ♪

通常の録音では、当然、作詞家の先生にも参加して貰います。

たヾ今回の録音は、プリプロ(Pre-Product)といって、前もって、仮に歌を録音してみるもので…。

・歌手が、この作品をどの程度歌唱できるか?

・どのタイミングで発売するか?

・どの曲を「メイン曲」(いわゆるA面)にするか?

などを、制作スタッフで検討する為の、資料を作る作業(録音)だったのです。

通常、こういった仮録音の作業には制作スタッフと作曲家が立ち合いますが、作詞家は立ち会いません。

                        ♪   ♪   ♪

こういうプロセスの後、制作会議が行なわれ、本番の録音が始まります。

                        ♪   ♪   ♪

作曲家の仕事としては、どんなオーケストラを作るかについて

①アレンジャーの選定

②アレンジャーと打合せ

③歌手のレッスン

④オーケストラの録音(歌手、作曲家、制作スタッフ、プロダクションが参加。作詞家の参加を求める場合もある)

⑤完成したオーケストラに合わせて、歌の録音をする。この時点で作詞が参加します。

これ迄の仕事には作詞家、作曲家共に、通常、ギャラ(報酬)は発生しません。

                        ♪   ♪   ♪

…という訳で、作詞家と作曲家では作品が出来てから、録音終了までにやる仕事の量は、かなり差があるんですよ。

                        ♪   ♪   ♪

それなのに作詞家と作曲家の印税が全く差がないんですよね(苦笑)

|

« Luxisの着うた | トップページ | ゴルフ大会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Luxisの着うた | トップページ | ゴルフ大会 »