« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

パーティー

20080228184431_3
きょう(日付が替わったから昨夜?)は作曲家の「神津善行さん」と、女優の「中村メイコさん」の『金婚式を祝う会』に、親友の「邦(クニ)ちゃん」作曲家 鈴木邦彦)と一緒に行って来た。

       ♪   ♪   ♪

神津さんと我々二人、そして曽根幸明さんの四人はNHKのテレビ番組「あなたのメロディー」という番組で七年間、毎週一緒だったので、プライベートでも、よくゴルフに行ってたなぁ。

       ♪   ♪   ♪

神津さんもメイコさんも若くて、元気そうだったし、幸せそうだったなあ。

       ♪   ♪   ♪

こういう会は、こちらまで幸せを貰えるようでいいね。

| | コメント (2)

2008年2月28日 (木)

久し振りの「ちあきなおみ」

昨日の「ブログ」を書き終わってから、女房と一緒に六本木ヒルズで食事をした。

       ♪   ♪   ♪

今月はボクの「誕生月」ということで、
なんと、そのお店から「無料サービス」をして貰ったよ。
凄く粋なサービスですよね。

       ♪   ♪   ♪

今日は、同じそのお店で エイベックスのY部長、Gディレクターなどと昼食を兼ねて、
打合せをやったんです。

       ♪   ♪   ♪

昨日のお店のサービスへの、ささやかな「お返し」でした(笑)

……………………………久し振りの
Photo

『ちあきなおみ物語49』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

中野サンプラザでの「リサイタル」を最後に、
ボクの頭の中からは「ちあきなおみ」と、Y社長の事は全く消えてしまっていた。

       ♪   ♪   ♪

八代亜紀との出会いで、「新しい挑戦」に夢中になっていたボクは、
いろんな作戦を立てて曲作りをし、
遂に第三作目のシングル『なみだ恋』が大ヒットした。
(ここでは「ちあきなおみ物語」だから、詳しくは書かない事にします)

       ♪   ♪   ♪

そのお陰で、ボクは「ちあき」の作品を自分で書けなくした「後悔と痛み」をすっかり忘れる事が出来た。

       ♪   ♪   ♪

そして今度は、八代亜紀のオリジナル・アルバムやシングル用の曲作りに追われる日々となった。

そうして、「ちあきなおみ」の事はすっかり忘れていた或る日のこと…。
まったく久し振りに、あの「Y社長」から電話が架かって来たのです。

(続く)

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

リンダが遊びにきました

今日は「リンダ・コラソン」が事務所に訪ねてきた。

来月の26日に、横浜でライブをやるので、その報告に来たんだという。

       ♪   ♪   ♪

当日、歌う曲目を聞いてみたら・・・。

1 Careless whisper

2 The House of the rising Sun

3 Love me Tender

4 Ichigo Hakushowo Moichido(いちご白書をもう一度)

5 Greatest Love of All

6 I will always love you

7 Forever

8 哀愁えとらんぜ

ちなみに「哀愁えとらんぜ」はボクの作品デス。

興味のある方は、ライブ会場Thumbs Upのホームページを見てみて下さいね。

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

社会保険事務所で

今日は、朝から「社会保険事務所」に行って来た。

確定申告をするのに必要な、国民年金の「源泉徴収票」が未だに届いてないので、
仕方なしに自分で出向いて取って来たんです。

       ♪   ♪   ♪

去年も、この書類が届かなかったので、ワザワザ取りに行ったんだけど、今年も又、届かないんだよね。

       ♪   ♪   ♪

頭に来て社会保険庁の業務センターに文句の電話を入れたら・・・、

「おかしいですね。こちらの記録では発送済みになってるんですが・・・」

はっきりは言わないけど、まるで紛失したのでは?という感じ。

去年も届かなかった話をすると、「こちらは発送した記録があるんですが、
もしかしたら郵便局の方の問題もありますからね」という返事。

「再発送には2週間くらいかかります」というので、止むを得ず自分で出向いたんだけど、
「郵便局の責任」」に話をすり替えられるとはねぇ。(怒)

       ♪   ♪   ♪

社会保険事務所まで、タクシーで駆け付けて、ドアーを開けて、びっくり!

入り口から奥まで、人、人、人でギッシリの超満員

3時間半ぐらいかかりますよ。
と告げられていた前のご婦人が、
「困ります!そんな時間なんか無いですよ」

       ♪   ♪   ♪

「えーっ!そんなに待たされるの?」と思って、ボクが来た理由を職員に告げると、

「この紙を記入して、向こうの係に渡して下さい」と言われて、
これは「あっという間に終った」から良かったけど・・・。

       ♪   ♪   ♪

わずか一つの業務センターで、あれだけの人が押し寄せている現実を見たら、
「社会保険庁」のあの問題は絶望的ですね。

       ♪   ♪   ♪

お役人さんや与・野党を問わず政治家の皆さんにも見て貰って、
徹底的な改革をお願いしたいですね。

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

今日も録音

今日も録音
今日も録音
連日スタジオワークが続いて、お陰でブログも休みがち。

        ♪   ♪   ♪

今日は、同じレコーディングでも演歌系の作品だったので、オーケストラの録音の2曲分が、約2時間で収録出来た。

        ♪   ♪   ♪

今日のレコーディングは僕の弟子の「大木惇史」の初録音でした。

オーケストラと同時に彼の「仮歌」も同時に録音 したんだけど、初めてにしてはリラックスしていい歌を歌って呉れましたよ。

        ♪   ♪   ♪

クラウンレコードのディレクターやスタッフにも、「初めてのレコーディングにしては大したもんですね」と言って貰ってよかった。

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

相変わらずスタジオに「缶詰」

昨日も、今日も、明日も、一日中スタジオの中。

事務所にも行けず、ブログを書く暇がないので、お休み。

「ちあきなおみ物語」もお休みします。

でも、続きを読んで下さいね。

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

今日もスタジオ

週明けの今日も、一日中レコーディングスタジオの中。

        ♪   ♪   ♪

午前中に立ち寄った月一度の検診では、主治医の先生から「血糖値のコントロールが良く出来てますね」と、誉めて貰ったせいもあって、意気揚々とスタジオに出掛けた。

        ♪   ♪   ♪

それにしても、演歌や歌謡曲と違って、ポップス系の録音は時間が掛かるんですよ。

今日は既に先週録音済みのオーケストラの上に、更に女声コーラスを重ねる作業。

何度も何度もダビングで音を重ねて、仕上げて行くんです。

演歌や歌謡曲だと、平均3時間程度で2曲のオーケストラは充分仕上がるんだけど…。

ポップス系では2曲で3〜4日、諸々作業を入れると5〜6日掛かってしまうんですよ。

今日のスタジオワークは午後1時から始めて6時頃終了。

これって、特別にスピーディーに行った方ですよ(笑)

        ♪   ♪   ♪

これで明日から、このオケに載せて歌の録音が始まるわけです。

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

レコーディング中

今日も(ちあきなおみ物語)をブログに掲載するつもりだったけど、一日中スタジオの中なので来週にしますね。

        ♪   ♪   ♪

今日のスタジオは「ゆっち」(曽根由希江)デビューに向けての初録音、まだ録音の真っ最中ですが一生懸命歌唱中の「ゆっち」の画像だけをお見せしますね。

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

ちあきなおみ物語48

Photo

『ちあきなおみ物語48』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

「ちあきなおみ」のステージを観る為に赴いた
中野サンプラザで再会したY社長は、

「先生、是非“ちあき”の部屋に行って、声を掛けてやって下さい。
喜ぶと思いますから・・・」
と言って、ボクを説得した。

でも、結論から言うと、結局ボクは「ちあきなおみの楽屋」を訪ねませんでした。
・・・というより、訪ねる勇気が無かったのでしょうね。

       ♪   ♪   ♪

そして、ボクはこの日のステージの様子を、又もや「記憶喪失」しているようで、
全く憶えてないのです。

       ♪   ♪   ♪

帰りぎわに、自分の名刺に「メモ」を書いて、「ちあき」に渡して下さい、と
Y社長に渡したことだけを憶えているのです。

「メモ」には、
『すっかり成長しましたね。おめでとう!とても嬉しいよ!』

と書いたのだけは、今でもよく憶えていますが・・・。

「何だ、どうしようもない奴だね!」・・・と思われるかも知れませんね。

       ♪   ♪   ♪

・・・とても「変な例え」ですが、
自分が恋をした女性の結婚式に招待されて、「彼女の幸せを祈ろう」と思いながら、
『茫然自失』状態になっている駄目男の心境だったのじゃないかと思いますね(苦笑)

       ♪   ♪   ♪

・・・こうして歌手「ちあきなおみ」とボクの距離はどんどん遠くなって行き、
ボクは反比例して「八代亜紀」の歌づくりに没頭して行ったのですが・・・。


       ♪   ♪   ♪

実はまだ、「ちあきなおみ」との縁は、この時が最後じゃなかったのです。

| | コメント (0)

2008年2月13日 (水)

ちあきなおみ物語47

Photo

『ちあきなおみ物語47』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

Y社長からの突然の電話は、
“ちあきなおみ”の成長した姿を見届けて欲しい」という事だった。

       ♪   ♪   ♪

たしかに『喝采』を発表した後の彼女は、歌もステージも、そしてCMのコミカルな演技も、
自信満々で、テレビ番組にも引っ張りだこの、まさに順風満帆だった。

       ♪   ♪   ♪

一方で、ようやく「プラモデル作り」から卒業したボクの方はというと・・・。

新しく目の前に現れた「八代亜紀」という歌手を、どう育てたらいゝか、
「試行錯誤」を重ねていた。

       ♪   ♪   ♪

その日・・・
指定された「中野サンプラザ」のホール入り口で、長身のY社長がボクを待っていた。

近づいた二人は、どちらからともなく照れ臭そうに握手

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

ちあきなおみ物語46

ゆっち(曽根由希江)のデビューに向けてのレコーディングが間もなく始まります。

       ♪   ♪   ♪

先週の土曜日と、昨日の月曜日は、最後の仕上げをじっくりやって、
あとは本番を待つのみ。

       ♪   ♪   ♪

今日はアレンジに関しての最後の打合せをFディレクターとやった。

デビューに関する報告が出来る時期が来たら、詳しくお知らせしますので、是非、応援して上げて下さいね。

       ♪   ♪   ♪

それと、エイベックスのY部長と、打合せを兼ねた昼食。

そして、食後2時間後、血糖値が上がり過ぎないように、
久しぶりの「プール・ウォーキング」に行って来た。
会社から徒歩で8分ぐらいのスポーツクラブなのに、仲々、続かないんだよね。

Photo

『ちあきなおみ物語46』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

そして、ボクの「プラモデル作り」がようやく終わったのは、或る日、テイチク・レコードの
ディレクターK氏が、一人の女性歌手を連れて事務所を訪ねて来てからの事だった。

       ♪   ♪   ♪

「実はこの子を何とか世に出したいので、是非、先生の力をお借りしたいのです。」

・・・と言って、連れて来たのが、レコードを出したものゝ、
まだ売れてなかった「八代亜紀」だったのです。

       ♪   ♪   ♪

そうして、又、ボクは「八代亜紀」にノメリ込んで行くのだが・・・。

「ちあき」の話に戻りましょう。

       ♪   ♪   ♪

こうして、「プラモデル」から卒業して、再び作曲を始めたボクの所に、
なんと、「あのY社長」から電話が架(か)かって来たのですヨ。

ボクは、プラモデルを続けた事で、Y社長への「ワダカマリ」も無くなって来ていた。

       ♪   ♪   ♪

今から思えば、ボクの所に電話をするのは随分勇気が必要だったのだろうね。

それでも、ボクの静かな応答で、彼はすっかり昔の侭の話し方に戻っていた。

       ♪   ♪   ♪

「先生、”ちあき”が中野サンプラザでリサイタルをやります。
是非、聴きに来てやって下さい」
という話。

       ♪   ♪   ♪

ボクが彼女に曲を提供しなくなってからしばらくして、
「喝采」吉田旺作詞、中村泰二作曲)が大ヒットした後の、リサイタルだった。

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

ちあきなおみ物語45

「先生、1日遅れの誕生日プレゼントです!」
今日、レッスンに来た生徒さんの一人が、大きな花束を抱えて入ってきた。

色とりどりの花のうちのひとつは、新種だそうで、売っていた花屋の店員さんも
「まだ咲いたところを見たことがない」ものらしい。

え?何歳の誕生日かって?それは内緒!(笑)

写真は、スタッフと入山アキ子クンに囲まれて花束を受け取っているところ。

080108

Photo

『ちあきなおみ物語45』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

「ちあきなおみ」との・・・というより、彼女のマネージャーとの、この出来事で受けたショックは思ったより傷が深くて、作曲の仕事が全く出来なくなってしまった。

       ♪   ♪   ♪

まるで、今で言う「引きこもり」の状態。

ボクはピアノの前に座る事さえ出来なくて、
毎日「プラモデル作り」にのめり込んでしまった

       ♪   ♪   ♪

SLのD51(デゴイチ)が終わると、軍艦。

航空母艦が完成すると「零戦(ゼロセン)」。

朝から晩まで、何も考えずたゞ「プラモデル」と格闘。

       ♪   ♪   ♪

レコード会社との連絡も殆ど取らなくなってしまった。

       ♪   ♪   ♪

Photo

「ちあきなおみ」に会わなくなった後に、
このシングル『無駄な抵抗やめましょう』は発売された。

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

ちあきなおみ物語44

今日は、リンダ・コラソンがマネージャーと一緒に訪ねて来てくれた。

デビューの頃の話等、2時間くらい色んな話で盛り上がった。

       ♪   ♪   ♪

3月26日に横浜でライブをやるのそうなので、是非いってみようと思ってます。

       ♪   ♪   ♪

彼女が帰ったら行き違いに、ゆっち(曽根由希江)が、まだ指に大きな包帯をしてレッスンに来た。

       ♪   ♪   ♪

二人とも、どういう訳か黒い洋服で来たので僕と合わせて3人真っ黒。

真っ黒同士で記念撮影したよ。
080207rinda

080207yukie

Photo

『ちあきなおみ物語44』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

ボクが徹底してプロダクションのY氏に会う事を拒んだ事は、
当然、コロムビアの中で問題になって、頭を抱えていたようだ。

       ♪   ♪   ♪

何日か経って、少しだけ冷静さを取り戻したボクは、
これでは結局「ちあき」を悲しませているだけだ
という事に気付いて、
コロムビアのS部長を訪ね、「内容証明の手紙」で騒がせた事の詫びを言って撤回した。

       ♪   ♪   ♪

・・・そして、その後、ボクは「ちあきなおみ」に会う事は二度と無かったのです。

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

ちあきなおみ物語43

Photo

『ちあきなおみ物語43』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

今から考えてみれば、随分「かたくな」だったと思うのだけど・・・。

       ♪   ♪   ♪

「キンコーン、キンコーン」
「どなたですか?」
「先生、Yです。お詫びに来ました。」

・・・一瞬、沈黙。

       ♪   ♪   ♪

「今、会ってしまうと、又、ボクの弱さで、この怒りがウヤムヤになって仕舞う」

ドアを開けないのには、大変な努力が必要だったけれど、
「お詫びに来ました」で、氷解するほど、ボクの怒りは尋常では無かった

       ♪   ♪   ♪

「キンコーン、キンコーン」
次の日も、早朝にドアのチャイムは鳴った。

       ♪   ♪   ♪

夜の遅いボクは「夢うつゝ」でチャイムを聞いた。
こんどは応答をしなかった。(・・・というより、出来なかった)

       ♪   ♪   ♪

何日めかの朝には、遂に、「ちあきなおみ」が訪ねてきた。
さすがにドアを開けると、
「社長の使いで来ました」と言う。

手には土産物らしきものを抱(かか)えていた。

       ♪   ♪   ♪

それでも、完全に心を閉ざしてしまったボクは
「ゴメンね。君が悪い訳じゃないけど、ボクはもう社長に会いたくないんだよ。
社長には、そう伝えて・・・」   

       ♪   ♪   ♪

「ちあき」は心なしか、悲しそうな表情で帰って行った。

       ♪   ♪   ♪

「随分、心が狭いね!」
そう思われるでしょうね・・・。

そう!今のボクは、あの頃を振り返ってみて、「そう思います。」

       ♪   ♪   ♪

・・・でも、今迄、一緒に「ちあきなおみ」を育てゝ来た仲間から「投げ付けられた言葉」は完全にボクの心を閉じさせてしまったのでしょうね。

       ♪   ♪   ♪

その日から、ボクは「ちあきなおみ」と、プロダクションに会う事は無かったのです。

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

ちあきなおみ物語42

 Photo

『ちあきなおみ物語42』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

その日、自分の部屋に帰ったボクは
「何を、コソコソやってる!」と言われた言葉が頭から離れなくて、
朝まで眠れなかった。

           ♪   ♪   ♪

スタジオの中で自分の弟子を「口説いた」訳でもないし、
「プロダクションに内緒で、仕事してよ」と頼んでた訳でもないのに
「コソコソ」とは何だ!

           ♪   ♪   ♪

「ヒソヒソ」なら内緒話で済むけど、「コソコソ」では人に隠れて「うしろ暗い」事を
やったみたいじゃないか!

           ♪   ♪   ♪

ボクは、これ迄の人生で、「あんな口調」で人から罵倒された事がなかったので、
恥ずかしい話ですが、本当に傷ついてしまったんです。

           ♪   ♪   ♪

時間が経つにつれて、「怒りが収まる」どころか、
「プライドが傷つけられた」という思いが益々増幅して来て、
「もう、彼と仕事をするのは厭だ!」とまで思ったんです。

           ♪   ♪   ♪

そうして、今思えば「若気の至り」・・・というより、
「思い上がっていた」というのでしょうか?

「私の作品の全てを、”ちあきなおみ”が実演で歌う事を禁止する」
という『内容証明』の手紙を出してしまったのです。

バカですね。(苦笑)。

「ちあきなおみ」が悪い訳じゃないのに・・・。
(彼女はボクと一緒に怒鳴られた方なのにね)

           ♪   ♪   ♪

コロムビアでは当然、部長の所に「内容証明」の手紙は届けられた筈なんだけど
先方からは何の連絡も来なかった。
その替わりに翌日から、赤坂から引越した新しいボクのマンションに、
当の社長が日参する事になったのですが・・・。

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

ちあきなおみ物語41

Photo

『ちあきなおみ物語41』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

「ちあきなおみ」が、良い歌を歌って、録音が一段落した休憩中に、
師匠と弟子はスタジオの中で談笑してした。

           ♪   ♪   ♪

そこへ、プロダクションの社長が顔色を変えて
凄い勢いで飛び込んで来たのだから、
ボクも、「ちあきなおみ」も、たゞ、呆然(ぼうぜん)・・・。

           ♪   ♪   ♪

「何だろう?」と思う間もなく、社長は大きな声で、ボクの方に向かって

何をやってるんですか!?二人でコソコソと!

それから「ちあき」に向かって「部屋から出て行きなさい!」というように顎をしゃくった。

           ♪   ♪   ♪

「ちあきなおみ」が呆然とした感じで部屋を出るのを待って、社長はもう一度、
ボクに向って、「困るんだよな。勝手にコソコソと内緒話をされると!」
と繰り返した。

社長がこんな口調でボクに話しかけたのは、後にも先にもこの一度だけだった。
「内緒話なんかしてないよ!」
ボクも「カーッ!」となって、大声で怒鳴り返した。

           ♪   ♪   ♪

「怒り」で頭の中が真っ白になってしまったボクは、
その後のことを、何にも憶えていない。

           ♪   ♪   ♪

今でも、「あの後、録音はどうしたんだろう?」と思い出そうとするけど、
どうしても思い出せないんですよ。

           ♪   ♪   ♪

頭に来たボクが、「気分が悪い!今日はこれで止めよう」と言って中止したのか?
それとも何も無かったように装って、録音を続けたのか?

           ♪   ♪   ♪

どちらにしても、ボクが本当に冷静になって、その後の録音に立ち会ったとは思えないし、
仮に、その侭続けたとしても、彼女の歌も、きっと良い出来ではなかっただろうね。

 

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

ちあきなおみ物語40

昨日は、「ゆっち」(曽根由希江)の特別レッスンだったのが「指を思いきり切ってしまい、尋常じゃない状態になってしまいました。」と連絡があった。

           ♪   ♪   ♪

暫くすると、病院で緊急に処置して貰ったので、「今から行きます!」というのを、無理矢理に説得して、今日に延期した。

           ♪   ♪   ♪

今日、事務所にやって来た彼女は「左手の人差し指」を包帯でグルグル巻きにして、まだ痛そうでしたね。

           ♪   ♪   ♪

よく聞くと「カミ剃り」を握ってしまったのだそうだ。

「自分のドジさに呆れ返った」と自嘲する彼女の指を披露しましょう。

200801311312000

Photo

『ちあきなおみ物語40』 ~ボクの中の“ちあきなおみ”~

 

実はM銀行の融資の話が、こんなにうまく行ったのには、訳があるんだけど・・・。
それを話すと、又々、話が廻り道するので、止めときましょう(笑)。

           ♪   ♪   ♪

あの日も「ちあきなおみ」の録音は実にスムーズに、そして実になごやかに進行していた。

           ♪   ♪   ♪

一曲終わった所で調整室を出て、ボクは
良かったよ!次に行くまで少し休憩しようか」と
マイクで言ってから、彼女のいるスタジオの方に入って行った。

           ♪   ♪   ♪

1曲歌い終わってホッとしたのか、彼女はニコヤカに話しかけて来た。

「淳二郎(じゅんじろう)さん※の録音は何日なんですか?」

           ♪   ♪   ♪

ここんところ、多忙な毎日で、遠ざかって居た教室の話題などをしてる内に、
彼女の表情もなごやかな雰囲気になってきた。

「ところで、三恵子ちゃん、M銀行に口座を一つ作って呉れないかなー」

「えゝ、いいですよ。どうすればいいんですか?」と「ちあき」

「ありがとう!そしたらサー」・・・と夢中で話を続けてる時、突然
凄い形相をしてプロダクションの社長がスタジオに入って、
こちらに近づいて来た。

※淳二郎(本名小松道郎。キングレコードからデビューしたボクの弟子で、
ちあきなおみと淳二郎はボクの教室の同期生のようなもの)

Photo
「X + Y = LOVE」の次のシングル「別れたあとで」のジャケット写真。
コロムビアは、この年に、なんと4枚のシングル盤を発売した。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »