« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »

2007年10月28日 - 2007年11月3日

2007年11月 3日 (土)

「歌の甲子園」東京大会

今日、3日は朝から歌の甲子園だった。

…という事で、審査委員長のボクはヘトヘト。

Photo
会場で審査する審査員

でも、疲れたけれど、 来年の全国大会出場者が4人決定したので一安心 。

この4人が来年の春、東京地区代表として、全国から集まる精鋭と闘うんです。

Photo_2
審査員を囲んで記念撮影の入賞者達

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

深夜まで録音

昨日は深夜まで、唐木淳君の新曲の録音だったのでブログが書けなかった。

Karaki_rec

           ♪   ♪   ♪

1曲は、お父さんの黒木憲が歌った“別れても”という曲の「リ・メイク」。

もう1曲は“六本木恋ものがたり”というデュエット曲。

結構、いいサウンドで出来上がって良かった。

早く皆さんにも聴いて貰いたいですね。

| | コメント (0)

2007年11月 1日 (木)

VTR録りで一日…

Photo

今月の16日、愛知県・一宮市で『トーク&コンサートinいちのみや』という会が催される。

レコード協会と、音楽著作権協会の主催なんだけど、ボクはその中で「歌づくり」に関する「トーク」と、「歌唱指導」をする予定。

           ♪   ♪   ♪

コンサートの出演者は、今度ボクが新曲を作った「唐木淳」くんと、やはり何年か前に曲を書いた「真咲よう子」さんの二人。

名古屋方面の方、よかったら聴きに来て下さい!

           *   *   *

今日は、その唐木君の“レッスン風景”と、ボクの“曲創り”に関してのインタビューが自宅であった。

撮影は午後2時から、6時頃までかかっちゃったよ。

           ♪   ♪   ♪

撮影終了後、もう一度、1時間半の本格的なレッスン。

ボクのレッスンは結構シツコイからね(笑)

           *   *   *

なんだか今日は、それだけで一日が終った感じ…。

| | コメント (0)

2007年10月31日 (水)

『ちあきなおみ物語33』

Photo
『ちあきなおみ物語33』

そして、ボクは切羽詰まった状態で、“黒木憲”のアルバム『ふるさとの川をあつめて』の12曲を、「半病人」のような状態なんとか書き上げた。

* * *

ところがまだ「ちあき」の12曲が残ってる…。

ボクは休む間もなく、次から次に送られて来る、何人もの作詞家の作品に曲をつけましたよ。

♪ ♪ ♪

そして、兄に言われた「おまえの曲は難しい」、という言葉を思い出しながら、あの、白鳥さんが渡して呉れた「便箋のメモ」に挑戦したのです。

「易(やさ)しく!易しく!」…と言い聞かせながらメロディーを作った。

“詞の字数”は意味が変わらないように注意しながら、メロディー本位に勝手に替えて、後で白鳥さんに了承して貰った。

遂に出来た!と思った瞬間に、ボクはベッドに倒れこんでしまった。

それから何日間か高熱が続いて、遂に事務所のマネージャーに泊まり込みで氷枕の氷を取り替えて貰った。
* * *

そんな無理をした結果、この曲のオーケストラを録音する肝腎な日に、ボクは起き上がる事さえ出来ず、スタジオから電話を貰って… 
「テンポをもっとゆっくりして下さい」
「そうそう、それ位です」なんて言う始末でした。

♪ ♪ ♪

こんな無理な録音をした曲が、この時の12曲の中から「シングルカット」されて、アルバムのメインタイトルになったのだから面白いものだね(笑)

Photo
この年の四月に発売されたシングル「四つのお願い」に続いて、七月にはアルバム『四つのお願い〜あなたに呼びかける ちあきなおみ』が発売された。

| | コメント (0)

2007年10月30日 (火)

『ちあきなおみ物語32』

Photo
『ちあきなおみ物語32』

前にも言ったけど、ボクは「ちあき」の曲ばかりに拘ってはいられなかった。

           *   *   *

いしだあゆみ小川知子由美かおるなどのシングル用作品を依頼されていたし、東芝レコードからは、「黒木憲のアルバム」用に12曲のオリジナルを依頼されていたんです。

           *   *   *

そのうち、"筆の速い丹古晴己さん"から『黒木用』といっては次々と詞が届き始めたものだから、ボクは「お尻に火が付いた気分」になっていた。

これはもう、「ひとつ、ひとつ片付けて行くしかない」と割切って作り始めた。

           *   *   *

ところが…、今度はコロムビアから、急に「ちあきなおみ全曲オリジナルアルバム」を出すことになった。"超特急で仕上げて欲しいと"という話が飛び込んで来たんです。

           *   *   *

「黒木(東芝)」と「ちあき(コロムビア)」のオリジナルアルバムが殆んど同時に発売される。(…という事は殆んど同時に24曲を作曲しなければならないワケ)

しかも、二人とも「ボクのデビューさせた歌手」という事で、「全曲、お前が作れ」という話。

これは確かに「誰にも任せられない」仕事でした。

           *   *   *

そして、この「ちあきなおみ」オリジナルアルバムの"企画・構成"が白鳥さんだったんですよ。

〜つづく〜

Photo_2
黒木憲のオリジナルアルバム「ふるさとの川をあつめて」のジャケット写真。

| | コメント (0)

2007年10月29日 (月)

『バス旅行会』2

Bus03

28日はボクが主宰している「歌謡アーティスト連盟」の有志による『バス旅行会』だった。

行き先は山梨県の『石和(いさわ)温泉』

週間天気予報では雨の予想だったのが、前日の台風一過で、朝から快晴。

中央高速で山梨県に近づくに連れて、車窓から富士山が見えて来て。

バスが右にターンすると左側に…。そして右に曲ると正面や左の方に冠雪した姿がみえるんですよ。

その度に、「きゃーっ!きれい!」。「わー凄い!」と、みんなの歓声。

           *   *   *

『観光バス』は途中で「昇仙峡」に寄り道、ロープウェイで山頂に登ると、真正面に「特大の富士山」
Bus01

目的地「石和温泉」のホテル八田に到着する迄「お腹(おなか)一杯」の富士山だったよ。

到着後はそれぞれに「ワイン風呂」「露天風呂」で疲れを癒した後『歌の研修会』

           *   *   *

ところが隣の広間は、なんと「太鼓入り日本民謡」の宴会。

こちらも負けずに50人で『溺れ酒』「終着ノサップ」の大合唱!

Bus02 

楽しいひとときだったよ。

| | コメント (0)

2007年10月28日 (日)

バス旅行

歌謡アーティスト連盟「バス旅行」で山梨県のホテル八田さんに来ています。

【ワイン風呂】
01
山や川、等の大自然が眺められる展望ワイン風呂

【露天風呂】
02
癒しの湯、庭園露天風呂

| | コメント (0)

『ちあきなおみ物語31 』

Photo
『ちあきなおみ物語31』

3月に臨時発売した『モア・モア・ラヴ』は企業の方から持ちかけられたアパレルメーカー・サンヨーのキャンペーンソング、そしてB面の「愛の荒野」TBSドラマ「愛の荒野」の主題歌で、“飛び入り”のようなもの…。

           *   *   *

「今度、出す曲は本当の意味で“勝負曲”になる」と思っていた時の、白鳥さんが呉れた「メモ」。

           *   *   *

開いてみると便箋に走り書きで、
「例えば私が恋をする時はね…」という出だし。

その後が、まるで“数え唄”みたいに…
「ひとつやさしく愛して欲しいわ!」…と続いてる。

ボクは「こんな詞にメロディーが付けられるワケないじゃない!」と思ったね。

           *   *   *

そんなボクの顔を見て、白鳥さんは、ニタニタ笑ってるじゃないですか…。

「まあ、一応やってみますが…。」と無責任に言っておいたんですがね。

〜つづく〜

| | コメント (0)

« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »