« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日

2007年10月13日 (土)

「車椅子」&『ちあきなおみ19』

言い忘れてたけど、昨日、「エイベックスとの会議」の前に、アレンジャーの竜崎孝路さんと、「唐木淳」の次回発売・シングル候補曲の編曲について綿密な打ち合せをやった。

勿論、唐木本人も立ち合わせたよ。

…ところが竜崎さんは、奥さんと、中学生の息子さんに付き添われて、車椅子でやって来たんです。

ボクはあらかじめ、事情を電話で聞いていたし、実は何年か前も、似たような事があったので、そんなに驚かなかったとは言うものの、実際にその姿を見ると、とても痛々しかった。

           *   *   *

車椅子の理由は、何かで左足を痛めてしまって、こんどはそれを右足ばかりで庇(かば)い過ぎて、こちらが痛んだという事らしい…。
痛々しい姿だったけど、打ち合せは実にスムーズに行ったよ。

ボクがインスタントに書いた“イントロ(前奏)のメロディー”を竜崎さんがキーボードで、テナーサックス・の音色で弾く。

「その続き」をボクがピアノで弾く。

「わぁー格好いゝ!」
「これ、イントロ、この儘いけますよ!」
「そうしましょう!」

こんな感じで竜崎さんの痛々しい姿を忘れて打ち合せが終了。

帰りぎわに竜崎さんは、
「車椅子はオーバーだけど、痛みはないから心配しないで下さい。」
と言ってたけど…。

大変だろうなぁ。
早く治って欲しいな!

______________________________________________________________________________________________________________________

Photo

『ちあきなおみ物語19』 〜ちあきなおみ誕生〜

最近の歌手やタレントは、苗字(みょうじ)の無い芸名を付ける人が結構いるよね。

例えば、“優香”とか“小雪”、それに“りょう”とかね…。

ところが「ちあき」がデビューした昭和44年(1969)頃は苗字がちゃんとあって、下の名前が揃った芸名が常識だった。

           ♪   ♪   ♪

…だから吉田マネージャーが、芸名を「ちあき」にしたい、と言いだした時には、ボクもKさんも、「まさか、〈ちあき〉だけじゃ格好つかないよ」

「瀬川ちあき?それとも、ちあき三恵子?」…と彼に聞いたもんですよ。

すると吉田マネージャーは、「実は坂本竜馬の親戚に“滝ナオミ”(ボクの記憶が確かなら)という人物が居て、その人の名前を是非付けたいんですよ」と、珍しくこだわり続けた。
(日頃から吉田氏は坂本竜馬を尊敬してると、公言していた。)

           ♪   ♪   ♪

「だから、その名前を頂いて、“ちあきなおみ”っていうの、どうでしょう?それも全部、平仮名で…」と彼は続けた。

ボク:「そういえば“いしだあゆみ”も全部平仮名だねぇ」

Kさん:「“どうでしょう”って吉田ちゃん、もう決めてしまったように言ってるじゃないの(笑)」

吉田「じやあ、これで行きましょうよ!」

…といった“やりとり”があって、「コロムビアが賛成したら、それで行きましょう」と、いう結論になった。

           ♪   ♪   ♪

こうして「瀬川三恵子」から『ちあきなおみ』が、めでたく誕生したという訳であります。
〜 つづく 〜

| | コメント (0)

2007年10月12日 (金)

「アサヒ芸能」

週刊『アサヒ芸能』から、やっぱり「ちあきなおみ」の写真を提供して欲しい、という連絡があったのて、既にこのブログに載せた写真を貸すことにしました。

10/16(火曜)の発売だそうです。

           *   *   *

今夜はエイベックスのスタッフと「O's」の事で会議をして、随分遅くなっちゃった。

「ちあきなおみ」のお話は間に合わなかった。

アサヒ芸能の話の方が、あんまり先に行っちゃうと困るなぁ…。

でも、まぁ、ボクのブログの方が詳しいと思うけどね(笑)

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

打合せ

今日は某レコード会社の部長、ディレクターが事務所に来て打合せ。

何の打合せかはヒミツだけど(笑)。

いくつかのプロジェクトを同時進行させているので忙しく、充実しているんだけど、プールになかなか行けないのが辛いところ。

皆さんは忙しくても、ジム通いとか、きちんと続いてるのかな?

これから打合せを兼ねた食事に行かなくちゃいけないので、「ちあきなおみ物語」はお休みします。

| | コメント (0)

「マッサージ」&『ちあきなおみ物語18』

何でだろう?とにかく忙しくて…。

急いで歯を磨いて、急いで朝飯たべて、急いで駅に出て、電車に飛び乗って…。事務所に出かけて行く。
サラリーマンでもないのにね(苦笑)

「あなたは自分で忙しくしてるだけなのよ。」と、妻が言う。

決して忙しいのを楽しんでる訳じゃないんだけどね。

           *   *   *

とにかく、肩も首も凝って仕方ないので、行きつけの新橋の治療院でマッサージをして来た。

「3ヵ月ぶりじゃないですか?」と言われて、「そういえば、この間も美容院で同じこと言われたな」と思い出した。

ここの所、お弟子さんや社員の前で、首や肩をグルグル廻しながら、「あゝ疲れたー」と、謎をかけるような仕草をすると、「肩を揉みましょうか?」と、言って呉れるので、つい甘えてたからね(悪いヤツだね…笑)

それで「本職のマッサージさんはどうだったか?」って?

「お金を払う分だけ」長い時間やって呉れましたよ。(笑)

______________________________________________________________________________________________________________________

Photo

『ちあきなおみ物語18』〜 芸名・「ちあき」〜

吉田:「フジ・テレビの千秋与四夫(プロデューサー)さんの“千秋”を貰いましょうよ」

ボク:「せんしゅう?」

吉田:「いや、センシュウでは他の局の“乗り”が悪くなるので、平仮名(ひらがな)で「ちあき」ですよ…。」

ボク:「ふーん?」

K:「吉田チャン。それで本当に千秋さんが応援して呉れるの?」

吉田:「凄く乗って呉れてるんですよ。それで名前の話にも乗り気なんですよ。」
…と、こんな「やり取り」で結構、時間が経った。

           *   *   *

当時の「千秋」氏は、確かに「売れっ子の敏腕プロデューサー」として飛ぶ鳥を落とす勢いの、業界でも有名な人だった。

しかし、ボクもKさんも、「本当に千秋さんが、芸名・〈ちあき〉の話に本気で乗って呉れてるのか?半信半疑ではあったが、まぁ、それで千秋さんが少しでも応援して呉れるのなら「心強い」という事で、「ちあき」賛成の方向に話が傾いて来た。

〜 つづく 〜

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

「天井裏の洋服」&『ちあきなおみ物語17』

朝から(…と、言っても限りなく昼に近い)天井裏の納戸に上がって、夏と秋の洋服の入れ替えをやった。
今年は九月まで暑かったので、何処のお宅でも、薄めの生地のものは殆ど着ないままになりそうだね。

階段の「昇り、降り」は「慎重に、慎重に!」ど言い聞かせながらやったよ。

足が引っ掛かったりしたら「まっ逆さま」に落ちて、首の骨なんか簡単に折れちゃうからね。

まぁ、とにかく無事に入れ替えは終了しましたよ。

______________________________________________________________________________________________________________________

Photo
『ちあきなおみ物語17』

録音が終了してからボクのレッスン室には、コロムビアのディレクター、プロダクションの吉田尚人氏、それに隣の事務所(…て言っても、まるでボクの事務所みたいな感じになってたけどね)の人達、その他にもいろんな面々が集まって来るようになった。

勿論、ボクは「ちあき」の仕事しかやってない訳じゃないから、他社のディレクターや歌手も来てはいたんだけどね。

           *   *   *

特に、吉田マネージャーはいろんな情報を持って来るようになった。

早速、コロムビアと協力して、発売前のプロモートを展開し始めたらしい。

           *   *   *

「いやー、何処に行っても、“凄い新人が出た”という評判なんです。」

「特にフジテレビのプロデューサーが乗ってます」

こういう報告は幾ら聞いても嬉しかった。

           *   *   *

ボクが「早く芸名を決めなくちゃね。」と言うと…

「それなんですが…」
彼は一段と大きな声で話し始めた。

〜つづく〜

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

テレビ・コマーシャル

歌の甲子園・埼玉大会」で狭山市に行く途中のこと…。

新宿から「山手線」に乗り換えて、高田馬場まで行く途中、車内のドアの上のテレビ画面をみていたら、ビールの宣伝をやっていた。

           *   *   *

ないものは作るしかない!」…という文字が出た後で、大勢の人たちが踊りだすんだけど、音声は出ないのになんだか面白くて、つい見とれてしまった。

音なしで、これだけ見せるのだから、かなりインパクトのある CMだよね。

ついつい見とれて「高田馬場」で乗り換えるのを、またまた忘れそうで、慌てて飛び降りたよ。

それにしても、ボクは、いろんな事に見とれるんだな…と気が付いたよ。

…ところが、次の西武線に乗り換えてから、「さっきの面白いCMは何ビールのだっけ?」

えーと、サッポロ?それともアサヒ??キリン??

CMも、あまりインパクトが強かったり、ストーリーが面白いと肝心な事を見落とす時があるんだよね。

           *   *   *

オモシロイといえば、こんなテレビのコマーシャルを見たことない?

ゴルファーがボールを打つ為にスイングを始めようとする…。
そこで画面には「ゴルフ・ボールが大きくズーム・アップ」

ところがなんと、ボールには蜂が止まってる

プレイヤーは「うん?」という顔をしてボールを見つめるが、どうしても打てない。

この人の顔がなんとも滑稽なんだよね。
…そこで、今度は蜂が逃げる。

…そこで、再びボールを打とうとクラブを振ろうとするが…

見ると、又、ボールに蜂が止まっている。

ブレイヤーの何ともいえない目と、真剣だけど困ったようなオーバーな表情の顔がクローズアップアップ。
何度見ても、吹き出してしまう。

ボクはこのコマーシャルが大好き!

これって何のCMでしたっけ?

ゴルフ・ボールのメーカー?
スポーツ用具のメーカー?それとも保険会社?

皆さんスポンサーの名前憶えてます?

スポンサーや広告代理店には、ちょっとショックな話かもね。

______________________________________________________________________________________________________________________

全国歌の甲子園 埼玉大会 結果 ボクのホームページから

| | コメント (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »