« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »

2007年8月5日 - 2007年8月11日

2007年8月11日 (土)

「としみ(田川寿美)のエピソード」の時の約束

今日から15日まで事務所は「お盆休み」ボクは3日間の暑い暑い東京ぐらしに疲れ果て、又軽井沢に帰って来た。

今日は「8月3日(金)」の「特別合宿」でとしみ(田川寿美)のエピソードの時約束した「軽井沢合宿」の写真をご披露します。

070810toshimi1

070810toshimi_2_3 

写真(上)は軽い沢の仕事場の玄関前に立った「としみ」

写真(下)は堀越学園2年生でデビューした後、「としみ」(もうかなり都会っ子の雰囲気)

『先生は木にぶら下がってます』と報告したのはこの1年前。(この時の写真が今回見当たらなかった。ゴメンなさい!探しときます。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

やっぱり東京の生活は何だかんだと忙しいね。

やっぱり東京の生活は何だかんだと忙しいね。

昨日は昼過ぎから瀬口侑希さんのレコーディングの為の、アレンジ打ち合わせで、日本クラウンのスタッフ4名と竜崎孝路(アレンジャー)さんが六本木のボクの事務所に集合"霧にむせぶ夜"のアレンジの打ち合わせを念入りに行った。

何日か前にも書いたけど"霧にむせぶ夜"は故・黒木憲君の歌でミリオンセラーを出した曲。

…で、今日も又、その黒木君の息子、唐木淳君の歌の仮レコーディングを事務所でやった。

普通編集作業には歌手は立ち合わないが、今回は敢えて「勉強になるから」と言って立ち合わせた。

歌と編集作業、合わせて5時間くらいかゝった。

  ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

事務所のクニイ君と唐木君それにボクの3人で西麻布の焼き鳥屋「鶏繁」へ…。

疲れた後の生ビールと焼鳥はうまかったねー。

ゴックン!ゴックン!お変りー!「うま~い!」(失礼しました)

特に今日は暑かったし…。

070810suzukikuroki

黒木憲君とボクの若い頃の写真が出て来た。

四国キャンペーンに行った時浜辺で…。

「左が黒木・右がボク」と注釈を付けなければならない程、二人が若いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

あーッ!きのう

あーッ!昨日遂にブログ開設以来初めての日記が間に合わなかった!

久しぶりの東京で、何だか急に忙しくて精神的に追われてしまった1日だった。(だから、これ8月8日分)

  ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

8日1時30分から六本木ヒルズで「杉本眞人」氏と対談。(…と言ったって、有名雑誌社の対談じゃなくて、ボクが主宰してる「歌謡アーティスト連盟」発行の季刊誌『Music Journal』夏号に掲載するもの)。

ちなみに『Music Journal』は歌謡アーティスト連盟の会員には無料で配布される。

杉本さんは彼自身の作曲した吾亦紅(われもこう)が大ブレークしてCDもライブも好調。

ボク自身もこの曲を聴いて感動したので、作品が出来上がって行く経緯(いきさつ)、プロセスなど、たっぷり聞かせて貰った。

Sugimoto

  ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

対談の終わった後、作詞家の木下龍太郎さんに事務所に来て貰った。

唐木淳君が歌う「メロディー先行」の曲に詞をハメ込む作業をして貰う為だ。

ラテンリズム系の曲に、いわゆる「七・五調」ではない詩をハメ込む訳だから大変な仕事だと思う。

木下さんとはボクが少しだけ大学の先輩になるし、作家デビューもまあ少々早い。

ということで少々強引に、ボクの事務所で「カン詰め」にしたんだけど、とても快く、しかも曲にぴったりの詩を書いて貰った。

感謝の意味も込めて、六本木ヒルズで乾杯!

結局、久しぶりの東京は昼も夜も「六本木ヒルズ」の食事だったよ。

Hills_3   

きのう杉本氏と対談しながら食事したのも、木下龍太郎氏とカンパイ!&ディナーをしたのもこのビルの中の51階。

眺めが抜群のレストラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

ギックリ腰

朝食後コーヒーを飲んだ。
我が家のコーヒーは、ハワイの「コナ・コーヒー」“バニラ&マカダミア”と「ブルー・マウンテン」をブレンドしたもの。
とてもマイルドで、香りが素晴らしい。

この味に慣れてしまうと、なかなか外で飲むコーヒーに満足出来なくなる。

    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

“我が家ブレンド”に満足したボクは、急に仕事部屋のガラス磨きがしたくなった 。
4枚ある窓にクリーナーを吹き付けて、雑巾で汚れを拭き取る。

その後、仕上げはティッシュで残ったクモリを優しく拭き取る。

これで見違えるほど綺麗になった。
(白状すると、なんと実は、およそ5年ぶりぐらいのガラス磨きであることよ)

すっかり気分が良くなったボクは、ついでに部屋の大掃除をやっちゃおうと、バケツに水を汲んで2階(…にあるんですよ仕事室が)迄運び、デスク、ステレオ・コンポ、2台のキーボード、さらにはカウチ(横長の椅子で、仕事に疲れると、これに寝転んで瞑想に耽ったりするんですヨ。)のすべてを動かして、隅から隅まで拭き掃除をやってしまったワケ。

感のいい人はもう“オワカリ”かもしれないね。

…そう! その通り。
ギックリ腰!
あしたは東京だというのに…。

    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

もう、ひたすらパテックス貼ったり、カウチに横たわって安静したりしてるうちに、少しずつよくなって来た。

これで明日、新幹線に乗れそう!

「腰が痛くない」…という当たり前のコトが、なんと有り難いことよ!

200708041302000_2





ボクが疲れた時、横になって、ボーッとするのに最適の「カウチ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

コメント有難う!

ボクのブログ『歌のメルヘン』にいろんなコメントを寄せて頂いて、有難う!

中でも「ピンボケ」写真には、貴重なアドバイスを貰って、ボクもその都度テストしてるので、少しずつ改善されてないですか?

「椎名佐千子のファン」さんには「もしかしたら“接写モード”で撮影してないか?」、「石川県の拓矢」さんには“風景モード”で撮影するのが無難だろう」というアドバイスを貰った。
かなり具体的にアドバイスして頂いたので、我ながら徐々に画像がはっきりしてきたと思うけど、今日は「寿美の会のT.T」さんから「ピントが合う前にシャッターを押してない?」という指摘を貰った。

これには「そうか!」…と大いに思い当たるフシがある。

ボクの「ピントぼけ写真」で皆さんに心配掛けたこと恐縮してます。

少しずつ上手になるので、長い目で見てやってくださいね。

200707291430000


8月3日撮影




200708041305000




8月5日撮影





随分きれいになったでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

「万雷の拍手」

昨日の夕方、次女一家(娘、婿、孫娘)が静岡からやって来た。
孫娘にデレデレのボクとしてはブログもサボリそうだな(苦笑)。

  ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

今日、軽井沢の仕事場に高校時代の同級生・赤峰十夢氏(ボクにとってはやっぱり実名の田中君なんだけど…)の絵が額縁入りで送られて来た

「万雷の拍手」

彼は時々こうして自作の絵をボクに贈って呉れる。
ボクは彼に何にもして上げられないのに…。

恐縮しながらも、さっそく仕事部屋のキーボード(電子ピアノ)の横に飾らせて貰った。

彼の作品の特長は、絵の具で描いた絵と、切り抜いた切り紙細工を巧みに合成した立体的なもので、明るくロマンチックなんだよ。

地中海の海辺を描いた絵は特に秀逸で素晴らしい!

お陰さまで軽井沢の仕事場は彼が贈って呉れた絵で輝いているよ。

  ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

何日か前に、この赤峰氏、いや、田中くんとピアノ連弾した話をしたよね?

それを読んだ田中くんが、『あの話を君(ボクのこと…)がするたびに心が痛んで消え入りそうになる』と、言って来た。

ボク達二人は中3の文化祭で、ブラームス作曲《ハンガリア舞曲》を完璧に弾いて、万雷の拍手を貰った……と、ボクは思い込んでいた。 (少なくとも、この前ブログを書いた日までは…)

…ところが、彼の返信メールによると…「僕(田中君)は文化祭の直前の朝、朝食のパンを切っていたのが誤って手の指まで切っちゃったんだよ。だから、折角ふたりで猛特訓したのに、あの日は演奏出来なかったんだよ。」…と。

そうだったのか?
田中くん、何十年も経った今頃迄、そんなに申し訳ながらないでよ。

毎日、毎日二人で連弾の特訓をした日々が充実してたから、ボクは「完璧な演奏」が出来たと錯覚してたんだから…。

田中くんが描く、あの澄んだ絵の具の色は、きっとその少年のような若くて、純な心のせいなんだろうね。

  ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

それにしても、人間の記憶というか追憶は、勝手に美化されてるものなんだね。「万雷の拍手」だってさ!(笑)

肝に銘じておかなきやね!

Akamine001



仕事場のキーボード脇に飾った「赤峰十夢(トム)」氏の作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »