« 裸坊(はだかぼう)祭 | トップページ | 「ぜいたくな疲れ」 »

2007年11月26日 (月)

『湯田温泉の天国』

『湯田温泉の天国』
今日、25日は防府市のアスピラート・ホールで「能章まつり」(作曲家・大村能章先生を顕彰する歌謡コンクール)の審査委員長として参加した。

           ♪   ♪   ♪

この大会は『歌の甲子園』の山口地区大会を兼ねていて、毎年、天満宮の「神幸祭」の翌日に開催して貰ってるんですよ。

大村能章先生はボクの生まれ育った防府市出身の大作曲家で、この先生に憧れて、作曲家になったようなもの。

           *   *   *

ボクがまだ三田尻女子高校で教師をやってる頃、東京の先生のお宅を訪ねて曲を聴いて貰い、その時作品を誉めて戴いた事がキッカケになって、ボクは作曲家になる決心をしたんだから、ボクにとっては大恩人なんだよ。

           *   *   *

県内の各地区で行なう予選を勝ち抜いた人ばかりが歌う訳だから、他の県の代表よりかなり優秀な人が揃っていたよ。

来年4月に東京で行なう全国大会の熾烈な戦いが、楽しみなボクであります。

           *   *   *

終ってから、急に湯田温泉に入りたくなって、山口市の友人に頼んで、一度泊まってみたかった『ホテル松政』を取って貰った。

話には聞いていたけれど、なるほど素晴らしいホテルで、素敵な女将にも会えたし、温泉も素晴らしくて天国、天国!

部屋に付いてる内風呂も、これまた、まるで露天風呂の風情!

審査の疲れも吹っ飛んだよ

|

« 裸坊(はだかぼう)祭 | トップページ | 「ぜいたくな疲れ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

全国歌の甲子園」カテゴリの記事

コメント

ブログを毎日楽しみに見ている山口市小郡に住む宮崎と申します。
25日の「能章まつり」の審査委員長ご苦労様でした。
「能章まつり」はあまりよく覚えていませんが数年前の地元のケーブルTVの番組で見た記憶が有り、今年は山口県の山口きらめーるで、来山されることは知っていましたが、湯田温泉に一泊されるとは思いませんでした。
私は大学生で福岡に行くまでは湯田の近くNHKの近くに実家が有り高校までは住んでおり、湯田温泉の千人風呂には子供の頃父親に連れられ、行っておりました。鈴木先生は昨年萩市でのNHKBSカラオケ塾で田川寿美さんとTVに出演されるまで防府市出身で「小指の思い出」等多くのヒット曲を作曲された方とは知らず、最近寿美さんの歌のファンになり、初めて知りました。
私は寿美さんの歌で鈴木先生の作曲された多くの歌が好きですが、特に大好きな曲は「ねんねんふるさと」この歌は特に好きな歌詞やメロディーです、この歌の歌詞はそれぞれの子供の頃の故郷の事や、今の人が忘れ去ってしまった、素朴な人情を歌っており、メロディーも覚えやすく胸が熱くなる様で私は名曲と思います。
これからも素晴らしい曲の作曲をお願いします。
来年の「能章まつり」は是非田川寿美さんを連れて帰って来て下さい。

投稿: 宮崎 潔 | 2007年11月26日 (月) 23時03分

今山口のケーブル放送で能章祭りの放送をしています。少し暗い話になって申し訳ありませんが書かせていただきます。1月2日、カラオケが大好きだった父がすい臓がんで他界いたしました。実は能章祭りに出れることになり闘病中も元気なころは病院をぬけだしてはカラオケ喫茶?に行き練習していました。病気がわかったのが10月17日でした。告知はしませんでしたが今思えば声に力がなくなり能章まつりに出れないと思ったころからか瞬く間に病気が進行したように感じます。父がいなくなった今能章祭りが放送されるのを見ると涙がとまりません。カラオケが好きで目指しているかたも多いこの大会。いろんな状況で出場される方もあるでしょう。末長く続いてますます発展されますように。父も鈴木先生に審査してほしかったと思います。ますますお元気でまた山口にいらっしゃいますように。

投稿: カラオケ好きだった父の娘 | 2008年1月23日 (水) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 裸坊(はだかぼう)祭 | トップページ | 「ぜいたくな疲れ」 »