« 『ちあきなおみ物語24』 | トップページ | 『早大グリー・100 周年』 »

2007年10月19日 (金)

『ちあきなおみ物語25』

Photo

『ちあきなおみ物語25』~2人めの「ヒット祈願」(裸坊まつりの日に…)~

1967年の春「伊東ゆかり」を天満宮に連れて行ったボクは「ゆかり、大ヒット!のゲン」をかつごうとその年の暮に、今度は「黒木憲」を秋の大祭裸坊まつりに連れて行った。

           *   *   *

「夜の東京の片隅で」という曲でデビューした黒木はまだ、全く無名の新人と言っても良かった。

           *   *   *

祭に「はだか坊」の一員として参加した「黒木」とボク、それに東芝レコードの制作・宣伝のスタッフ等、東京からの総勢6人

Houhu_tenmangu04_2 
【写真1】「裸坊まつり」が始まる直前に集合した「東京組」右から2人めが「ボク」、3人めが「黒木」東芝レコードのスタッフに囲まれて…。

この時も、この無名の新人と、東京のスタッフを高校の同級生や、地元の有志の人達が実に暖かく迎えて呉れましたね。

勿論「黒木」の人なつっこい人柄も大歓迎の大きな要因ではありましたが…。

Houhu_tenmangu05
【写真2】「まつり」は少しずつ盛り上がってますね。前列右から2人めが「ボク」相当「ノッてますね(笑)」

キャンペーン&祭参加の翌年に発売した「霧にむせぶ夜」が何と又、「大ヒット」したんですね。

Houhu_tenmangu06
【写真3】夜の本番までに、こうして気勢を上げて市内を練り歩く訳です。もう、かなりお酒が廻ってるネ…。

考えてみると、この二人にもボクはかなり「入れ込んで」いたんですね。

この2回重なった、ダブルの「ゲン」を、ちあきなおみにも受け継いで貰おうと、1969年の晩秋に「3度目のヒット祈願」を同じ「裸坊まつり」の日に、又々やったんですよ。

肝心な「ちあきなおみ」の写真は明日になりそう

〜 つづく 〜

|

« 『ちあきなおみ物語24』 | トップページ | 『早大グリー・100 周年』 »

黒木憲」カテゴリの記事

伊東ゆかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ちあきなおみ物語24』 | トップページ | 『早大グリー・100 周年』 »