« 『コーラス・コンクール』 | トップページ | 『コーラス・コンクール』完結編 »

2007年9月 6日 (木)

『コーラス・コンクール』続き

蜂の巣をつゝいた様な「ワーワー、ガーガー」は広い校舎の中だけの事とはいえ、学校の周囲にも当然聞こえていたワケで…、

ある日「山口放送」が取材を申込んで来た

***

「三田尻女子高校はこんな変った催し物を、学校上げて取り組んでいる。お蔭で学校の雰囲気が明るく元気になった」というような紹介だった。

***

この放送をキッカケに、同僚達(…といっても殆ど年上ばかり)のボクに対する態度はガラリと変っていった。

***

やがて、教室ごとの歌声も、段々、音楽的なものに変り「鈴木先生、聴いて下さい」と各クラスから指導を頼まれるようになった。自分達だけの練習でも変れば変るもんですネ。

<つづく>

|

« 『コーラス・コンクール』 | トップページ | 『コーラス・コンクール』完結編 »

鈴木淳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217133/16356618

この記事へのトラックバック一覧です: 『コーラス・コンクール』続き:

« 『コーラス・コンクール』 | トップページ | 『コーラス・コンクール』完結編 »