« 女泣かせ!? | トップページ | 曽根由希江レッスン&ちあきなおみ物語2 »

2007年9月12日 (水)

歌謡コンサート田川寿美&ちあきなおみ物語

きのう、夕ごはんを食べながらテレビを観てたら、NHKの「歌謡コンサート」をやっていた。

「出会いと別れの港町」という番組のテーマだったので、森進一鳥羽一郎大月みやこ…と、ベテラン歌手の人達が歌っているのを聴きながら、このテーマじゃボクの作品なんか出ないなと思って箸を動かしていたら、突然、田川寿美の顔が出た。

「あ、"トシミ"が出てるんだ」と言ってたら『哀愁港』を歌いだした。

「なんだボクにも"港の歌"があったんだ」という感じで、変な納得(なっとく)。

***

そこで、軽井沢の花火大会を見ている「トシミと我が家族」の写真を披露しましょう。

Toshimi_hanabi_2 Toshimi_hanabi2 
左から、トシミ、次女、妻、ボク。
この表情をみると、デビューしてから2年目ぐらいかな?

  ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

Photo

「お待たせしました!ちあきなおみ物語」

***

昭和43年の春、赤坂のマンションにあったボクの事務所にコロムビアレコードの坂田部長から「ちょっとお会いしたい」という電話があった。

コロムビアとは「目と鼻の先」程に近い距離だったので「いゝですよ。」…と答えてから5分後にはもう、部長と背が高くて(当時としては)髪の長~い女の子が玄関に立っていた。

「この子は実は、オーディションを受けに来た子なんですが、即デビューという訳には行かないので、先生が鍛えて呉れませんか?」

ボクの質問に、「瀬川三恵子」という名前と「髪の毛は赤ん坊の頃から切ってないので、伸ばしたらお尻より下迄行っちゃいます」…というような話をポツポツと、あまり人馴れしてない感じでおとなしく答えるのがとても印象的だった。

ボク「何か歌ってみて呉れない?」

瀬川「じゃあ、北島三郎さんの"兄弟仁義"を歌います」

ボク「え?男の歌だけどいゝの?」

瀬川「はい!大好きなので」

ボク「なら、まぁいゝや。歌ってごらん」

という「やりとり」の後、歌い出したら…。

瀬川「親の血を引く~ぅ、兄弟ぃ~よォり~ぃ~は~」

…と、来た。

つづく…

Chiaki001

【写真】
後列左から、ボクが元・勤務していた「三田尻女子高校」の教頭、ボク、そして女子高の理事長、前がデビュー直後のちあきなおみ。
(理事長さんのお宅が写真スタジオだったので、「先生と一緒にガンバッテね!」…と、記念撮影)

|

« 女泣かせ!? | トップページ | 曽根由希江レッスン&ちあきなおみ物語2 »

田川寿美」カテゴリの記事

コメント

寿美さんの写真掲載、ありがとうございます。
哀愁港は、紅白にも出場した寿美さんの代表作のひとつです。
先生には沢山の作品が有りますので、お忘れになったのかもしれませんが、私たちファンにとってはしっかりと記憶に残る曲です。
残念なのは、新聞などで出場歌手の名前が、他になっていることです。
先生にお願いがあります。
寿美さんに新曲をお願いします。
紅白に出場できるような曲をお願いします。歌手名がしっかり出るようにしてやってください。
レコード会社かプロダクションの方針か分かりませんが、作品の間隔が1年以上開いています。よろしくお願いします。
ちあきなおみ物語は楽しく読ませてもらっています。

投稿: TT 815 | 2007年9月15日 (土) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌謡コンサート田川寿美&ちあきなおみ物語:

« 女泣かせ!? | トップページ | 曽根由希江レッスン&ちあきなおみ物語2 »