« 「関越道路、渋滞」 | トップページ | 『ちあきなおみ物語10』 »

2007年9月26日 (水)

訪問者がなんと4752人&『ちあきなおみ物語9』

9月24日のブログに「電車の中で化粧」の話を書いたらココセレブの推薦記事にして貰って、訪問者がなんと4000人になって仕舞った。

いや〜、こうなると「ボクの<ひとりごと>」も責任重大?

…でも、そんな事意識すると「書きたい事」がかけなくなるよね。

「いつもどおり!いつもどおり!」

           *   *   *_______________________________________________________________________________________________________________________

Photo

『ちあきなおみ物語9』〜新進・作詞家登場〜③

こうして、ボクは事務所を貸して頂いたKさんの紹介で、一人の若い青年に会った。

Kさんは「彼の本職はデザイナーなんですが、私から見てもとてもいゝ詞を書くので、出来れば一度組んで仕事して呉れませんか?」とボクに紹介して呉れた。

初対面の青年は「どうぞ宜しく、お願いします」と、「坊主頭」を丁寧に下げて、緊張気味の顔をほころばせた。

           *   *   *

これが後に「喝采」の他、数々のヒット曲を世に出した、作詞家「吉田央」さんとボクの初対面だった。(※吉田央さんは、後で「吉田旺」とペンネームを変えた。)

           *   *   *

ボクは、「じゃあ、取りあえずボクのメロディーに、後付け(あとづけ)で詞をハメ込んでみて呉れますか?」と問いかけてみた。

「はい、何とかやってみます…。」

あくまでも謙虚な吉田さんの返事に、ボクは半分は「余り期待もせず」、それでも後の半分は「どうぞ、いゝ詞を付けて呉れ!」という願望も抱いていた。

何せ、他の作詞家の「アテ」がまるで無かったのだから…。

〜つづく〜

|

« 「関越道路、渋滞」 | トップページ | 『ちあきなおみ物語10』 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「関越道路、渋滞」 | トップページ | 『ちあきなおみ物語10』 »