« 仕事再開! | トップページ | 『軽井沢銀座』 »

2007年8月17日 (金)

寿美の話・第3弾

何度もブログに登場させてる「としみ」(田川寿美)が中3の時、和歌山から月に一度、東京まで一人でレッスンに通うことになったキッカケは、妻の悠木圭子が歌手のタマゴとしてスカウトしたからなんだよ。

ボクは何度も「人生のフシギな縁」について話してるけど、此処でもそのフシギな縁が有るんだよ。

実は悠木は、若い頃、「藤田佳子」の名前で女優として活躍してたんだけど、その話をしてると、段々話が横道にそれるので、今度機会があったら又するね(笑)

…で、その女優になる前に悠木は大阪の少女歌劇に居たんだけど、なんたる偶然!!
寿美のお母さんもその少女歌劇の後輩だったワケ!(モチロンすれ違いで二人が会った事は一度もないんだけどね…)

そういう不思議な縁もあって、ご両親は安心して娘を我々に預けて呉れたんだけどね。

その夏休みの時、軽井沢で特訓をやって、ボクが「木に“ぶら下がって首吊り」に”間違われたワケですよ(笑)

今日紹介する写真は、心細そうに中軽井沢駅に着いたときの「としみ」。
中3だからまだ子供らしいね。(ついでに左に並んでるのはボクだよ…念の為)

Photo_3

もう一枚は、次の年に、軽井沢名物の【カウボーイ・ハウス】の店長、安さんと一緒に並んで…

「この子は、すぐ有名な歌手になる子だからね」と宣伝したボクでした。

Photo_2

|

« 仕事再開! | トップページ | 『軽井沢銀座』 »

田川寿美」カテゴリの記事

コメント

またまた寿美さんの写真のUP、ありがとうございます。
これが軽井沢での再会を「楽しみにしています。」とハガキにあった
頃の写真でしょうか?
何より、先生も寿美さんも若かったですね。
それと寿美さんの身長が今より少し低かった様子が分かります。
今回のブログは写真だけですが、ファンへのサービスでしょうか。
とにかくありがとうございます。

投稿: T.T. 815 | 2007年8月17日 (金) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿美の話・第3弾:

« 仕事再開! | トップページ | 『軽井沢銀座』 »