« 『特訓合宿』 | トップページ | 「万雷の拍手」 »

2007年8月 4日 (土)

『手紙の開封は早く!』

今日は軽井沢の「鹿島の森ホテル」に逗留中の山上路夫氏を「珈琲歌劇」に呼び出して“長〜い話&お茶”をした。


Yamagami001_2 談笑する山上路夫さん

「世界は二人のために」「瀬戸の花嫁」「学生街の喫茶店」「夜明けのスキャット」「二人でお酒を」「ベルサイユのバラ」など数多くのヒット作品を手がけ、ボクとはオズの「あなたとならば」、「涙がこぼれたら」などで新しい作品作りに協力して貰っている。

やっぱり此処の「ズッキーニ・ケーキ」は美味しい!

山上夫人の「尾中美千絵」さんは沢山のヒットを出されている作詞家で、勿論、今回の軽井沢滞在も夫婦ご一緒。
ところが今日はボクと山上さんが作品の打ち合せでもすると思われたらしく、『カミサン(…といつも呼んでるらしい)は友達と一緒にアウトレットでショッピングしてるよ』ということ。
ところがボクは妻と一緒。

Yamagami003 



山上氏とボクの「“神さん…”じゃなくてカミサン




結局、三人の話題はやっはりO'sとゆっち(曽根由希江)のこと…。
それから、伊東ゆかりの歌の上手さは抜群とか、原由子、竹内まりや、今井美樹などの話題で時間はあっという間に過ぎてしまった

Yamagami002_2





右、山上氏。左、ここんとこ「ブログ」に疲れ気味のボク。




   
 ♪    ♪    ♪    ♪    ♪

そういえば、東京から持って来た手紙の整理をしていて、「尾上菊五郎」さんのゴルフ・コンペの案内状に出欠の返事を出してない事に気が付いた。

菊五郎さんの別荘にお詫びの電話を入れたら、夫人の富司純子さんが電話にでられたので出席出来ない事を詫びて、賞品を届けさせて貰うことにした。

『手紙は早く開封する!』肝に命じておかなきゃ。

|

« 『特訓合宿』 | トップページ | 「万雷の拍手」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『手紙の開封は早く!』:

« 『特訓合宿』 | トップページ | 「万雷の拍手」 »