« 雨の軽井沢 | トップページ | 「としみ」からの葉書 »

2007年7月31日 (火)

コメントありがとう

椎名佐千子サッちゃん)のファンの方から「携帯写真のピンボケ」について、「もしかしたら“接写モード”で撮影してるのではないか?」とのお便りを頂いた。

名前が無かったので、とり敢えず
『サッちゃんのファン様』ご親切に有難うございます。とても嬉しかったですよ。
…でも、「接写モード」だけじゃなくて、状況に応じて「風景」「ポートレート」「接写」「ナイトモード」のうちから選んで撮ってるんですが、どれもピンボケになっちゃうのよね。
そこで参考までに、いろんなパターンの写真を見せるので、他の人もよかったら意見を聞かせてね。

…では先ず写真を見て下さい。

200707311908000 【写真1】
ハワイで八代亜紀と女房を撮った写真(タテ33cm×ヨコ40cm)を、さらに携帯で写したもの。

これは「ポートレート・モード」で45cmの距離で撮影した。(ピントは、まぁまぁ)

200707311914000




【写真2】
同じ写真を「接写モード」でピンボケにならないように写すには10cm迄近寄らないとダメ。


これでは「亜紀ちゃん」一人しか写せない。
…でも、他の実写に比べればしっかり写ってるよね!
…で複写以外の写真はというと、今までこのブログで何度も見て貰ったピンボケ写真になるの(トホホ…)

なるべく早く携帯を替えるから、それまで待って下さ〜い。

それとも、まだ何かいい方法が有るんだったら誰か教えて欲しいな。

|

« 雨の軽井沢 | トップページ | 「としみ」からの葉書 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

鈴木淳先生、初めまして!
私は石川県七尾市在住で24歳の演歌ファンです。
カラオケは主で雑誌の月例大会に応募したりしていて、最近、PCソフトを使いながら作詩・作曲の勉強もしながら楽しんでいます。
作詩は何作かあるんですが、作曲はまだ勉強中で難しくてまだまだです。
鈴木先生のHPは椎名佐千子さんのブログから辿り着きました。
鈴木先生の作品は山本譲二さんの「おまえと生きる/男のこころ」、鳥羽さんの「おれの人生始発駅」、山川さんの「男のららばい/金沢慕情」、五木さんの「逢えて・・・横浜」をカラオケで唄ってますよ♪
椎名さんの「終着ノサップ」も、カラオケ喫茶で唄ってます。
携帯のカメラの件なんですが、「ボートレートモード」は背景をぼやけさせて人物を浮き立たせて撮影するモードで、「接写モード」はカメラを近づけてお花などを写すモードで、「風景」は近景から遠景まで奥行きのシーンを撮る時に使います。
それと、ズームは光学なら大丈夫なんですが、デジタルズームは、どうしても倍率が上がるほど、ぼやけてしまうので、なるべく使わない方が良いと思います。
前の日記を見ましたが「ボートレート」・「接写」・「風景」の3つのモードであれば、バランスから考えて風景モードで撮影すれば良いと思いますよ。
ご参考までに・・・。
でも、新しく機種変更された方が性能も良いし、早いかもしれません。
鈴木先生、新しい携帯で撮影された写真も楽しみにしています♪
曽根先生とも、作曲家の藤秀樹先生の発表会での友情出演した時に一度、お会いした事がありますよ。

鈴木先生とも、いつかお会いしてみたいです♪

投稿: 演歌船☆拓矢 | 2007年8月 1日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメントありがとう:

« 雨の軽井沢 | トップページ | 「としみ」からの葉書 »